宇宙大戦争の作品情報・感想・評価

「宇宙大戦争」に投稿された感想・評価

滝和也

滝和也の感想・評価

3.5
近未来、1965年
遊星人ナタール
突如、日本の宇宙
ステーションを攻撃!
月面に前線基地を建設!
地球侵略を開始せんとした!

地球人の勝利なるか!
宇宙人の野望なるか!
ここに展開される
一大宇宙攻防戦!

監督本多猪四郎、特技監督円谷英二の黄金の東宝特撮陣が送るスペクタクル巨編!宇宙からの侵略戦争を真っ向から描いた兎に角ストレート、ド直球な作品。宇宙戦争と言うハリウッドの先駆者に遅れること6年。その特撮技術は当時(1959年)は先端であり、そのストレートな作りは東宝特撮が如何に自信を持っていたかが分かりますね。

宇宙ロケット、スピップ号による敵月面基地、強行偵察が前半から中盤にかけて展開。月面をふわふわ歩くシーンはこれが初であり、宇宙人オタクの名優土屋嘉男さんのアイデアと言うのは有名です。搭載の月面探査用戦闘車と敵基地攻防戦により時間を稼ぎ、戦闘ロケットを準備する地球連合軍。ラストは敵円盤との攻防戦を展開します!

ここで進軍ラッパの代わりに鳴り響くはシン・ゴジラでもお馴染み、宇宙大戦争マーチ!その伊福部昭の傑作テーマにのり、戦闘ロケットが発進するシーンはやはり胸熱です!円谷英二率いる特撮チームの操演が見事にハマる(^^)更に特撮の見どころとしては東京が円盤に襲われるシーン。敵冷線砲により、破壊されながら、ビルが空に巻き上げられるシーンはどう撮ったのかわからないほどの迫力。ラドンで使った強力送風機の応用かな(^^)

主演の勝宮博士には池部良。東映ヤクザ路線の代表、昭和残侠傅で「ご一緒、願います」高倉健と道行きする前ですね(笑) イケメン博士を演じます。ただ中盤持っていくのは土屋嘉男さん。月面で崖から円盤に1人撃ちまくるシーンの見せ場が最高です(T_T) 後はやや出演者のキャラが弱いのがやや難…。

今で言えば日本版インデペンデンス・デイですね(笑) ただ当時を考えれば、凄いですよね(さすがに生まれてませんが…。) まだアポロも月に行ってませんし。テンポものんびりですし、あくまで昭和レトロとして見ていただければ楽しめますよ。私は大好きなんだよな〜。地球防衛軍の姉妹作だし。良かったら、お暇な時にでも。
miho

mihoの感想・評価

3.0
映像技術が圧倒的に進化した今、
これを観るとかわいくてちょっと
可笑しいのだけど、この頃の映画って
リアリティよりロマン(映画を観る事が
今より娯楽性高かったと思うので)なの
だろうなと感じます。
宇宙人来てるのにロマンチックなシーン
とか、どう見ても訓練されてなさそうな
宇宙飛行士たちとか。ゆるいw
ロケットとかただひたすらかわいなと
思っちゃってそういう意味では
楽しかったけどw

国立競技場とかを多分撮影に使ってて
ごつい建築物はなかなか良いなと
思いました。
今からおよそ60年前、SWが公開されるおよそ20年前、ましてや人類初の月面着陸の10年前にこんな映画が作られていたと思うと当時の日本人の想像力は中々凄いのでは。
シンゴジラでお馴染みの伊福部楽曲はやはり滾る。
終盤の重力光線による都市破壊シーンは今見ても普通に迫力を感じるから凄い。インデペンデンスデイリサージェンス並み
ナ

ナの感想・評価

3.7
UFOが東京を破壊する所が凄かった。これが噂のウエハースか。

このレビューはネタバレを含みます

 地球侵略するナタール人っつうエイリアンがいるってんで、地球人が結束して大戦争する話。 

 まだ人類が宇宙にも行っていない時代の映画でまさに空想科学な映画で楽しい気持ちに慣れました。 

 冒頭で宇宙ステーションが謎の円盤に攻撃されるツカミから、人類が会議してチームを作って月面にいるらしいエイリアンの基地にアタックをかける。そのチームの選抜もどういう人物なのかもよくわからないままあっという間に進むジェットコースタームービーでした。ちょこっとだけメンバーの男女がお月様を見上げて語らうという恋愛っぽいことが描かれて、その2人をちゃかす男の友達がいてというのが少しだけ描かれて、あっという間にお月様に向かっていました。基本、会議があってそこで決定したことがすぐ次のシーンで描かれていきました。 

 月面で基地攻撃があって、そこからの脱出での円盤からの攻撃を防ぎながらカーチェイスなんかも見ていて楽しかったです。そこで宇宙人に憑りつかれた友達が味方のロケットに破壊工作をしていたと思ったらすぐに目を覚まして自己犠牲の精神を発揮していたりするのも凄かったです。どうやって洗脳を解いたのか謎でした。 

 そしていよいよ地球の名所に円盤が攻撃してきて、それに対抗する地球人たち。もう少し何で勝ったかとか作戦として細かく描けたらカタルシスがあったと思いました。 

 とはいえ【アルマゲドン】や【インデペンデンス・デイ】が作られる何十年前に日本で作られているのを知ることができる映画でした。 
地上への攻撃シーンとかの演出とBGMは良いが、話のテンポとしてはイマイチ。

宇宙大戦争マーチは名BGM
キよ4

キよ4の感想・評価

-
伊福部昭の宇宙大戦争マーチ
最高!
またシンゴジラが観たくなった
テンポはダルいし敵は激ダサ。さほど面白くはない。

でも、ナタールの無重力攻撃で都市が巻き上げられる特撮は物凄い力の入りよう!
それに、伊福部昭の「宇宙大戦争マーチ」に乗せて、ロケットが飛び立って戦争へ出立するシーンだけでも神の仕事だ。
ちなみに、月面で無重力を表現する為にふわふわした動きをしているのは土屋嘉男のアイデアだとか。
pen

penの感想・評価

-
『シン・ゴジラ』で使われたBGMの1つの元ネタ。印象的に音楽が使われる場面が2箇所あって、1つは『マッドマックス 怒りのデスロード』のクライマックス、もう1つは『スターウォーズ』の宇宙空間での戦闘シーンを思い出した。でも本作が作られたのは当然それら2つよりも前。SF的イメージを具現化することに特撮が重要になるのはいつの時代も変わらないことを実感する。
奥行きを感じさせる画面構成の多用、多数の外国人キャスト起用が映画のスケールの大きさを感じさせる。特に後者は地球の危機を救う為に宇宙へ行く選抜パイロットが日本人だけでなく外国からも選ばれるのが良い。1つの国レベルではなく地球の危機なんだから当たり前なんだけど。
シンゴジの音楽の元ネタが(当たり前だけど)すごいしっくりきて、かつ新鮮。
後世の人間からしてみれば科学的考察に関しては当たったりハズレたりはもちろんあるけどそこも含めて楽しむべき。
最後のアルマゲドン展開は意味不明だけどね笑
>|