アキラ AKIRAの作品情報・感想・評価

「アキラ AKIRA」に投稿された感想・評価

RYO

RYOの感想・評価

5.0
ほんとに1998年の映画?

上手く説明できないけど面白い

アニメーションの色とか
東京の壊れ方とか音楽とか全く飽きない

金田がとにかくカッコいい
sogno

sognoの感想・評価

3.9
ReadyPlayerOneを見てから、気になってたやつ

感想は ”なんか、、凄い凄かった、、”です。笑

序盤からサイバーパンク臭、ディストピア臭がプンプンで独特なキャラやバイクのデザインが際立ってた。

音楽や台詞も”あ、これ知ってる”ってなるようなものばかりで今の大人たちにどれだけ影響を与えているのかが伺えた。

エンディングの意味はよく分からなかったけど、
“Ready player one”
“クロニクル”
“ダークシテイ”
なんかにakiraの影を感じた。

最後に、、鉄雄って禿げたらワンパンマンだよね
にぺけ

にぺけの感想・評価

4.2
"健康優良不良少年"

舞台は2019年、東京湾上に建設された新首都「ネオ東京」(東京計画1960の影響があるか)と新型核爆弾により崩壊した「旧市街」を中心に展開する。

正直に言うと、ストーリーは完全には理解できていない。等身大の人間の平凡なチカラと超能力を持つ者の超越的なチカラ。破壊と創造。…さまざまな解釈が可能である。

それはさておき、『AKIRA』の醍醐味はなんといってもスタイリッシュなデザインと狂気的とも言える作画だろう。冒頭のネオ東京の摩天楼を背景に疾走するバイクのシーン。フライングメカ。鉄雄の覚醒や暴走のシーン。全編を通したリップシンク。どこを切り取っても隅々まで重力を感じるアニメーションがそこにはあり、構図や演出がいちいちカッコよい。
映画は漫画とは違う展開であるため、クラウンやミヤコ様の扱いが少し物足りなくも感じるが、映画は映画と割り切るべき。

また、「さんをつけろよデコ助野郎」などの耳に残るセリフや、芸能山城組の音楽の完成度なども抜け目なく、目に耳に快楽をもたらしてくれるアニメ映画の金字塔である。
難しく考え過ぎずただただ浸ろう。

ちょうど時代的にパラレルな世界の日本で、今日も金田達は摩天楼の隙間をバイクで駆け抜けているはずだ。
まな

まなの感想・評価

5.0
保育園に通っていたあの頃、一日3回はリピート再生して観ていました。
憑かれたように見惚れて過ごした数年。
小学校高学年まで続けた結果、
現在のようなクィーンオブサイコパスに。

芸能山城組のテーマが頭から離れない。
ケチャなんかをベースとした、民族音楽から始まり、圧倒的な世界観、バイオレンス
最高です。

アニメ版時計仕掛けのオレンジ風といいましょうか。
ヴィジョンがキューブリック的な精巧さで大人が楽しめるアニメです。
これをハリウッドが実写化すると10年位前から言ってますが、
日本で実写化するなら、自分は紀里谷和明辺りがいいと思います。

わたしはおかげでこんな大人になってしまいましたが、保護者の方はくれぐれも視聴年齢にお気をつけ下さい。バイオレンスが凄いです。

成田山のステッカー貼った、バック機能ついたバイクに乗った金田正太郎がカッコよすぎる、記憶する限りの自分の初恋の人です笑笑
フランスいたとき当時の彼氏に勧められて一緒に見た。ドストライクだった。30年前の人たちにとってのネオ東京、良い。
はな

はなの感想・評価

3.7
男の子はむっちゃ好きそう
前知識なしで見たからおうおう…って感じやった
でもバイクとか服装とかイカす
カイル

カイルの感想・評価

4.0
原作の世界観が見事に表現されていて圧倒されました。緑色で白を表現するようなあのアートな色使いが素晴らしい!
ネオ東京38年(2019年)翌年は東京オリンピックという設定にはビックリしました!
内容に関しては映画と原作の違いは結構あります。映画ではケイと金田の恋愛描写なども割愛されているし、ミヤコも大佐もさらっとしか出てこないし、世界一カッコいいおばさんチヨコは全く出てきません。漫画ではもっとキャラクターが多数いて一人ひとりもっと重要な役割があります。ただ原作を読めばもっと理解が深まるかと言えばうーんそうでもないかもしれません。エログロさは漫画の方が上です。とにかくこの世界観を楽しめばいいのです。
ようやく観たのでこれで次いつ実写化の噂が立ってもキャスティングにキャッキャできる。
ほくと

ほくとの感想・評価

4.2
内容はともかく雰囲気はかなり楽しめた!キャラクターの言い回しや服装やバイク、かなりイカしてる👍

内容は原作と変わっている点や映画では完結に至ってないとのことだったので原作を買おうかなと!ただ映画だけでもなぜいまだにファンがいるのかは分かる作品!
まどか

まどかの感想・評価

4.6
壊れていくビルとか、いろんなものがぐちゃぐちゃに一緒くたになってるなんかわからんものの描写が圧巻。
「退廃したトーキョー」のイメージって大体これの影響な気がする。
本当に2020年に東京でオリンピックやることになってるのすごい…てか怖い。
和楽器どんちゃんいってる音楽も面白い。
>|