バッド・ルーテナントの作品情報・感想・評価・動画配信

「バッド・ルーテナント」に投稿された感想・評価

導入部の伏線?役割がもう一つ。最後に助けられた囚人が更生し、助けた表彰警官が悪徳警官に、その出会うシーンも少し弱く物足らず。あとは薬に溺れた警官の悪徳ぶりを凄いと思うか怖いと思うか ?ただ鑑賞後の気分は最悪。主題、狙いは何?
ニコラス・ケイジ演じる、どうしようもない悪徳クズ野郎が最高に面白かった! また、意味不明なイグアナ視点のシーン、魂のダンスのシーンなど、シュールすぎて爆笑
かなりバッドな警官ですが、ニコラス・ケイジが演じると憎みきれない!

本当にバッドルーテメント=悪徳警官なのですが、借金は踏み倒さず何だかんだ悪いことしながらでも必ず返す、暴力は振るわない、最後の一線でもある殺しは一切しないということがあるなら悪い警官だけど憎みきれないのかな?明らかにあの売人は殺してしまった方が後々の自分の利益になるだろうに、ニコラス・ケイジが演じていなければ確実に総スカンしかないキャラですが、腰を痛めた演技やハイになった演技が本当に見事でした。

果たして本当にニコラスは幸運のパイプでヤクを吸ったからトントン拍子で成功できて助かったのか?ラストの展開は現実なのか、幻想なのか?本当はラストのホテルで落ちぶれたままひとりきりというのが現実なんじゃないかともハリウッド的なハッピーエンドにも受け取れる、受け手次第なラストに感じました。
自分が助けた更生した囚人と変わらずクズのままのニコラスが虚ろな目で水族館の魚を見つめているラストは幻想的で好きです。さかなは夢をみるのか?これの意味は私には理解できなかったけど、どんな意味があるんだろ?
私生活でもラリラリのニコラスケイジがラリった刑事を熱演。何を見せられているんだ映画。
あん

あんの感想・評価

3.5
よくあるアクション映画の描写とニコケイの顔芸とインディーズ映画のような突然の手持ちが妙なバランスで共存していた。
 まぁ素敵なこと。ニコラスケイジ演じる警部補が終始ラリってる映画。話のトーンが重くならないのが良い。長いこと腰痛に悩んでいる主人公の歩き方も不格好だし、音楽も気が抜けてるし、途中挿入される幻覚も頭おかしいし、でもその全てが愛おしく思えてくる。
 多幸感と優しさに溢れた傑作です。
山田

山田の感想・評価

4.8
口移しヘロインは素敵
ワニやトカゲの接写はなんでだぜ?
介護老婆に八つ当たりむっちゃおもろい
電動ひげ剃りしながらの登場もおもろい
“今年はお前のせいで大金スッってるんだ”
“もう一発だ 魂がまだ踊ってる”
いい終わり方ですわな~
砂場

砂場の感想・評価

4.7
マッドニコラス・ケイジxマッドヘルツォーク=尋常じゃないマッド

ーーーあらすじーーー
ニューオリンズ、ハリケーン・カトリーナ直撃後。
水没した刑務所で警部補が高級下着を濡らしたくないと言いつつも
溺れそうな容疑者を救う。
その功績でテレンス警部補(ニコラス・ケイジ)は表彰される。
半年後、、、黒人一家が惨殺されている事件現場。被害者はセネガルからの不法移民であった。恋人フランキー(エヴァ・メンデス)とコカインをキメるテレンス。テレンスは証拠品からコカインなどをくすねていた。調書は証拠隠滅。
深夜の巡回中にテレンスはカップルを尋問、所持していたコカインを女からもらい吸いながら女とファック、相手の男が逃げようとすると銃で脅す。コカイン中毒症状の中で聞き込みを続けるテレンス。
知り合いから娘がスピード違反で免取りになったんで見逃してくれと頼まれる。
交通事故の現場で見逃してやってくれと警官に頼むテレンス、道路にはワニの死骸。証拠品保全課の同僚の女性とファック、薬を持ち出しくれ、書類は抹消してくれと頼む。
張り込み中、何故イグアナがいると不思議なことを言うテレンス、同僚はイグアナはいないと言う。ラリったまま参考人の家に踏み込む、一家惨殺の犯人と思われるビッグ・フェイトを探す。
実家の父親のところに寄る、父は再婚して後妻と暮す。父も後妻も犬の世話ができないといい、テレンスが家に連れて帰る。
犬を恋人フランキーの家に預ける。鉢合わせたフランキーの客と怒鳴り合いの喧嘩。
目撃者の少年を証人にしようとするが、証人になると命を狙われるためテレンスが同行していた。しかし少年が消えた。
少年の居所を聞き出すため少年の祖母が介護している老婆の呼吸器を外し、少年の居場所を教えろと脅す。結局少年はイギリスに向かったあとだった。お前らに医療費を使いやがって、国が腐ると老婆と介護士に怒鳴り散らす。
フランキーの家で、銃を持った3人に脅される。以前もめたフランキーの客の差し金だ。女と相手をさせろと脅す3人、テレンスはフランキーにシャワーを浴びろ、化粧をなおせと指示をする。
なんとか金を払う約束でその場をしのいだテレンス、身を隠すべく父と後妻の家にフランキーを匿うが、後妻とフランキーが大喧嘩。
養護施設での脅しが問題になりテレンスは銃没収され、証拠保管室に左遷。そこで証拠品のヘロインをくすねる、没収された44マグナムも取り返す。アメフト選手が麻薬をやっている現場で脅し、八百長を強要。


<以下ネタバレあり>
捜査情報を流しフェイトの信用を得てコカインの取引で組むことに。
フェイトとテレンスがコカインをパイプで回し飲みしているところに、
テレンスとフランキーを脅した連中が銃を構えてやってくる。フェイト一味と銃撃戦になり連中は全員死亡。
テレンスは部下に殺人現場にもう一度行きコカインパイプを探せと指示する。そこにはフェイトのDNAが付着していた。
1年後、テレンスは惨殺事件解決の功により昇進。フランキーは妊娠している。父と後妻と4人で乾杯。空な目でホテルでコカインを吸うテレンス、ルームサービスの青年は水没刑務所で助けたチャベスという男だった。今は更生している。
チャベスとテレンスは水族館で並んで座っている、、、
ーーーーあらすじ終わりーーーー



ニコラス・ケイジが悪徳警官というだけでニヤニヤ笑いが止まらない、
多くの監督がニコラス・ケイジにいろんなマッドな役をやらせてきたが
さすが巨匠ヘルツォーク、最高にマッドなニコラス・ケイジが堪能できる。

コカイン中毒でいつもラリっているが、意外に情に厚いところがあり
フランキーを殴った男に喧嘩ふっかけたり、たまに父親のところに顔を
出したり、父の犬を引き取ったり。
殺人事件についても解決のためには手段を選ばない。
とはいえ、老人の酸素吸入器を外して介護士を脅すとか尋常ではないクズ
でしかもまあそれだけなら1000歩譲って殺人事件の目撃者の居所を知りたいという気持ちで理解できるとしても、その老婆に向かってお前らが税金の無駄遣いだという謎理論を無駄にぶちかますw

イグアナの登場シーンは笑う、しかも結構長い上にオールディーズっぽい
曲が流れてなんなんだこれは〜

見ている間中が至福
Lyu

Lyuの感想・評価

-
ヘルツォーク監督は、古代壁画のドキュメンタリーも撮っている。その中に、爬虫類、白いワニだったかも、をやたらと接写したり、爬虫類目線の画があった気がする。普通に見ても異様なカットだけど、バッドルーテナントを見てからそちらを見ると、ドキュメンタリー映画でそんな演出を入れるのはヤバい人だとわかる。
元

元の感想・評価

-
おクスリ好きなニコラス刑事にツキがなかったりあったり。

クスリやるわ警察の立場を利用するわ、やることは汚れてるが、家族への優しさや捜査の遂行の様子からは良さを垣間見られる。
要所でヴァル・キルマー演じる刑事の行動が対比的で、ニコラス刑事の善人としての面が引き立つ。
何を以て人の善悪をはかるかというのは難しいところだ。

ワニ目線、イグアナ越しのハイで気持ちよさそうなニコラス刑事、踊る魂など、独特なおもしろ表現だった。
>|