座頭市物語の作品情報・感想・評価

座頭市物語1962年製作の映画)

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

4.0

「座頭市物語」に投稿された感想・評価

onotoraman

onotoramanの感想・評価

4.0
・ひとつひとつのシーンにアイディアが感じられる。丁半博打の引っ掛けとか、火がついたまま縦に斬れるロウソクとか。日曜の大河ドラマが好きじゃないのはそういうのがないところ。こういった作品の二番煎じでしかない。座頭市は作り手がワクワクしているのが伝わる。
・座頭市、そして相手方の剣士がかっこ良すぎる。盲人と薄命の剣士とかキャラ立ちすぎだ。
・カメラワークもかなり遊んでいる。現代の時代劇も見習ってほしい。時代劇を更新し続けてほしい。
niku007

niku007の感想・評価

5.0
北野武や海外の監督から時折評判を耳にしており、今回何となく1作目とは知らずに鑑賞。

面白すぎた。初めてクロサワ以外の日本のお家芸であり、世界に影響を与えたハイクオリティの時代劇、またはチャンバラ映画を見たんだと思う。後のあらゆる作品に膨大な影響を与えているであろう事は間違いなさそうな作品。撮影・ストーリー・キャラ・演技・美術、全て段違い。1つも見てなかった自分を恥じるような、後世の人間に見る機会を与えてこなかった自分より上の世代を間抜けに見るべきか、ともかく遅すぎたけど見ておいてよかった事には間違い無し。
Michihiro

Michihiroの感想・評価

3.9
勝新すっごくかっこいい。
もっと派手な立ち回りを期待してたけど、あれぐらいがリアリティあるんだろうな。
初 座頭市
今まで見てきた殺陣 居合とは全く違い、邪道な構えをしている気がするんだけど、本作の方が圧倒的にカッコイイ 三船より好きかもなー

話も面白かった
Damien

Damienの感想・評価

5.0
勝新のライフワークともなった座頭市の記念すべき一作目
今作は脚本に力を入れている

殺陣は控えめであるものの、その一瞬の居合がたまらない
ラストの緊張感は素晴らしい
yassoon

yassoonの感想・評価

3.8
初めての座頭市。イザコザは出来れば避けたいという市の想いとは裏腹に、どんどん巻き込まれていく展開。両方の組がまた揃いも揃って悪い奴らの集まり。それに利用される剣豪と市が酒を酌み交わすシーンが良かった。今なら絶対に避けようとする題材。1962年にこれで映画を撮ろうと考えた製作陣が凄い。弱い立場や境遇の人達から奪い取り蔑んだりするのが、平然とまかり通っていたのだなぁ。今もそんなに変わらないけど。娘さんから惚れられて待ち伏せされるから、悪路で移動せざるをえない市の「やれやれ」な背中が印象的だった。60年代の時代劇、もっと観てみたい。
緊張感と息づかい。
命懸けなのであって、
刀を抜くにも思いがあって。

そこにこそ表れる
その人の生き様や生き方。
痺れるほどかっこいい
Fory

Foryの感想・評価

4.3
シビれる…
演技、物語、画、どれをとってもめちゃくちゃ格好良かったです。
時代劇には取っ付きにくさを感じていて今までほとんど観てこなかったけど、色んな時代劇を観てみようと思わせてくれた作品。
テレビ版は中学の時に好きでよく見てたんだけど、映画版は初鑑賞。
いや〜やっぱかっこいいいい〜!
超面白いし!
ぜひとも皆さんに見ていただきたい。
もうそれだけなんです。
ひたすら勝新がかっこよくて面白いんです
初の座頭市。
天知茂の役がかっこいい。殺陣シーンかっこいいけど、思ってたより少なくてびっくり。シリーズで見ます。
>|