裸の銃を持つ男PART33 1/3 最後の侮辱の作品情報・感想・評価・動画配信

『裸の銃を持つ男PART33 1/3 最後の侮辱』に投稿された感想・評価

このシリーズをコンプリート😂🤣w w‼️
やはり1がいちばん面白いという結果になった🤣w w💦
これもはじめはアンタッチャブルのパロディーで楽しかったけど…
後半はいつものドタバタで終了でした😂 w w‼️
1はもう一回見ても良いかもですねー😁✨💧
大木茂

大木茂の感想・評価

3.3
一番映画パロが多くて面白かったかもな
刑務所潜入からのアカデミー賞授賞式で大暴れは笑った
もっとカメオ多くても良かったけどね

回を増すごとに下品になっていくな笑

アイスホッケー場
ピンボール
ウォータースライダー
ボブスレー
ヘリコプター
スターファイター
恐竜時代
やっぱオープニングは安定感あるな
うん、オープニングはアンタッチャブルのパロディで面白かったけど、それ以降は全然面白くなかったなぁ。

Great balls of fireが流れるのは最高だったけど。

というわけで、個人的には、観るなら2だけがオススメです!
定年後のおバカ刑事ドレビン🔫、尚もテロリストに仕事の依頼を受けたと噂される爆弾男の捜査を古巣の捜査班から頼まれ🙇‍♂・・・


とうとうシリーズ完走してしまった...。
安定の奇想天外ボケ倒し!🤣
この道具をふんだんに使った手の込んだ笑いが相変わらず素晴らしい!
でも、ちょっと耐性ができてしまってる自分が居る...。

タニヤの勤める病院へ潜入!→たんまり××出しただけ
ロッコの収監先に潜入!→脱獄珍道中しただけ
刑事とは何か?捜査とは?🤔笑

シリーズ全作面白かった。コメディ映画界の至宝!✨

2022.8.22
Fisherman

Fishermanの感想・評価

3.1
3作目の終わり方がアカデミー受賞式と言うのも2作目以降が映画のパロディに変化した落とし所として👍
でも、1作目の実在の人物をコケにしたシーンが一番印象に残っている。
やっぱりアメリカのコメディよりイギリスのボケの方が好きかな。「ボケる」映画の元祖はピンク・パンサーなのか、雰囲気は裸の銃シリーズと似てる気がするし、共に警部で捜査をすると言うところは同じでも裸の銃はとにかく過去の映画をパロってるところ。
真面目?に捜査すると言う点ではジョニー・イングリッシュがピンク・パンサーと似てる。どれも好きなシリーズだったがこれで見納め。
そう言えば、日本にも植木等さんの無責任男があるなぁ。見たことないんで見ようかな。
wakana

wakanaの感想・評価

4.0
NAKED GUN 33 1/3 THE FINAL INSULT
ハリー

ハリーの感想・評価

3.5
三作目はさすがにネタ切れかな。
ギャグシーンもクエスチョンな所多かった。

地味かもしれないが、刑務所で棒高跳びをしてる奴が気になった。あれ、脱獄成功やんかwww
所でレスリーニールセンって昔から白髪だけど何歳だったのこの頃?
元気な初老だな!
シリーズ最終作はもはや開き直りしたようにパロディの連打(笑)

「アンタッチャブル」から始まり、「逃亡者」や「大脱走」などを経て最後にはアカデミー賞までも笑いのネタ扱い。

ドレビンは引退して家庭人へと変身。だが生来の悪人殺しが出来ず、うずうずしてたため刑事へ復職。

今作には敵にフレッド・ウォードが登場というのが個人的にニヤリなキャスティング。

他にもオープニングには何とパトカーが「スター・ウォーズ」のラストを再現!そして「ジュラシック・パーク」でthe END(笑)

おまけとしてウォーリーを探せが有りますのでぜひ発見を。
といっても簡単ですけど(笑)
最後寝てて観れなかったけど、最初のシーンだけ好きすぎて3回みた
2日間でこういうコメディたくさん観れてしあわせ〜
>|

あなたにおすすめの記事