またまたあぶない刑事の作品情報・感想・評価・動画配信

またまたあぶない刑事1988年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

3.4

「またまたあぶない刑事」に投稿された感想・評価

maco

macoの感想・評価

-
いつもの面々の楽しいかけあい、ダンディーなかっこよさ、劇場版らしい派手な立ちまわりのバランスがよく、楽しく観られる。
kuroko

kurokoの感想・評価

-
カッコいいけどチャラい!

地に足ついてない感が見どころのひとつなんですけどね。若かりし頃の私は気づいてなかったけど下ネタ結構あったのね。。。

80年代のゴッツイ車の方が好きなので見ていて楽しい♪

2019-111
りえ

りえの感想・評価

3.0
俳優さん、みんな若いわ~
宮崎美子も!かわいこちゃんとして出てた!透くん、女紹介する、に釣られ過ぎ。浅野温子もそうやけど、みんなの関係性がとても好き。それにしても犯人すぐに銃殺しすぎでしょ(笑)。
若い人が「あぶない刑事」を観た感想で多いのが「バブルですねえ」という言葉。「バブル」は時代を表すのに便利ワード過ぎて、この言葉で思考停止してしまうので、もうちょっと踏み込んで考えて欲しいとおっさんは考えたりしてるわけです。

でも、久しぶりにこの映画みて「バブルですねえ」というのが、おっさんの感想。

あぶない刑事の魅力のひとつは、ハードボイルドとジョークの絶妙なバランス。硬と軟。緊張と緩和なのです。だけど今回はジョークの範囲を超えて、もはや「お笑い」となっています。

第1作目のドラマのファンとしては、やっぱりコメディっっぽいほうが人気あるからこうなってるのかなーって考えてたのですが、2019年の時点でこれを観ると、これはやっぱり当時の浮かれた空気の反映に思えます。

それでも鷹山と大下が一億円で買収されそうになる下りはやりすぎ。時代の空気があるとはいえ、一線を越えてしまっているので自分としてはシリーズ中では好きではない一作です。

この後しばらくは「浮かれた空気」があぶない刑事という作品のカラーとなっていきます。その後は「さらばあぶない刑事」でのハードボイルド路線への回帰などへとつながっていくわけですが、その背景にはバブル景気とその崩壊という時代があったということなのでしょう。
ひたすら懐かしい、ダンディー鷹山とセクシー大下。脇を固める中条静夫、仲村トオル、浅野温子らの存在も大きい。昭和末期、バブル時代のドラマをバディものの基準にしてしまうと、平成の作品が物足りなくなってしまう。困ったもんだ。
鑑賞回数:2
物語:★★★☆☆ 3.5
配役:★★★★☆ 4.0
演出:★★★★☆ 4.0
映像:★★★☆☆ 3.5
音楽:★★★★☆ 4.0
再見:★★★☆☆ 3.0

「君も一度歯向かってみるべきだな その楽しさが分かる」

あぶ刑事映画2作目
1作目からアクションも笑いも驚くほどパワーアップ
次から次へと見せ場と名言が押し寄せるので全く退屈しない
「刑事 走り」と検索すれば 真っ先に、そして大量に出て来る、全ての刑事ドラマ 全刑事を代表する伝説のユージ走りも たっぷりと拝める
勿論タカのショットガン&バイクもあり
令状なしを公言したり買収されたりと内容は問題だらけだが面白い
物語自体も悪くなし
次から次に署員が起こす問題に課長が可哀想になるが、そこがまた愛おしいから困りもの

「知らねぇようだなぁ オレ達が動いて解けなかったヤマはねぇんだぞ」
劇場版『あぶない刑事』の第2作。
キャッチコピーは “ヨコハマの凶器” “今度の獲物もしまつする” 等。
夏のあぶ刑事で、タカ(舘) のスリーピース着用はないが、彼のお決まりであるタブカラー&ダブルカフス、ネクタイの小剣 ( 結んだ際、後ろにくる剣先 ) を “少し長め” にするあのスタイルは顕在。
第1作のレビューでも触れたが「誇りの報酬」でニコルを着こなす中村雅俊と「あぶない刑事」でテットオムを着こなす舘ひろしのスーツ姿は、放送当時10代だった私の服飾への憧れであり、20代になりスーツを仕立てる際の手本だった。
同年はテレビシリーズの続編「もっとあぶない刑事」も始まり、さらに劇場版の第3作『もっともあぶない刑事』が製作されるなど、人気はまだまだ続く。

32 81 2016
劇場版あぶない刑事の第二弾!
古き良き時代横浜が舞台です!
国家絡みの爆弾事件の阻止。物語は単調ですが、舘ひろしがバイクにまたがり、ショットガンをぶっ放すかっこいいシーンがひとつでも有れば、あぶ刑事ファンはそれだけで満足です!
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
表向きは実業家、その裏で拳銃や麻薬の密売・売春などを仕切る犯罪の元締め長峰(伊武雅刀)の周りで起こる殺人事件を追うタカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)。そんな折、ある幼稚園のスクールバスが園児40人を乗せたままジャックされる事件がおこる。その周辺に出没する謎の美人ジャーナリスト……。捜査から外され、くさるタカとユージは、ある考えに辿り着く。そして一見関係なさそうな二つの事件は、意外にも一つに繋がって……。 
映画版「あぶない刑事」第2作。
舘ひろしがバイクで疾走しながらショットガン乱射したりなどアクションシーン、政界とつながる巨悪と戦うタカ&ユージのプライド、軽快なアクションコメディ映画。
YOSHIEMON

YOSHIEMONの感想・評価

3.3
[過去視聴]
日本最後のアクション刑事ドラマ❗️
「GET DOWN」と共に走るユージがとにかくカッコいい😭

永遠に憧れるお二人‼️
>|