羅生門の作品情報・感想・評価

「羅生門」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「羅生門」
1950/8/26公開 日本作品 2018-041
再鑑賞

世界で日本映画の評価が高まるきっかけとなった作品ですね。
人間のエゴ、心の闇を鋭く表現した素晴らしい作品です。冒頭の志村喬の謎掛けのような言葉から物語が始まるミステリー仕立ての脚本も最高ですね。
何が真実かより、それぞれの立場で人間のエゴが鋭く表現されています。ラストの志村喬の善が一筋の光明ですね。
自然光を生かすためにレフ板を使わず鏡を使ったり、当時はタブーとされてきた太陽に直接カメラを向けるという撮影を行ったり、その画期的な撮影手法でモノクロ映像の美しさを極限に映し出しています。
世界にクロサワの名を知らしめた貴重な作品ですね。

世界にクロサワの名を知らしめた歴史的作品。芥川龍之介の短編小説 『藪の中』と『羅生門』を原作に、橋本忍と黒澤が脚色し、黒澤がメガホンを取った。平安時代、都にほど近い山中で貴族女性が山賊に襲われ、供回りの侍が殺された。やがて盗賊は捕われ裁判となるが、山賊と貴族女性の言い分は真っ向から対立する。検非違使は巫女の口寄せによって侍の霊を呼び出し証言を得ようとする、それもまた二人の言い分とは異なっていた……。豪雨に浮き立つ羅生門の造形美、立ち回りシーンの迫力、生き生きとした役者たちの演技などすべてが印象深い作品。ベネチア国際映画祭でグランプリを受賞した、黒澤明の出世作である。米アカデミー協会の全面的バックアップを受け、映像とサウンドを修復した「デジタル完全版」が2008年に公開された。
YellTao

YellTaoの感想・評価

4.5
五感全てで感じる名作。

土砂降りの羅生門。
藪の陽光と草木の影のコントラストの美しさ。
欠けると成立しない、キャスト全員の見事な演技。
時代と不釣り合いなボレロに似た音楽の高揚感と陶酔感。

台詞が聞き辛いことなんか置いとけるほどだし。
余韻まで息飲ますなんて、最高だぁーー。
shoheidon

shoheidonの感想・評価

3.8
最近の映画よりもリアルな時代背景に思えた。白黒には思えなかった。
ただ、個人的に演技があまり好きじゃないかも。嘘くさくて。
maze

mazeの感想・評価

3.8
とても、観やすかったです。
羅生門で雨宿り中の3人の中の1人が、山中で過去に遺体を見つけた事を話し出した事から物語が進んでいきます。

ある夫婦の妻が罪人に犯されてしまい、見つけた遺体は夫婦の夫だった。
罪人、犯された妻、死んだ夫が乗り移った巫女。しかし、3人とも全く違う事を言い出し、どれが本当か嘘かわからなくなる。

善悪、人は誰しも持っている。と思いました。傑作!
ベルイマンの『第七の封印』とセットで観ると面白いかも。とてもよく似ている。そして先に作られたのは『羅生門』というのがちょっと気分がいい。

移動撮影がすごすぎるし、光と影の動きが楽しすぎる。三船敏郎はかっこよすぎるし京マチ子がタイプすぎる。そして森雅之の期待を裏切らないクズっぷりがいい。あれはまさかの大爆笑シーンだった。

死体の発見からの3人の当事者が語る三者三様の事件の真相。平安時代の、検非違使による裁きの場でのまさかの巫女による降霊術というホラーな展開。うん、やっぱ名作。私が日本人じゃなければ『すごい映画を見つけたぁぁ』って騒いでると思う。なんだこの風化しなさは…。カメラワークでわくわくできる映画。そして京マチ子!
otom

otomの感想・評価

5.0
つい最近、芥川龍之介を読み返していたので久々に鑑賞。リマスター版って事でエラい綺麗になっていて驚いた。人の心の実に複雑な事。鑑賞者をまさに匠レベルの技術で疑心暗鬼地獄へ迷い込ませる黒澤明とスタッフ。何度観ても新鮮で発見がある。当然傑作。
ある武士が殺された。その事件の関係者を3名呼び出すも、各人の証言は違っていて。。。
黒澤明のミステリーものかと思ってたけど全く違った。それぞれが平気で自分の欲望や嘘を織り交ぜて、人間の醜さが浮き彫りになる。

三者の視点から見た時の各人の演技が物凄い。別人かよ。。。

山賊の自分の豪傑さ、男らしさをアピールするも真実は女に対して、一緒にいてくれと懇願し、理想とは程遠い殺陣が繰り広げられる。泥臭くてハラハラするから好きだけどね!必死感が堪らない!
そりゃスターウォーズみたいなチャンバラにはならないよね。
隼人

隼人の感想・評価

2.6
太陽に直接カメラを向けるとか斬新な映像が白黒なのに新しさを感じさせる。
2018.2.7
自宅TVにて鑑賞

「わかんねえ。さっぱりわかんねえ。何がなんだかわかんねえ」

黒澤明を一躍世界的監督に押し上げた極めて有名な作品だが、制作直後の試写会で大映の永田社長は途中で席を立ったそうだ。実際、国内での興行収入は低かったから、社長としての彼の目は正しかったことになる。

黒澤明監督の作品を観るのは初めてだった。
当時の白黒映画の標準的な表現技法や技術的限界を理解していなければ、正当な評価はできないだろう。
雨に墨汁を混ぜた事やセットの壮大さ、光量の強さ、森の疾走Followの滑らかさなど当時としては極めて画期的であったかもしれないが、現在の私には演出効果を感じる事はできなかった。
ヒューマニズムとニヒリズムの入り混じった哀愁漂うラストシーンも、今となってはあまり大きな感動はない。

個人的にはそれより役者達の演技の方に目がいく。
冒頭の羅生門のシーンで、千秋実演じる旅法師が慈悲深い何とも言えない表情でゆっくりと志村喬に顔を向ける演技は痺れた。
その他三船敏郎や京マチ子、本間文子の狂気じみた演技も良い。今の日本映画にはこれ程の演技を出来る役者はいないのではないだろうか。

早坂文雄の音楽も良い。同じ調子の音楽を何度も使うが、この音楽が飽きが来ず画面を持たせる。
やはり名作。人間の欲深さが真相を包み隠す。脚本が秀逸で、現代でも色褪せない。モノクロだけど。
>|