メガゾーン23の作品情報・感想・評価・動画配信

メガゾーン231985年製作の映画)

Megazone 23

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.4

「メガゾーン23」に投稿された感想・評価

だい

だいの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

’80sロボットアニメ好きとして、
ずっっっっっと観たかったやつ!

メガゾーン23、アリオン、クラッシャージョウの3大観たい幻。

WOWOWでメガゾーン23放映!
っていう情報を偶然見つけて、
もうね、即契約だよね。そうだね、プロテインだね。


っていうか本格SFだった。

実は20世紀末の地球に生きているというのは偽りの意識で、
本当はその500年後の宇宙船の中で、
マザーコンピュータの制御の元にそう思い込まされているのだった…。

超 本 格 S F

正直、ロボットに変形する必要性を微塵も感じないけど、
きっとロボットじゃないとダメ層が一定数いるからなんだろう、そうなんだろう。

今だったら、
不要だろ!リアリティ無くなるだろ!
って叩かれそう。

まぁ、俺がここで叩いてるわけですし…


唐突な男女のまぐわいシーンとか必要なのかという疑問もありつつ、
省吾がいまいち緊迫感ないせいで、
中盤までふわふわした感じだったストーリーが、
智美が殺されてから一気に緊迫して急に面白くなるやつ。

マザーと人間とのせめぎ合い、
っていう意味では、
ボトムズとかデッドゾーン(サンソフト)を思い出すけど、
この時代そういう設定のSF多いのは何の影響なのかね?

とりあえずイヴの歌が劇中にたくさん流れるのは、
たぶんマクロスの影響。


中盤までの軽薄な感じがめっちゃ’80sぽくて、
逆にその頃の若者のカルチャーってのを知れるって意味では嫌いじゃない。
店名とか人名とか、実在のものがけっこう出てくるし、
省吾たちが観に行った映画がストリート・オブ・ファイヤーだったりで、
そういうとこのリアルさが良い。

欲を言うならキャラデザがもうちょっとリアル路線ならなぁ、くらい。
子供っぽく見えすぎてお伽噺感が拭えないんだなぁ。
『超時空要塞マクロス』のスタッフが再結集したナウでヤングなオリジナルビデオのSF作品です。ひとことで言えばヒ・ド・イ😂

ボクが大好きな『十三機兵防衛圏』は80年代の要素をてんこ盛りした近年稀に見る傑作アドベンチャーゲームです。このゲームに『メガゾーン23』の要素も入っている……といいうことで観てみました。ユーネクストに入っていたし。『超時空要塞マクロス』は大好きだし、『十三機兵防衛圏』はここ数年にあるかないかの傑作なので、期待感が高まります。

結果から先に言えば、ガッカリですよ!80年代のダメな部分を凝縮したような作品。まさに時代のあだ花。それでも、まずちょっとだけ誉めてみます。板野一郎の作画パートは素晴らしいです。板野サーカスもちょっとだけあります。ちょっとだけですけどね。

ダメな部分を言い出せばキリがありません。
👎主人公がまるっきり役立たず(これから世界を救うのか!?という時に……そっちかよ!!!😩)
👎テレビ版『超時空要塞マクロス』みたいな紙芝居(セル画描く時間なかったのね😩)
👎登場人物すべて行き当たりばったり(誰も目的意識を持っていない)
👎まったく魅力のない悪役B.D.(雑魚感満載)
👎シリアスなシーンで軽快なポップ
👎当時はこれでVHS一本1万円以上したんですって😑
OVA「メガゾーン23 」第1作。

若者の有り余っている若さと暴力性、個性的なバイクを乗り回す様は「AKIRA」の原型のようなものかもしれない。

80分の尺には合わない量の設定と物語が展開。演出やシーンのバランス等も統一感がなく、「とにかくやりたいことをやった」印象。物語の整合性よりもこなしたいイベントを優先している。

今作単体でも起承転結は用意してあり、承でも転でも結で面白いことは起こっているのだが、うまく転がしきれてなかった。2作以降で化けるだろうか。
ダチの部屋でレーザーディスクで観たような記憶が…ビデオだったかな?
しんこ

しんこの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公の顔が定まってないぞ。そんで声色が急に変わって変だし。ラブシーンが長すぎるし。必勝ハチマキだし。ルパンと次元出てるし。
最後何も出来ず終わるしー。
844

844の感想・評価

3.8
AKIRAから大友感引いて押井感プラスしてぐちゃぐちゃってした感じっていうかなんかよくわからんけど…めっちゃ良かったです。
あのコンピューターの世界観とか、バイクの感じとか時代を感じるけど逆にリアクションとか笑えるし良かった。
設定とかAIのVTuber的なのとか良いね。

女の子のベッドショットされたと同時のコメントは笑える。
酢

酢の感想・評価

3.6
若者の敗北〜!
大局を知ることなく、衝動のままにバイクを疾走させることしかできない主人公・矢作省吾の等身大な「わかってない」感が全編を貫く。いかにも当時らしい、軽さを醸す諸々の要素がラストの無力感で返ってくる衝撃。80年代の陰画か?「マクロス」よろしく流行歌が劇中を彩るも、それは何も慰めてくれず軍のプロパガンダとして機能する。クールすぎる…。
shujinc

shujincの感想・評価

3.2
最初キツかったけど、最終的には結構楽しめた。雰囲気とかは懐かしい感じ。けど完全に途中なんやね。

このレビューはネタバレを含みます

(20.02.06 MONDO TV録画)

1980年代だけはマジで繰り返して欲しくない。ポジティブすぎて根暗には無理。独りで伊藤重夫の漫画読んでると思う。僕だったら1990年代に設定して1999年7月に実際に滅びるようにする。

何が見覚えあるなと思ったら庵野秀明作画MADで数カット観たんだった。
ルパンと次元の大活躍、金田のピーキーすぎるバイク、かなり本気のベッドシーン、板野サーカス、再開発前の渋谷、マクロス、マクロス、マクロス。

2019.11.2