ディーモン/悪魔の受精卵/神が殺せと云ったの作品情報・感想・評価

「ディーモン/悪魔の受精卵/神が殺せと云った」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.3
運命

ニューヨークで神のお告げによる事件が発生
担当刑事のピーターが調査を開始すると、特別な形でこの世に生を受けたという謎の男の存在が浮かび上がり……

黒人

捜査
展開が普通に良いです

ノリ
クオリティはまあまあかな
yuuuk

yuuukの感想・評価

-
給水塔からライフル銃を持った男が無差別テロを起こしていた

警官隊のパレードにテロリストが紛れ込みまた無差別に

信仰深い警部補の視点で事件を追うが
新たな殺人事件が発生する

犯人のメッセージにgodが刻まれていた

淡々と描いててホラーと言うよりもサスペンス映画ですな
神に見えたのは幻想なんでしょうねー
カルトに信仰するのは如何なものかな⁉︎って自分に自信がないから縋る神なんで
神の存在は無いからその代わり別な存在はあるんだろうと思いその存在を知りたい
osaka

osakaの感想・評価

4.5
「なんか起きてる!ヤバイ!」っていう感覚が劇中ずっと続くすごい映画。
アンディ・カウフマンがニタニタしながらパレード中の警官役で芝居をしていて驚いた。雰囲気があるサンディ・デニスとデボラ・ラフィンの見せ場がもっとほしいけど、そういったドラマを映す映画ではないからまあしょうがない。冒頭の飛び降り自殺のくだりがマックス。最後に爆発したり燃えたりして「やり逃げ」するドリフのコントみたいな映画がラリー・コーエンは多い気がする。
狙撃シーンからはじまりミステリーぽく展開するけど、最後の方はいったい何を見せられているのか笑
ほぼ『Cure』とウワサであったが、見たらやはりほぼ『Cure』であった。

でもそこそこって感じ。殺人シーンにはもっと凝って欲しいね。

光るキリスト?はオモロいが。
最初の給水塔からの狙撃シーン好き~!
道行く人々、パレード 無差別に殺される
犯人は皆神の思し召しと言う。
処女懐妊シーンがなかなか…てか中盤からもうギア入り過ぎて展開がぶっとびまくってたし光ってた。
服めくったら腹に女性器…ってかめっちゃ女性器出てきてびびった。まじか。
何を見せられている??????
ラストあたりはバリバリのオカルトSFだった。
よくわからなくて2回見た。
面白い。給水塔からの落下、『サイコ』並みの階段落ち、など見所満載。
パレードのシーンが「ゲリラ撮影」と知って、びっくり。狂ってる。

@新文芸坐 35mm
冒頭の狙撃シーンでビビッときたけどその後結構ウトついてしまった…。
のでノーカンで…。
狙撃された人の近くに笑っちゃってる人いなかった?
ビリヤード城とか割れ目とかあがるシーンはあったけど脳内で繋がってない…。
神

神の感想・評価

4.0
カナザワ映画祭 大怪談大会

給水塔からの狙撃、階段落ちが凄くて震える。パレードのとこで『ダークナイト』思い出した。
>|