ブルークリスマスの作品情報・感想・評価

「ブルークリスマス」に投稿された感想・評価

最後、余った予算で色々ロケしてる感ある粛清シーンが良いし、俳優の配置やSFとしての発想がどれもビューティフォー…
青い血を持つ人間と赤い血をもつ人間、クリスマスぐらい、、、なんて相手がだれであろうと通用しない。沖の無口だけど暖かい性格が物語をより残酷にさせる。朝の光や墓場から駆けて公園で振り返るシーンも女優が木所との楽しい時間から自殺するまでの緊張感が感じられて悲しかった。最後のビー玉みたいな球がサエコの青い血から流れ出して沖の血と混ざるシーンは政府や規則から逃れてやっと2人になれた、という事を感じたけど、それがクリスマスっていうのがベタだけど本当に残酷。個人的にはヒューマノイドや女優の記者会見のバックに使われた絵が本当に良かった。美術としてマリファナやセックスのようなヒッピー文化を表現するためにさりげなく使いたいとしたらあの絵は素晴らしすぎて合ってない。UFOや外見が人間だけど宇宙にするっていうCGを使わずにしっかりSFと成り立っているし、逆にこういうほうがゾクゾクする。
岡本喜八・倉本聰という異色な組合せ。特撮を使わないSFという試みもいい。

話はひたすら沈鬱なのだが、物語はスピーディーに展開していく。政治的な陰謀を背景に展開する悲劇的な恋愛。
青い血の人間をなぜ恐れるか、その理由は明確に描かれないが、却ってそれが不気味。しかし、天本英世と岸田森の方が血が青そう……、と思ってしまう。
4時間前
その他
秘宝の喜八特集で紹介されててこれは観ねばと思った次第。SFながら派手な絵面は無く推理劇的な展開が続くのは好みが分かれそうだけど、あまりにも今現在に通じるテーマと全体に漂う冷たい空気感にグッときた。リメイクも有りだろうけどここまで豪華な座組は不可能だろうなぁ。
LUKE

LUKEの感想・評価

3.9
青い血を持つ人間をめぐる物語。エヴァにも影響を与えているそうだ。
青い血を持つものが次々に殺されて行く様はただただ酷い。また意味はあるのかと問いたくなる。別に害があるわけでもないのに。タイトルはブルークリスマスだが、あまりストーリーには全くクリスマス感がない。時系列がクリスマスなだけ。クリスマスには見たくない映画だ。ラストクリスマスが流れるのは良かった。
終盤からいきなりラブストーリーが加わってくるが一瞬の幸せと言う感じだった。
人生は虚しい…。
Nana

Nanaの感想・評価

3.8
「1度は見ておくべき映画」
社会全体に対する新しい見る目を与えてくれます
onotoraman

onotoramanの感想・評価

4.0
・SFの面白さはUFOとかエイリアンそれ自体よりも、それに対して人間がどんな反応をするかにあると思う。そしてブルークリスマスはまさにそれを突き詰めたような作品だった。何しろUFOもエイリアンも言葉でしか出てこないんだから。
・画面は正直退屈に感じるところもあったが、ひとつひとつにこだわりが感じられ、ときどきハッっとするような画も出てくる。それもただ構図とか光とかだけで。
・人種差別などの問題意識の持ち方に時代感、空気を感じる。今の人は多分描けない(描いても売れないだろうし)
・役者の顔を時代を感じたけど、ヒロインだけ今っぽかった。かわいかった。
・高校のころの先生学生時代作った映画を見せてもらったことがあるけど、あれってブルークリスマスにもろ影響受けてたんだなーって妙な感慨があった。
・結局青い血ってなんだったんだ?エイリアンは何しに来たんだ?っていうのは最後まで解決されないけど(もちろん作品中でも問おうとしないし)、そういえば別に気にならなかった。それでもいいんだなーって勉強になった
・ラストシーンすばらしい
・青い血っていうアイデアもいい。美しい
夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.0
『北の国から』の倉本聰が脚本を担当した、岡本喜八唯一?のSF?映画。
SF映画と言いながら特撮を一切使っていない事で有名らしい(笑)。

UFOに遭遇し、血中の鉄分が銅に変わり青い血になってしまう。SFっぽいのはその程度で、後は人種差別、ホローコースト、政府の謀略を諷刺した内容にロミジュリばりのラブストーリーが絡んだ物語になっている。

連続ドラマなら面白いだろうが、2時間強の長さでは描き切れなかった感じで今一つだった。
きよP

きよPの感想・評価

3.0
古い作品だが今見ても結構良い。人々に薄く恐怖を植え付け差別と抹殺を正当化させる策略は、リアルさを感じる怖さだった。
ただ前半の青い血の謎解きと後半のラブストーリーが分断される気がした。あれだけ頑張ってた仲代さんはフランスに飛ばされて取材も終わってしまったが、映画での活躍も終了になってしまってて。

俳優陣が豪華すぎてそれを見るだけでも面白い。天本さん岸田さんのコンビがすごいオーラを放っていて、「この人たち絶対に悪の組織の親分でしょ!」とプンプン臭わせておきながらただの端役なところは多分見所。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.6
まぁクリスマスに一人で見るタイプの映画では決してないわなwわし見たけど。青い血が流れる場面。ファンタジーとわかっててもやっぱぞくぞくするわ。自分の手を切って自分の血がちゃんとまだ赤いか確認したくなる感じが巧いなぁ
>|