ママの遺したラヴソングの作品情報・感想・評価

「ママの遺したラヴソング」に投稿された感想・評価

yuki

yukiの感想・評価

4.1
following hideちゃんにオススメされて鑑賞。
レンタルのタイミングが合い、ようやく観れました!

【STORY】
母ロレーンの訃報により、フロリダから故郷のニューオーリンズに戻ったパーシー(スカヨハ)
故郷では母の家に住み着く、友人と名乗る元英文学教授で初老のアルコール中毒の男ボビー(トラボルタ)と、その助手で作家志望の青年ローソン(ガブリエル・マクト)がいた。
幼い頃から離れて暮らしていた母のことを知りたくなったパーシーは、彼らと3人で共同生活をはじめるがー

【キャスト】

◆スカーレット・ヨハンソン
「ゴーストワールド」(2004年作)から3年後の今作では若いけれど既に色香が😍
「ブラック・ウィドウ」(実は観ました💦)の姿を思い出すのは家族の描写からか。

◆ジョン・トラボルタ
おちゃめな元教授のアル中役🤣
今回は派手にダンスしたり、顔を入れ替えたりしないのでマイルドな演技。
真っ赤なガウン(ロレーンの遺物)が似合うのはさすが!

◆ガブリエル・マクト
色気があって惹かれた頃のミッキー・ロークを彷彿とさせる😍



📖📖📖 以下ネタバレありで 📖📖📖



母の家にも、遺品にも、興味ないと言い放つパーシーが一心不乱に母の遺した本を読み耽り、1日で完読する。
それが母を知りたいと思ったキッカケ。

巧い!思わず心が動いてしまう描写に共感させられる。
知りたいと思う相手の愛読書や愛聴盤(音楽も映画も)をすぐに質問し、同じものに触れようとする私には惹かれるエピソード😌💕

寝食を忘れてとは行かず😅パスタを食べながらもページをめくる手を止められず、ソースが本に飛ばないように、そっとフォークで口に運ぶ仕草も微笑ましかった😌

このエピソードで今作のこと、大好き!と思いながら観て、あたたかい気持ちになりました。

ひでちゃん、素敵な作品を紹介してくれてありがとう🙇‍♀️💕
とんぶ

とんぶの感想・評価

3.5
トラヴォルタ好きのフォロワーさんの紹介で、鑑賞。こちらは、スカヨハ目当てですが🥰

スカヨハ、若いです。かわいいです。きれいです。撮影時、二十歳前ですかね。
ちょうど、少女から、大人に、ならんとする役柄。改めて、惚れました🤗
トラヴォルタも、なかなか、いいジジイを、演じてましたよ。でも、役の上で、まだ、50前ですよ。ちょっとジジイ過ぎない?🤣

ただ、映画自体は、残念ながら、ハマらなかった。話としては、ありがちな話だけど、もう少し、監督さんが、もう少し、うまく、料理してくれたら、ハマれたかも。どうも、話を作ってるのが、見え隠れして。。。
それと、もう少し、ロレーンに、スポットライト当てて欲しかったかな。

スカヨハの、ハスキーボイスが、まだ、それほどハスキーじゃなかったのは、ちょっとしたプレゼントでした😘
hide

hideの感想・評価

4.0
人気者のロレーンが亡くなった…

ロレーンの家にパーシーが帰ってきた。そして、パーシー、ボビー、ローソンの共同生活が始まる──。

ロレーンの娘パーシー(スカーレット・ヨハンソン)18歳。
ロレーンの家に住みついた人
ボビー(ジョン・トラヴォルタ)元大学の教授、アル中の無職。
ローソン(ガブリエル・マクト)作家志望。

この作品良いですよ、私好きです。
3人の関係が良いし、誰も悪い人がいないので安心して観れます。
パーシーが来てから男2人の汚れた生活が段々色づいて、インテリアもお洒落になっていくのも楽しい。
ニューオーリンズの街並みや風景が色鮮やかで可愛いし。とても好みでした。

なんといっても、スカヨハが可愛い♡♡
トラヴォルタはギター🎸の弾き語りやダンス、魅力的な初老の役を演じてました。
ジャケ写のシーンも素敵でしたよ。

このストーリー好き♡
これは当たり🎯でした!
ソフニ

ソフニの感想・評価

4.5
スカヨハかわいいなー。
トラボルタはおじいちゃんで衝撃だった。
ストーリー好き。
pape

papeの感想・評価

3.3
こういうの好きだし、おじいさんになった白髪のジョントラボルタと若くて瑞々しいスカヨハ見れるから良い。

このレビューはネタバレを含みます

スカーレット・ヨハーソンが若いですね。実に初々しい。話は、正直ありがちな内容でした。タイトルからも、ラブソングがキーになると思ってましたが、言うほどドラマティックな展開とはなりませんでした。
こうき

こうきの感想・評価

4.0
亡き母親の謎が少しずつ紐解いていく描写が良かった。忘れたくないが故に思い出を妄想で作り上げるのは胸が痛くなった。
2020/12/20鑑賞
高校生のパーシーは幼い頃に別れた母親が亡くなったという知らせを受け故郷に戻ります。母親の家には元大学教授とその助手でもある作家志望の男が暮らしています。母親の世話をした友人でもある二人は家に住む権利があると言い、パーシーも帰る場所がなく3人の共同生活が始まります。

これは好きな映画です。母と娘のお涙頂戴映画だと思ったらそうではなかったです。ジョントラさんの老けた飲んだくれじじぃな感じも良い(実際には関わりたくないけど)スカーレットヨハンソンも若いっ!色っぽいのに幼さを残し可愛い!作家志望の男も良いっ!二人をしっかり支えて良いっ!そして何より全編に流れる音楽も良いっ!家がドンドン可愛くなっていくのも好き。
喧嘩ばかりの3人が暮らしていくウチに分かってくるそれぞれの事情。観終わった後すごく優しい気持ちになれる映画です。
原題は『A LOVE SONG FOR BOBBY LONG』ほほぉ~ん。
aya

ayaの感想・評価

-
KINENOTEより/評点: 評価しない /鑑賞日時: 2013年6月15日 /鑑賞方法: 選択しない /鑑賞費: 0 円
二人の男+女なのでまぁガブリエル・マクトとスカヨハの恋愛が主でジョン・トラボルタは賑やかしの役回りかなと思いましたが、むしろ後半はジョン・トラボルタとスカヨハのやり取りこそがこの作品の肝です。そして、所々流れるカントリーミュージックがとても良い味を出しています。

しかし、肝心のタイトルのママことお母さんがぼんやりした印象しか持てない上に最後のエピソードで少し嫌なイメージに。
台詞に小説からの引用が多いのでその本を読んでみたいとも思えました、作品から流れているゆったりした時間の流れ方や雰囲気はとてもよかったです。
>|

あなたにおすすめの記事