フィルスの作品情報・感想・評価

「フィルス」に投稿された感想・評価

maverick

maverickの感想・評価

4.2
音楽で言うならパンクな作品。想像以上にキレててセンスが最高!ジェームズ・マカボイが圧倒的な印象を残す。こんなクズ野郎が主人公でいいのか?でもカッコイイんだなぁ。結構むちゃくちゃなストーリーで下手すれば糞映画に成り下がりそうなものだが、圧倒的センスと役者の圧倒的演技力とで観る者を圧倒する映画。直感的に表現するなら「ファッ○ン面白ぇ!!!」ですかね。
こた

こたの感想・評価

4.0
主人公の口達者ぶりには、よくもまあそんなスラスラと下ネタ差別発言が次から次へと思い付くもんやな!と感動さえ覚えたしテッドとなかなかいい勝負してると思う。
軽く観れるコメディのようで、本当の彼の姿が露わになっていくにつれて物語は少しずつシリアスになっていく。この2つのバランスが絶妙。軽すぎず重すぎず、さらにテンポが良いから観やすい。
冒頭の、綺麗に着飾った奥さんの言葉の真意を知ったときは…流石に彼に同情した。
下品すぎるけど曲が良い。ここでこの選曲なのかと苦笑した。
一応オチもあり、いろんな想像が可能な終わり方は結構好き。終始救いようがないマカヴォイだった。
性格のひねくれた警官マカヴォイがエゴに身を任せて落ちぶれていくブラックコメディ。悪いのは全部自分なんだけど悲しそうな顔をされるとなんだか同情しちゃう。結局最後までひねくれたやつだったので「じゃあもういっか!」みたいにこっちも開き直ってしまった。過去のトラウマが原因の幻覚描写がいちいち自分の心臓に悪い。ビク!ってなる。
akira

akiraの感想・評価

2.5
低俗すぎてドン引き。オチだけは面白かったけど全然笑えず。哀れすぎて同情しかない。
クズなマカヴォイを見たい方はどーぞ。
悪徳最低なデカのイカれたムービーで、なにもかもがゲスい。ハイテンションで突っ走った末にまさかの!ラストはちょっと不意をつかれた。元がトレスポ原作者ってこともあり、終始漂うダニーボイル臭がいいね!サントラもゲットしたいわ。
よーやくよーやく見れた
クズマカヴォイ〜〜!!!!
だあいすき!!!!

ウルフオブウォール・ストリートの時のディカプリオ並にクズやった。

すがれる宗教があればまだ助かってたのかもしれんが、過去のトラウマとそれから成る崩れ掛けのプライドと自信。
嘘の上に成り立ったマカヴォイがだんだんと崩れボロボロになっていく。

セックス依存症か、ADHDか、薬中か、もうひっくるめて精神疾患マカヴォイだったなあ

なんとも悲しい映画
終わってるストーリーにマカヴォイのクズ野郎としての演技。後味わるーい!けどおもろい。。
映画として死ぬほどつまらない。イギリス人のつくる映画が本当に苦手。
空kuu

空kuuの感想・評価

3.9
かなりイカレタ映画っぽいけど、日本でも一昔前やと丸暴《「マル暴」とも書く。暴力団の「暴」を丸で囲ったことから、暴力団対策を担当する警察内の組織や刑事のこと。警察関係での隠語》には、こんなん一杯おったやん!まぁどこの国にもおるやろとは思えるが、主人公ブルース・ロバートソンは頭がキレて、渋メンやしモテる、イケてる刑事(デカ)として登場。せやけど、実は頭の中は頭蓋に飛び回る蠅のように、奥さん(キャロル)が望む「出世」の事。ライバルを蹴落とすのもお構いなしの貪欲さと執念で、警部へカウントダウン。順風満帆に見えてる生活なんやけど、昇進の為やと仲間もを裏切り、罠にはめる、将に日本のマル暴さながらやね!最低な野郎。高級な酒は己についで、ツレにはクソ酒をつぐドケチ、ロック(英:crackドラッグのことね!)もキメ放題。既婚の上同僚の奥さんもハメ放題で終わっとる。キメ放題、ハメ放題、何でもヤリ放題。とんでもない「クズ」を観られんのが映画の魅力やけど、その点で最高に楽しい映画すね!クズここまでヤリ放題やと清々してきて笑える。とは云え、話は、段々笑えへんようになってくる。捜査の行き詰まり、ロックの幻覚なんかでブルースの精神はボロボロボローニャのパンは美味しいよ!崩壊していくん。ほんで、とうとう"女装癖"がバレちゃう。自分の妻(キャロル)にマネて女装しとんのが!余談ながら、中国の歴史に名を残す呂布は、歴史上最もメジャーな女装愛好家として知られとる。たとえ彼が女装した姿がどんなに可笑しくても、絶対に笑っちゃあかん。なぜなら、「呂布に立ち向かってはならない」って云うから。しかし、映画の主人公は笑っちまうほど滑稽やけど何故かシリアス。実は順風満帆のような人生はすでに終わってた。奥さんが家を出たショックで女装し、心の埋めようとしてた哀しい野郎やったん。ほんで、男の子の幻覚が現れては彼を苦しめよる正体は、チッチャいとき死んでもたブルースの弟。自分より大切に育てられた弟へのjealousyから、彼は弟を死なせてしまってん。赦されへんクソ野郎やけど、自分はブルースをたまらなく好きになってもた(gay的ではなく)彼の深層心理には、ただ愛されたいっちゅう思いがあがあるってわかったし、共感出来たから。実を結ばへん思い。原因は、ただ彼が「愛し方」を知らへんからや。昇進すりゃすべて上手くいくと思っとるけど、実際そうかなぁ?奥さんが出てったのは、彼の階級からくるもんなんなかぁ?ガキの頃に弟への愛し方を学び実行でけてたら、人生は少なくともこんなんになってなかったはず。悲劇は、人を愛せなかった事って、なんか自分に云ってるみたいで胸が痛い。なんかかなりネタバレ書いてる様やけど、これ以上か悲しくなるなぁ。汚物、薬、エロに加え、煙草の煙とヤニ、ビックマグナム黒岩先生ナニをコピーするネタ、卑猥なこと、差別用語も満載ですので、その点を十分に留意した上でご鑑賞下さい。
>|