プラネタリウムの作品情報・感想・評価

プラネタリウム2016年製作の映画)

Planetarium

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:108分

3.1

あらすじ

1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人心霊術師のローラとケイトのバロウズ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しよ…

1930年代、パリが最も華やかだったとき。アメリカ人心霊術師のローラとケイトのバロウズ姉妹は、憧れのパリへと向かう。美しく聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、好奇心旺盛で純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。ショーでは死者を呼び寄せる降霊術を披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、世界初の心霊映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす――。

「プラネタリウム」に投稿された感想・評価

「"ハイズヴィル事件"で有名な19世紀のアメリカ人スピリチュアリスト、フォックス三姉妹から着想を得たであろう物語に、ヒッチコックの『めまい』的要素を盛り込み、華麗すぎるナタポー&リリーの美麗さも付加され、大好物な一品だった。映画はそこに存在をしていない、という意味において"心霊"を映しているものであり、ゆえに映画を存在させるために我々は"降霊"を試みる。ナタポー&リリーに惹かれて鑑賞した層がポカーン状態だというのも頷けるほどに、極めて"映画についての映画"。監督のズロトヴスキは、前二作でレア・セドゥを使ってたくさんの実験をしてきた作家なので、いよいよ女性を美しく撮る準備は整った!という勢い。今後も期待したい」
うわー、、凄い。
所詮、虚構なんだってことなんだ。
静かに狂っていく、恐ろしい映画だ。
既にもう一度見たい。
niimi

niimiの感想・評価

3.0
ナタリーの知性を感じられる映画。あの野心家らしい眼光は、彼女自身の教養によるものであろうと思います。フランス語も話すなんて素敵。赤いドレスが綺麗でした。
ナタリーポートマンという女優を堪能するには星5つ!
ストーリーははてなが3つ!笑 な映画。
感想川柳「その人が 見たいものを 見せただけ」

レンタル店でパッケージ借りでした。。φ(..)


1930年代後半、降霊術ツアーに出ていたアメリカ人姉妹ローラとケイトは、パリを訪れる。霊感が強くて死者を呼び出せるケイトはある晩、フランスの有名な映画会社のプロデューサー・アンドレと知り合う。実際に霊と遭遇した彼は姉妹の能力に心酔し、ゴースト映画を企画する…というお話。

実在した降霊術の先駆けになった「フォックス三姉妹」と映画プロデューサーの「ベルナール・ナタン」。違う地域と時代に生きた二組を組み合わせた作品みたいです。(;・∀・)

共通するのはどちらも「詐欺師」扱いされたということ。姉妹はともかくプロデューサーは悲惨だな…(;´д`)

とりあえず自分向きの作品じゃないことは間違いない。(((^_^;)ヒロイン二人は美しいし、時代背景込みの雰囲気も悪くないんだけども。

んでまず(^_^)/~~
meg

megの感想・評価

3.0
とにかく画は綺麗、、
ナタリーとリリーローズデップ配役ぴったりだったし、2人とも一目置く美人。
着てる服もレトロで可愛い〜

でもお話はあんまり面白いと思えなかった。笑

そもそもは、"映画"自体フィクション。🎞
でもそのフィクションに感動して、
涙したり、ワクワクしたり、笑ったり。
嘘を嘘とするのは結局自分自身の、判断。

あの監督が見たものは、
真実なのか、どうなのか。
それすら、
決めるのはこの映画を見ている観客次第。

真実、嘘。
明るい、暗い。
光、影。
見える、見えない。
やりたい、やりたくない。
の二面性。

「なんか、よく分かんない」に
逃げたくなるような映画だー…。
🤗エンタメなストーリー、ではないかなーっ。

ありがとうございました!
Ene

Eneの感想・評価

3.3
ただただナタポーとリリーが可愛い映画。芸術フィルムって感じ。
2人共顔面が美の凶器レベル。
カイ

カイの感想・評価

3.8
レビュー見てからだったから、普通にストーリーも面白いじゃん!!って思った。
しかも、ナタリーポートマンもリリーローズデップもとんでもなく綺麗でずっと見てられる笑
おなつ

おなつの感想・評価

3.5
あんめり評価良くないけど、フランスかぶれのあたしにとっては素晴らしい映画でした。
よく分からなかったけど絵が綺麗だと飽きることなく見れる
美人すぎておんなじ人間なのか怪しい
>|