プラネタリウムの作品情報・感想・評価

プラネタリウム2016年製作の映画)

Planetarium

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:108分

3.1

あらすじ

1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人心霊術師のローラとケイトのバロウズ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しよ…

1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人心霊術師のローラとケイトのバロウズ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす――。

「プラネタリウム」に投稿された感想・評価

二人の心情は明確には表現されておらず、観客に委ねられる部分が大きいため、想像力を働かせることが苦手な人にはお勧めできない。映像&女優二人の美しさには見入ることができる映画
主役の2人の美しさときたら😍❤️美しいシーンが多かった〜✨儚く切ないって感じだった。ラストシーンが良かったかな。心に残る美しいシーンは多かったけど、なかなかストーリーには入り込むのは難しかった〜!
YUKI

YUKIの感想・評価

3.3
ナタリーポートマンとリリーローズデップの美しい顔を拝むためだけに!美しさがスコアのバロメーター超えてた。リリーは未発達の華奢さと母方譲りの独特な笑った時の口元から、毎回笑うたびに何か不穏なものを感じたけれど、もうなんか美しさが理解の限度を超えて逆にファンタジーかこれ?フィクション?みたいなよく分からない感じになった。
佐藤

佐藤の感想・評価

2.5
地元の映画館の特別上映枠にて鑑賞。

こっちで上映してもらえないとばかり思ってたので見れて嬉しかったです😊

プラネタリウムはタイトル、パッケージ、キャストに惹かれて都内での公開当時からチェックしてました。

実力派女優ナタリー・ポートマンとジョニー・デップの娘リリー=ローズ・デップが演じる姉妹役はとても美しくこんな姉妹実在したらそこらじゅうの人が注目しないはずない(笑)


物語の設定はいたってシンプルではあったものの、ストーリー展開がなかなか難解でいくつかレビューを読んでみて考察しようにも疑問を抱いたまま物語が終わってしまった人も多かったみたいです。私もその一人、モヤっとしたまま気づいたらエンドロールでした。


どの時代の女性を演じても、強い心を持ち負けずに困難に立ち向かう役が適役といっても良いほどナタリー・ポートマンの演技力には観ていて圧倒させられました。
「ブラックスワン」や「ジャッキー」「ダージリン急行」「ジェーン」も観てみたいところ!

期待の新星リリー=ローズ・デップちゃんは、自然な演技で見る側を魅了してくる、そんな風に印象を受けました。お父さんとの共演作「コンビニ・ウォーズ」も気になる🤔
今年は少し彼女にライトを当てて注目してみようかな。
あやか

あやかの感想・評価

2.5
映画とか写真が発明されて間もない頃に、その「最新の」技術で超常現象をとらえようとした動きとの関連があるのかもしれないけど、何が言いたいのかわからない映画だった。でもナタリーポートマンはきれいで魅力的だった。
静謐で美しいけど、残酷で生々しい作品。
こうゆう時代性を丁寧に描いた作品を観ると、背景をもっと理解できたらもっと楽しめるんだろうなと思う。姉妹もコルベンもモデルがいるみたいだけど、どちらも知らない。
予備知識がなくても、姉妹の対比が魅力的で惹き込まれた。
打算的で虚勢を張る姉と、天真爛漫で超越的な、リリー=ローズの地が出ているのかどこかがさつな妹。特に、ナタリーの演技には凄みみたいなのを感じた。
役者の表情の切り取り方や、音楽の使い方が独特で印象的。同監督の作品をもっと観てみたい。
法廷でコルベンが取り乱すシーンが苦しかった。
yomo

yomoの感想・評価

5.0
まず、観た環境がサイコーだった。忘れたくないから書きます。ほぼ満席の映画館なんて久しぶり。観終わった時に気付いたけれど、お客さんは大人ばかりでひとりの人が多かった。公開初日の土曜日にフランス映画を観に来た大人達は、落ち着いた雰囲気のなかでときたま静かに笑って、そうして颯爽と帰って行ったなあ。なにかの乗り物にみんなで搭乗しているみたいだった。
そりゃそうなんだけど、フランスとアメリカ!って感じの作品。マジックインムーンライトを先に観ておいて良かったと思った。姉妹の美しさとその服に惚れ惚れした。いちばん最初に「お楽しみください」と囁いていたの、かっこよくて笑ってしまった。「どのみち私はこんな世界信じていない」というエヴァの台詞。みんな疑っていた。良い映画でした。
美しすぎて夢の中にいるような。不穏、不安、真実、描写、現象、狂気。
みんながわからないって書いてるから難しいのかな〜と思ってたらそうでもなかった。構えすぎたな。
まぁ察して映画であることは間違いないけど。
むしろ見た目が可愛い〜って意見にはいまいち同意できない。
ナタリー&リロデップは確かに可愛いけど、服装とか舞台美術は同じ降霊術映画でもマジックインムーンライトのほうが洗練されてるよな〜まぁ資金力の違いか…。
でもタイトルの入りはとても良かった。

個人的には「スタンド使いは惹かれ合う」というキーワードを思い出したけど多分間違った見方だろうな。
結局何が言いたいかよくわかんなかったけど、凡人は現実を見て頑張りましょうって話だと解釈しました。これも多分違う。
しかしフランス人が○○○人をチクるってのは初めて知った。スパイがいたの?敵国なのに?あとで調べよう。

そういや「もしかしたら○○○でしょう」って字幕に納得いかなかったんだけど、今って「もしかしたら」の結びは「かもしれない」でなくても良いの?
あとわからなかったこと①ワルシャワ云々の台詞 ②ローラが南仏で見せられたフィルム は誰か正解を教えて下さい。
逆にわかったのは、フランス人はやっぱりデカいってことでした。おわり
ねこ

ねこの感想・評価

2.5
んー。。
可もなく不可もなく
と言いたいところだが、おっさん気持ち悪いと思い始めてからは、おっさん気持ち映画認定した。
>|