用心棒の作品情報・感想・評価

「用心棒」に投稿された感想・評価

154

154の感想・評価

-
2018/8/17

「刺身にしてやる!」でツボってしまった。
■3回目(2015/6/30)
何度観てもカッコいい。

三十郎も良いけど、 
やっぱし卯之助もカッコいいなぁ〜 
すぐ真似したくなる!

■2回目(2015/5/9)
気だるそうにしてる
ヒーローは色々いるけど、 
やっぱり三十郎が好き。
 

■1回目(2015/12/9)
これぞエンターテイメント!

とにかく面白いと思う! 

緊張感の中にも明るさがあり、 
飽きずにあっという間に終わっちゃう!
リョウ

リョウの感想・評価

4.0
やはり黒沢監督らしい軽快で人情味ある時代劇。ストーリーやキャラクターも波乱を予感させる構図で、先はどうなるものかとハラハラさせられる。主人公がずば抜けて立っているというわけではなく様々な個性が登場するため秀逸な展開となっている。
takumi

takumiの感想・評価

4.0
コミカルな時代劇アクション
用心棒というだけあって、三船の人間味が素晴らしく、人をきるにもただの暴力じゃない
早い殺陣や、三船がやられたところからの復活にかけてのシーンや、ピストルとの決闘と見所満載、傑作
temmacho

temmachoの感想・評価

4.0
午前十時の映画祭での劇場鑑賞。
言わずもがな、黒澤明の傑作痛快時代劇。
腕の立つ侍が用心棒として高く買われようと、両陣営を行ったり来たり…と策を巡らすコメディ作品。
.
4Kデジタルリマスターは美麗でしたよ。
meg

megの感想・評価

4.0
安心と安定の黒澤明監督作品。今作も期待通り、予想通り面白い!もっとチャンバラ映画しているのかと思いきや、なかなか頭も切れる三十郎。しかし間抜けな三十郎。これを正直大根な三船敏郎が演じると(失礼!)、良い具合に雑な感じになって愛すべきキャラクターになってしまうんだよなぁ~。あと終盤の三十郎登場→吊るされた権爺→丑寅達の流れるようなカメラ・ワークはとても心地よい。何故黒澤作品にはこんなに奥行きがあるんだろうか……。
凡努

凡努の感想・評価

4.5
ヒーローってこれだよなって思える作品。
ここから影響された作品が沢山あるんじゃないかな。
複雑な勢力図に前半は理解が追いつかない部分があったけど、後半はわかりやすく面白かった。
宿場の滑稽な商人達の描き方が上手い。
黒澤作品全体に言えるけど、キャラクター作りがホントに上手いよなぁ。一人一人のキャラが活きてる。
椿三十郎同様クスッと笑える場面も多く楽しめた。
やはり三船敏郎のかっこいいよ…。
言わずと知れた黒澤明代表作の1本。
実は剣劇場面は意外と少なく、主人公桑畑三十郎のとんちを効かせた頭脳戦が多い。

しかし、いざ剣劇が始まるとその素早い殺陣といったら鳥肌モノのカッコよさ。
映画で初めて斬殺音を用いたのは本作と言われていますね。

また望遠レンズを多用したショットの数々と、木枯らしの中に立つ三船敏郎のシネスコの映える引き画のカッコよさったらない。
いやもう全編通してカッコよさを詰め込んだ最高の時代劇です。
abe

abeの感想・評価

-
三船敏郎かっこよすぎる!用心棒の三船一番かっこいい気がする!アゴ触るのがかっこいい!「荒野の用心棒」より全然面白いし刀の方が好き!
やっぱすげぇなぁって思うのは古い映画なのに飽きずに全編通して面白いところ。
まあ私の好みもあるんだろうけど眠たくならないんだよねぇ。すごいよね
>|