ビフォア・サンライズ 恋人までの距離の作品情報・感想・評価・動画配信

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離1995年製作の映画)

Before Sunrise

上映日:1995年09月02日

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」に投稿された感想・評価

毛利

毛利の感想・評価

4.5
ストーリーのためではない、会話のための会話、会話
魔法があるなら、それは理解し合おうとすること
なんという静かで心地よい二人芝居
このまま永遠に再会しなくてもいい…ウゥ〜ッ
2人の飾らない服装も素敵
hetehem

hetehemの感想・評価

3.8
よかったー。終始2人の会話劇、ヨーロッパの街並みで。っていう超シンプルな設定でだらだらせずおもしろい。イーサンホークが若くてきっれい!
きー

きーの感想・評価

-
夜通し、語らい合える関係って、憧れる
恋人になるまでが楽しいって期間を、
美しく詰め込んだ映画でした。

列車で出会った男女が、
ひとときのウィーン旅をする話。
ストーリー展開は特になく、
2人の会話ベースで進んでいく。

過去、価値観、哲学的な話、言葉を交わしながら惹かれ合うけれど、
海外の会話はユーモアに富んでて良いな。口説くの上手すぎるな〜。

ウィーンに行きたい。
観光地じゃない街中をぶらぶらしてるけど、どこも魅力的だった。一緒に楽しむ相手がいるからかも。

非日常な設定だけれど、誰しもが一度は体験したことがありそうなシチュエーション詰まってる。

終わるからこそ時や瞬間が貴重で美しいって言ってたけど、まさにそれ。
貴方達ずっと付き合ってたら別れてそう。

この1日が人生のとびきり素敵な思い出になったのは間違いなし。
Kametani

Kametaniの感想・評価

3.2
とある男女の出会いから別れまでが1日の間にあり、特に何かが起きる訳ではない
ヨーロッパの街並みや長回しによる会話とその中での言葉の素敵さが魅力の作品という事は理解できたけど、僕の中ではこの特に何も起きない物語が悪い方に作用してしまった、端的に言えば退屈な時間がほとんどやった

かと言ってじゃあこの展開をこうすれば良いのにとか具体的な案も特に思い浮かばず
思い浮かばずというよりはこの映画はこの展開とこの雰囲気で最高値ではあるやろうから、単に合わなかっただけやと思う

強いて好きな所、テーマで言えば本来夜明けって1日の色んな事が始まるきっかけやのに、この2人にとっては終わるきっかけである、このギャップは好きでした
これが、ずっと続くとは…若い時観た時は思わなかった
Nomitchell

Nomitchellの感想・評価

5.0
セリフが全体的に宝物すぎ。リチャードリンクレイターは言葉にできない絶妙なエモさを映画にする天才。
列車で出会った男女の運命的な1日の出会いと別れ
最強の恋愛映画だった。
登場人物はこの男女だけであとは背景。恋愛映画で二人とも好きなままエンディング迎えるとかどんだけだ

恋愛は相手がいてこそで、お互いの気持ちが50対50の状態って基本的になくて気持ちのバランスがグラグラと変わっていくものだも思うけどこの映画ではお互いがお互いを同じだけ求め合う。

好きって男女関係なく、その相手といる自分が好きなんだと思う。
基本ふたりの会話の長回しの徹夜デートなんでとびきりな出来事は起きないけど、ひとつひとつのシーンと表情が恋愛の塊。

恋愛の塊映画

ただしくは2人のように半年後に続編見るべきなんだろうけど、明日見そう
yan

yanの感想・評価

3.5
ロマンチック、、これはヨーロッパの夜だからこそ成り立つのだと思うくらい、街並みも雰囲気も会話も素敵だった。電話ごっこでお互い思っていることを遠回しに伝えてるシーンが好き。エモいとはこのこと。
>|