プラネタリウムの作品情報・感想・評価

プラネタリウム2016年製作の映画)

Planetarium

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:108分

3.1

あらすじ

1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人心霊術師のローラとケイトのバロウズ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しよ…

1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人心霊術師のローラとケイトのバロウズ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす――。

「プラネタリウム」に投稿された感想・評価

sachy

sachyの感想・評価

2.9
ナタリポートマンとリリーローズデップを見たさに鑑賞。
フランス映画独特の生ぬるい空気感でふわふわと話が進み、結局何だったんだろう?というのが率直な感想。
衣装やセットはすごく綺麗で、雪のシーンも好きだったりはするものの、話が読めぬまま見終わってしまいました。
今年に入っていくつかフランス映画に挑戦しているものの、ハマるのはだいぶ先のようです。
hyonaism

hyonaismの感想・評価

2.5
2018.6.21/65

ナタリーポートマンとリリーローズデップ見たさで借りたら、なんじゃこりゃー!笑

意味わかんないし、ぬるい、結局なに?って感じ。

リリーもちょー微妙だった。
あられ

あられの感想・評価

3.6
吸い込まれる様にして見ていたわけなのですが、ラストで急に放り出された記憶があります。ありゃっ?となりました。あくまでも個人的な感想ですが。世界観はとても不思議だけど美しく2人が際立っていて面白い作品です。
アメリカからヨーロッパに渡り、妖しげな降霊会で稼ぐ心霊術士の姉妹❗

「ブラック・スワン」的なサスペンスかと期待したら、オイラの嫌いな仏風モヤモヤ作品

ジョニー・デップの娘もブサイク+大根でガッカリな作品

(ーー;)
sasa

sasaの感想・評価

-
うーん。衣装がすごく綺麗だったなというのが印象に残っているけれど、もう観ないかな。
Karin

Karinの感想・評価

3.9
何を伝いたいのか私にはわからなかったけど、ナタリーポートマンとリリーローズデップを見たくて見ました。
先が読めない話で面白かったです。
まつこ

まつこの感想・評価

2.8
うーん。言いたいことはわかるけど刺さらなかったなぁ。ナタポを楽しめたから個人的にはいいのかなぁ。ってこれもそういうことなのかなぁ。

事実と真実と信じたいこと。
あるのかないのか。
見え方は無限大。
Nancy

Nancyの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ナタリーポートマンとリリーローズがひたすら美しい。
ミステリーな作風と思いきや、悪い人出てこなかった。
映画監督の会いたい人って結局だれだったの…
難解で退屈するって評判だったけどそんなことは全くなかったような…フランス映画だからそういうイメージが先行しちゃうだけなのでは??
降霊術を売りにする姉妹が映画プロデューサーに目をつけられて、彼の家に住んで、姉は女優、妹は降霊術を仕事とする。映画監督は降霊術をフィルムに収めたいという野望があるのと同時に、私的な目的もある。姉は成功欲、妹は映画プロデューサーの役に立ちたいという純粋無垢な気持ちを持っている。やがて、映画プロデューサーは降霊術のフィルムに収めることに膨大なお金をつぎ込んで、周りから信頼を失いまた、ユダヤ人であることがばれて祖国に移送されてしまう。仕事一筋だった彼に夢を見させてあげたという点で姉妹は彼にとぢて家族同然の存在になったのだと思う。
ケイトはかわいそすぎた…
Lucille

Lucilleの感想・評価

3.0
精一杯のフランス語で 、natalie et lily sont tres jolieだけの感想で終わっちゃった。解釈不足かもしれないけど不発。
ペイン

ペインの感想・評価

3.7
filmarksやYahooで超絶評判が悪いのはわかった上でナタリー・ポートマンとリリー・ローズ・デップが観れるなら…

と安易な気持ちで観たらそれが思いの外悪い作品ではなかった。どうやら実際に批評家受けは良い作品みたいだ。

最近、ヨーロッパではオカルトがブームなんですかね?「パーソナル・ショッパー」もそうでしたし、「君はひとりじゃない」なんてポーランド映画もありましたよね?

世界観も良かったし、なにより全く先が読めなくて極めてオリジナルな展開をしていくので飽きずに観れました。「時計じかけのオレンジ」オマージュみたいなシーンもあってちょっとアガった。人間とはかくも惑わされやすい生き物なのか。

ただまぁ強く人に勧めたい作品かと言われるとそうでもないんだけれど(笑)
>|