プラネタリウムの作品情報・感想・評価

プラネタリウム2016年製作の映画)

Planetarium

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:108分

3.1

あらすじ

1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人心霊術師のローラとケイトのバロウズ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しよ…

1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人心霊術師のローラとケイトのバロウズ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす――。

「プラネタリウム」に投稿された感想・評価

Anna

Annaの感想・評価

2.5
試写会に招待頂きました。
SWからナタリー・ポートマンが一番好きな女優さんです。最近気になっていたリリー・ローズと共演とのことで、とても楽しみにしていました。

内容も雰囲気もフランス映画とアメリカ映画が混ざった映画。
監督は女性の方のようで、観終わってからなるほど確かに…と。
正直、ナタリー・ポートマンの美しさでこの映画を観ていられました。内気で不思議ちゃん役のリリー・ローズも可愛らしかったですが…出演には全然物足りなかったです。
ストーリーは退屈です。
ぴー

ぴーの感想・評価

-
星がキラキラできれいでした✨
ぶんず

ぶんずの感想・評価

4.0
ポスターなどの写真で想像するものと映像とでは受ける印象がまるで違う。
画面に美人姉妹が映し出されるだけでとても華やかだし、戦前のお洒落なファッションもとても魅力的で言う事なし♡
だけど、ストーリーは人生の光と影の生々しさが出ていて切なさで重く感じたな。見えるもの見えないもの、それを信じることとその真実。複雑に絡まって歪んでいく…。複雑で考える作品でした。
観終わった後にタイトルの「プラネタリウム」が指し示す意味について考えると、作品の捉え方によっては幾重にも重ね合わすことができる。個人的には好きな作品。
.
ナタリー・ポートマンがとにかく美しい✨感情の表現力と外見の美しさで圧倒される。リリー=ローズ・デップも「ザ・ダンサー」の時も思ったけど、すごく惹きつけられ魅了される子…。注目度高いわ♡
本作のポスターやチラシから受けるお洒落な印象からガーリーな映画かなと思ってしまうが、実際に観ると中身はかなり違う。
ナタリー・ポートマンと、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディを両親に持つリリー=ローズ・デップが性格の異なる美人姉妹を演じ、劇中で夫々当時のファッションを美しく着こなしていて目の保養になるが、本作のモチーフがスピリチュアルという見えない世界ということもあって、作品そのものが捉え辛いものになっている。
ストーリー自体は難解ではないのだが、実在したスピチュアリストのフォックス三姉妹と、同じく実在したフランスの伝説の映画プロデューサー、ベルナール・ナタンをモデルにして、本来結び付きのない人物達を物語の主要人物としたことによって話が膨らみ過ぎてしまったと思う。
1930年代後半の第二次世界大戦前の時代を舞台に、アメリカから降霊術ショーのツアーでパリを訪れたローラとケイトの姉妹が、大手映画会社のプロデューサーのコルベンと出会ったことによる波乱万丈な日々を描く本作は、その展開の中で姉妹の絆や葛藤、コルベンと彼女らの関係、人々に共同幻想を起こさせる降霊術と映画の共通性、第二次世界大戦勃発前の時代の空気、これら映画に取り込まれた要素の中で何を一番に描きたいのか、余りにも作品が総花的過ぎて見えてこない。
そして押しなべて作品のテンポが単調でメリハリがなく、途中で寝てしまったという観客の声も聞いた。
キャストも題材も決して魅力不足ではないだけに、内容を整理してポイントを絞った方が良いように感じた。
ナタリー・ポートマンは、本当に綺麗な人だなぁと思った。
化粧映えもするし、
キャリアウーマン風のスタイルでも凄く綺麗だった。
リリー・ローズちゃんは妖精みたいだった。

ストーリーは全く面白くないので、
2人の美しさの鑑賞をしたい方にはオススメ。
nanami

nanamiの感想・評価

3.0
期待はずれ。
脈絡なさすぎて意味わからん。
ただただナタリーポートマンが美しい&服が可愛い。
ナタリーポートマン美しすぎてリリーがふわ〜っとって感じ。消されてる。
ほぼそれだけ。
きゆ

きゆの感想・評価

-
試写会にて

かなり抽象的な映画。抽象的というか説明が足りぬまま進む感じ。
ナタリー・ポートマンとリリーローズ・デップの画面が美しくずっと見てられる。
逆に出演者の顔力でもってるとも感じてしまった…

ファッションとかその時代の文化背景を見られるので、服飾好きだと楽しいです。
あとは人の生々しさも見ることができます。

時代の情勢を描いているのですが、やはり身をもって知らないと実感が少なく勿体なく感じた(自分にとって)
綺麗な画面のなか、人種、戦争などを裏で伝えてきている

感想を人に伝えづらい…ポスターの感じとは全く違った感覚を覚えたので、キラキラ女子を求めて見ると違うなあと思うかもしれない。
女性が撮っているし、比較的女性向けの映画だと感じた。(あんまりこういう表現はよくないけど)
私は嫌いではないです…笑
ビジュアルの勝利…
mr

mrの感想・評価

3.3
とにかく美しい、美しさでご飯何杯でもいけます、みたいな人は見た方がいいかと思います、なんだろう、無音でカフェとかでエンドレスで流してたら愛される作品のような
もう一度見たい。おとぎ話として。
michiko

michikoの感想・評価

2.0
この2人じゃなかったら最後まで見られなかったかも。
>|