七人の侍の作品情報・感想・評価

七人の侍1954年製作の映画)

製作国:

上映時間:207分

ジャンル:

4.3

「七人の侍」に投稿された感想・評価

レビュー100本目は、やはりこの映画で。

日記の類はいつも三日坊主で挫折してきたのに、とりあえずはここまで続けられたのは、いろんな方々のレビューを読み、感激したり共感したり嫉妬したりと、様々な刺激を受けてきたからです。
また、自分では選ばない作品も、フォローしている方々の熱い思いに誘われて、映画の幅が広がりました。ありがとうございます。

昨年、久しぶりに劇場で観ました。それも4Kで再現された映画は、画面が明るくハッキリとし、声も聞き取りやすくなっていました。公開当時も三船さんのセリフが聞き取りにくいと批判されてたそうです。ただ、少々画面が暗くても、セリフが聞き取りにくくても、この映画の価値を全く損なうものではないです。
マグニフィセントセブンを作ってくれたおかげで、この作品を観る人が増えたのは、とても嬉しいです。

最初に観た時は、農民が侍を雇うっていうのに驚きましたが、当時は結構あったそうです。戦に敗れた侍は会社が潰れ失業したわけで、食っていくために、野武士となって農民を襲ったり、逆に用心棒として雇われたり、、今回戦う両方とも出は同じですね。農民だけが被害者というわけではない。ここはやはりこの映画の深みを増すポイントになってそうです。

七人のキャラクター付けが、とにかく素晴らしいです。前半の人集めにたっぷり時間をかけますが、そこもすこぶる面白いです。あそこがあるから、後半の決戦が生きてきます。
一番人気は、やはり三船さん演じる菊千代でしょうか。農民が落武者狩りをしていたことを知って侍たちが引き気味になった時の迫力たるや!セリフ聞き取り辛くても、ビンビンに伝わってきます。粗暴で下品で頭も良くないけど、情に熱く根は優しい、、愛すべきキャラクターですね。彼の成長物語でもありました。実際、この映画を境に、黒澤映画の主役は志村さんから三船さんに交代しました。
二番人気は、宮口精二さん演じる久蔵でしょうか。男なら、やはり憧れますね。カッコいいとは、まさにこの映画の彼です。ルパンの五右衛門のモデルとも。
志村喬さんの官兵衛は、やはり最初のシーン。あの瞬発力からスローモーションへ。ペキンパーはじめ後の監督が真似したくなるのも良く分かります。農民が仲間割れしそうになった時の喝「人を守ってこそ自分も守れる!己のことばかり考える奴は己をも滅ぼす奴だ!!今後そういう奴は俺が切る」ふだんは冷静でおだやか。ここぞという時には、、まさにリーダーの鑑です。
その他の人もんみんなドラマを持ってます。生まれてからここで集まるまでの人生も、シナリオに書き込まれ撮影されていたような感じさえします。
今回注目したのは加東大介さん。彼が演じる七郎次と官兵衛が久しぶりに再会したシーンでのやりとり、、泣けます!

まあ、語り出せばきりがありませんので、これくらいに。次回、映画館で観られた時に続きを書きたいです。死ぬまでに、後何回観られるか、、。
okapy

okapyの感想・評価

5.0
777本目に選んだのは今更すぎるけど言わずもがなの名作『七人の侍』でした。こんな名作を未見だったわけですが、777本目まで温めておくほどですからいつにも増して気合を入れて鑑賞しました。案の定、期待を裏切らない大傑作。約3時間半の大作ですがまったく時間を感じさせない脚本、構成、演出、演技、撮影。どれをとっても一級品すぎてこれ以上何も言えません。とにかくようやく日本が誇る至高の一本を鑑賞できてホッとしてます。
超超超超超大作。
あまり多くは語りたくないと思わせる。
これが漢の中の漢だな。ラストシーンはかっこよすぎるだけではなく百姓の戦いの末、漢の生き様や様々な想いが込められまくったシーンだった
ふじ

ふじの感想・評価

3.9
60年以上も前の作品とは思えない
日本映画の代名詞
なみほ

なみほの感想・評価

4.1
最近の映画のように迫力があり
俳優たちはみんなかっこよくて
ちょっとしか出てこなかった女優の演技もかなり引き込まれた

もっと暗い話かと思えばかなりエンターテインメント色が強くあっという間に感じられた
菩薩

菩薩の感想・評価

5.0
かの迷作『七人のオタク』と比べればその差は僅差かもしれないが(そんな事無いと思う)、平成のノブシコブシと比べれば昭和の野武士潰しの方が格段に面白いのは言うまでも無いし比べるのも失礼な話である。ノブシコブシが脇を鳴らすのであればと、野武士潰しに腕を鳴らす6人の侍と一人の暴れん坊、島田勘兵衛統括本部長の的確な指示の元、身勝手かつ貧弱であった農民達を一致団結させ組織化し対抗していく各方面部長の手腕も冴える中、やはり「シュート!」の久保嘉晴の「一点取る。」を彷彿とさせる潔さで闇夜の中消えていき、野武士二人を切り倒し火縄銃(種子島)を持ち帰ってくる久蔵に心惹かれるのは何も勝四郎だけで無いのは明らかである。だが思い出して欲しい、久保先輩があの試合後どう言う結末を迎えたか…と言うかみんな知らないだろうから今すぐTSUTAYAに走り大森一樹監督の『シュート!』を借りて観て欲しい、キムタクがやってるからよ。後はやはり左卜全演じる与平が圧倒的にナイスキャラ、終始他を寄せ付けない切な良すぎる顔芸に、あの「米盗まれたぁ」の微妙なトーンは何度真似しても全く寄せることができない。雨の決戦直前、震え上がり縮こまる皆を鼓舞するために用いられる「下ネタ」の有効性を改めて実感する作品でもあるし、きっとこの作品はいつまでも日本映画のマスターピースとして輝き、鑑賞者にこう問いかけ続けるであろう。

「トシ、サッカー好きか?」

間違えました、失礼しました。

「君、映画は好きか?」

「流行り服はお嫌いですか?」ではありません。いつかスクリーンで観たら真面目に書き直します。燃え盛る水車の前で「こいつは俺だ!」と雄叫びを上げる菊千代に泣く。
圧巻だ……
世の中が名作名作とか言うから今までずっと敬遠してた黒澤作品だけど、めちゃくちゃ面白かった!てっきりお堅いじじいが腕組んで見る映画かと思ってた……

ユーモアがふんだんに盛り込まれてるし、ドキドキハラハラするし、とんでもなくカッコいい。全然難しくなくて拍子抜けした。
俳優の演技が全員ギラギラしてて、すごい。本物だという気迫を感じる。

人の上に立つことになる人は絶対に見た方が良い。これが社会のあるべき姿というか、心意気が全部詰まってると思う。下がついていきたくなる。粋ってことだな。

音声が聞き取りにくかったりするので日本語字幕つけて見ると良いです👀
くくれ

くくれの感想・評価

4.1
この飯、疎かには食わんぞ…

白黒映画を全く観た事ない2015年当時の自分でも結構楽しめた、名作の1つです。

民衆(百姓)とヒーロー(侍)が一致団結し、巨悪に立ち向かう、まさに自分好みの作品。

人それぞれキャラの好みはあるだろうけど、やはり自分は島田勘兵衛。歴戦の戦士というオーラを存分に出し、DVD前編ラストで演説するシーンでワイの心をバッチグー。

雨の中での決戦シーンも当然見所ではあるんだけど、個人的に好きな台詞の1つはラストの「今度もまた負け戦だったな。勝ったのはあの百姓たちじゃ、ワシ達ではない…」。

物語が綺麗にまとまってて、かつ百姓達(特に菊千代)のバックサイドストーリーなんかも楽しめるので味わい深い作品なのではないでしょうか。
ほたて

ほたての感想・評価

4.3
あ〜すっごいなあこれ!!!

豪雨の中の戦い
太鼓の音
馬の行き交う場面

とにかく生命力を感じる一本!!

あ〜絶対にお米は残さず食べないと!!
あっという間やったな
サムライみんなかっちょええわ
その中でも菊千代がダントツで好きかな
前半か後半か忘れたけど落ち武者の武器を盗む百姓の気持ちを代弁してブチギレるシーンとかマジで痺れたわ
戦争始まってからも旗を掲げて士気を高めようとしたり3時間の間で何回こいつに泣かされるねん
まあ一番の見どころは戦争シーンなんやけどね
斬撃の音とか一切ないのにもかかわらず
あの迫力はすげえわ
仲間が切られるときも静かでなんか余計と切なかったな

黒澤明すげえわどハマりしてもうた
>|