みんなのいえの作品情報・感想・評価

「みんなのいえ」に投稿された感想・評価

TaeTae

TaeTaeの感想・評価

3.3
玄関ドアが内開きor外開きで揉める(笑)
完成した家がオーソドックスだった。
567

567の感想・評価

3.0
最初デザイナーとお父さんの両者の勝手な感じにイライラするんだけどちゃんとそれがほぐされて行く過程が見えてきて気持ちのいいものに変わって行くのが良かった。主人公(ココリコ田中)も優柔不断なのだけどそこにあんま不快感がない。
4747

4747の感想・評価

3.7
家を建てる、という行為を通じて自分の意思を通すことの難しさや妥協することの意味を教えてくれる作品。

利害関係者が多くなればなるほど、調整することが大変だが、殊、絶対的な指標がないデザインが絡んでくるものに関してはより困難がつきまとう。
衝突が多い、これでもかと

真ん中で家が建つ

しょんべん小僧の置物がアクセント

この映画は人の動作とかセリフで笑った
84g

84gの感想・評価

3.8
 肩の力を抜いて観る映画。
 名優が端役で出ていたりするので、そういうのを探すのも楽しい。
 ラスト周りのホンワカしたオチがステキ。
 田中邦衛と唐沢寿明の緊迫感が有るが、全力ゆえにユーモラスなのを、存在そのものがユーモラスな田中直樹が良い味を出す。
haru

haruの感想・評価

3.7
ラヂオの時間、みんなのいえと観てると、唐沢寿明カッコいいなと思えてきてしまう。また今の唐沢寿明主演の三谷映画がみてみたいなと思う今日この頃。
お父さんと、唐沢寿明のやりとりが、ただただ最高!

自分が家建てるときに、この映画のこと思い出しました◎

年末とかの大掃除の後なんかに、夜こたつに入りながら観ると、いい感じ。
三谷幸喜監督作品
鑑賞6作品目。

意見が違い、ぶつかり合いながらも、「いい家を造る」という同じ志を持つもの同士。
最後にはお互いの理論に100%納得はできてなくても「いい家ができた」と語り合えたのはさすが職人同士だと思った。


ちゃんと見てない部分があったので、
明石家さんまが出演していたことにエンドロールで気付いた…笑
どこに出てたのか分からなかったので調べて見てみたらガッツリこっち向いて映っとった笑笑
flow

flowの感想・評価

4.0
この設定は面白い。
設計士と職人がぶつかり合うのは普通にありそうだし、ふとしたことをきっかけに求めているものは同じことに気づいて、意気投合していく。
田中直樹の役柄もアクセントになってすごく生きていた。
いい映画だ。
建築関係の仕事をしてみて、改めてみると、まぁこれだけ建築現場に現実にいがちなキャラと設定を、よくも見事に描いたもんだとひたすら感心。
逆にココリコ田中演じる、我が(三谷監督)の分身と思われるキャラのデフォルメがきつく、演技とキャラに統一感が無いように感じてしまい、ストーリーに集中出来くさせてしまっているのが、勿体ない。
>|