マグニフィセント・セブンの作品情報・感想・評価

マグニフィセント・セブン2016年製作の映画)

The Magnificent Seven

上映日:2017年01月27日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人>を雇って正義のための復讐を依頼する。 最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに…

冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人>を雇って正義のための復讐を依頼する。 最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに挑んでいく―。

「マグニフィセント・セブン」に投稿された感想・評価

あたん

あたんの感想・評価

4.2
主人公最強系映画大好き。
イ・ビョンホンてこんなイケメンだったっけ。鹿の肉がぶりしてるときだけは鳥肌止まらんかったです
俺たち7人の流儀で、裁く。

***

もっと個性欲しかった。

クリプラかわいい。
まる助

まる助の感想・評価

3.5
アクション5点
ストーリー2点
その他含めて3.5
七人の侍や荒野の七人をイメージするとアウト
ご都合主義がダメな人もアウト
上記二つを気にならずに、なおかつアクション目当てなら満点が出せる
今っぽい西部劇!!
正義執行!
イーサン・ホーク、イ・ビョンホンマジでイケメンかよ!
出てるキャストが本当いい見せ場合って、もっともっと!って欲しくなってしまったw
気軽に見れて、展開は王道って感じです👍
西部劇を現代の俳優達でとてもうまく落とし込んでいる。西部劇のもつかっこよさを瞬時に理解し、西部劇が大好きになる映画。

デンゼル・ワシントン
男の決意、覚悟からくるとてつもない強さ。淡々としたかっこよさ。多くは語らず仲間を導く。リーダー、ボス、すべての要素を含んだ最高のアメリカンなタフガイ。

クリスプラット
酒、女癖は悪いが銃の腕は最高のイケメン。流れ者のゴミ男感をだすための絶妙な口元のつくりかた、からの最後の男らしさ。

イーサン・ホーク
人を殺しすぎたことにより悪夢に悩まされて引き金を引けなくなったが狙撃の腕は全米no.1。うわべは明るく振る舞うが、いざ生死の場に対面した時の目の奥の深さ。苦しみ。殺し屋独特の雰囲気を怪演している。

イ・ビョンホン
このメンツの中に混ざっても埋もれるどころかアジア人としてかなり目立つほどのかっこよさ。アジア人独特の人の殺め方。恐ろしいほどの目の輝き。特に冒頭の登場シーンは演出含めかっこよすぎて何度も見直した。同じアジア人として誇らしい。

俳優の名前は忘れたが
インディアン狩りのデカイ男と、インディアンの男もほんとに最高。

特にインディアンの男は野生ゆえの凶暴さ、強さ、落ち着き。顔のペイント。かなりかっこいい。男というよりオス!!!
初めて西部劇を鑑賞。

自分のためではないのに戦う彼らはかっこよかった。

そしてなによりクリスプラットかっこよい。
かじ

かじの感想・評価

3.0
西部劇映画初鑑賞。
切り取ると非常に格好いいシーンが多いが、記憶に残らない映画。
行動に対する動機みたいなのが殆どよく分からないので、アクションシーンだけを楽しむ感じ。
katy

katyの感想・評価

2.5

到底理解できない領域
なんでこの人らこんな命かけて戦ってるんやっけ?ってなる
これを言い出したら元も子もない

映像美を魅せてくる映画でした

ストーリーに無駄が多いような印象
綿木

綿木の感想・評価

2.5
インディアンの人すき🌚
普通に英語喋れるの笑った😇

リメイク元も見てみようかなと思った
UT

UTの感想・評価

3.4
ストーリーは単純だけど見てて痛快。キャストがかなりイケメン揃いでカッコいい!仲間集めのシーンはいろんなバックグラウンドをもつ人を集めていくのだけど、なぜみんな協力してくれるのかはよく考えると謎。なぜかドラクエ思い出した。
>|