七人の侍の作品情報・感想・評価

七人の侍1954年製作の映画)

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

「七人の侍」に投稿された感想・評価

レビュー100本目は、やはりこの映画で。

日記の類はいつも三日坊主で挫折してきたのに、とりあえずはここまで続けられたのは、いろんな方々のレビューを読み、感激したり共感したり嫉妬したりと、様々な刺激を受けてきたからです。
また、自分では選ばない作品も、フォローしている方々の熱い思いに誘われて、映画の幅が広がりました。ありがとうございます。

昨年、久しぶりに劇場で観ました。それも4Kで再現された映画は、画面が明るくハッキリとし、声も聞き取りやすくなっていました。公開当時も三船さんのセリフが聞き取りにくいと批判されてたそうです。ただ、少々画面が暗くても、セリフが聞き取りにくくても、この映画の価値を全く損なうものではないです。
マグニフィセントセブンを作ってくれたおかげで、この作品を観る人が増えたのは、とても嬉しいです。

最初に観た時は、農民が侍を雇うっていうのに驚きましたが、当時は結構あったそうです。戦に敗れた侍は会社が潰れ失業したわけで、食っていくために、野武士となって農民を襲ったり、逆に用心棒として雇われたり、、今回戦う両方とも出は同じですね。農民だけが被害者というわけではない。ここはやはりこの映画の深みを増すポイントになってそうです。

七人のキャラクター付けが、とにかく素晴らしいです。前半の人集めにたっぷり時間をかけますが、そこもすこぶる面白いです。あそこがあるから、後半の決戦が生きてきます。
一番人気は、やはり三船さん演じる菊千代でしょうか。農民が落武者狩りをしていたことを知って侍たちが引き気味になった時の迫力たるや!セリフ聞き取り辛くても、ビンビンに伝わってきます。粗暴で下品で頭も良くないけど、情に熱く根は優しい、、愛すべきキャラクターですね。彼の成長物語でもありました。実際、この映画を境に、黒澤映画の主役は志村さんから三船さんに交代しました。
二番人気は、宮口精二さん演じる久蔵でしょうか。男なら、やはり憧れますね。カッコいいとは、まさにこの映画の彼です。ルパンの五右衛門のモデルとも。
志村喬さんの官兵衛は、やはり最初のシーン。あの瞬発力からスローモーションへ。ペキンパーはじめ後の監督が真似したくなるのも良く分かります。農民が仲間割れしそうになった時の喝「人を守ってこそ自分も守れる!己のことばかり考える奴は己をも滅ぼす奴だ!!今後そういう奴は俺が切る」ふだんは冷静でおだやか。ここぞという時には、、まさにリーダーの鑑です。
その他の人もんみんなドラマを持ってます。生まれてからここで集まるまでの人生も、シナリオに書き込まれ撮影されていたような感じさえします。
今回注目したのは加東大介さん。彼が演じる七郎次と官兵衛が久しぶりに再会したシーンでのやりとり、、泣けます!

まあ、語り出せばきりがありませんので、これくらいに。次回、映画館で観られた時に続きを書きたいです。死ぬまでに、後何回観られるか、、。
個人ではなくて、組織で戦っていくことの面白さ。

アクション映画としてド派手に規格外のことをやってる面や、時代劇として伝えられる百姓と侍の身分の違い、それから志乃と勝四郎の恋物語など複合的な魅力の詰まった大作だけれど、一番興味を持って何度も観てられるのは、絶対的なリーダー島田勘兵衛を中心に適材適所の個性的なキャラクターが集まり、一つのチームとしてまとまっていく姿が、今も昔も変わらず社会で生きていくことに通じているから。

トップの勘兵衛(社長)、No.2の五郎兵衛(部長)、No.3の七郎次(課長)の管理職系の中で面白いのは、3番目の七郎次の存在。自分が知恵を出すことよりも、上司の命令に従順であり、全体で決められた約束事を部下に浸透させていく、会社によく居そうな中間管理職タイプ。ただし大事なのは、悪い奴じゃないということと、この人が最後どうなったかということ。
戦闘の最前線で活躍する久蔵と菊千代との違い、それからそれを最後列で見つめる勝四郎という対比も面白い。エースの久蔵は個人戦術でも切り込んでいけるがチームの和を乱すことがないのに対して、粗野で暴れん坊の菊千代は、個人判断をして結果として皆んなに迷惑をかけてしまうような存在。でも異端児である彼は、侍の世界とは別の、百姓たちの気持ちがわかる代弁者でもあるから、やはりこの物語におけるキーマンだし、組織の中では境界線を越えられる重要な存在。そんな2人を見ているルーキーの勝四郎が、この侍と百姓の違いを肌で感じて伝える役目を持ってるのと、何よりこれからの未来を想像させるような存在になってる。
映画的には最も地味だけど注目すべき存在に思えたのはムードメーカーの平八。剣の腕はイマイチだけど性格が明るくて、チームが苦しいときに助けになるような存在。こういう人ってやっぱり重要なんだなって思うけど、最近どんどん少なくなってきてるような気がする。

色とりどりの個性が集まって、みんなで一つの目標達成に向かう。でも実際のところ、現実はそんなに簡単にはうまくいかないから、せめて映画の中だけでも気持ちをスカッとさせて、また明日から頑張ろうとパワーをもらってる。勉強になります。
Yoshimitsu

Yoshimitsuの感想・評価

4.8
もっと早く観ておけば良かったと思った作品の一つ!!
こんなに長い映画初めて見たけど全く中だるみがなく最後まで楽しめて、号泣だった。

日本の映画最高😭
弱きを助ける
ラストが最高にかっこよい
あやの

あやのの感想・評価

4.3
昔観て衝撃を受けた。かっこいい。
(言葉が聞き取れなくて字幕で観た!)
Megumi

Megumiの感想・評価

4.3
よく作り込まれている。
今、若い人が見ても、おもろい!みろ!
ルル

ルルの感想・評価

4.8
世界に浸透させる力があった
>|