クリミナル・ロウの作品情報・感想・評価

「クリミナル・ロウ」に投稿された感想・評価

ストーリーはいまいちだったけど、ゲイリー・オールドマンとケビン・ベーコン2人が適役。ハマってる。
すず

すずの感想・評価

3.6
自らが無罪放免にしたサイコキラーに追い詰められる弁護士のお話!

最近なかなか映画鑑賞出来ず、今までどうやってレビュー書いてたか思い出せない(´•ω•`)
拙い文章になるかと思いますが、どうかお許しを…笑

何よりも勝ちにこだわるプライドが高い弁護士ベン。
殺人容疑がかけられたマーティンを弁護し、見事無罪を勝ち取ったのだが、再び同じ手口の殺人が起きる。
そしてベン自身もその遺体を見てしまう。
とんでもない男を無罪にしてしまった!と気付いたベン。
再びマーティンからの弁護の依頼を引き受けるのだが、それにはベンの策略が隠されていた…

もうちょっとミステリー要素が欲しかったなぁ(´•ω•`)
だけど、マーティンの気味の悪さとかベンの狂った感じに鳥肌!
スカッシュしてるゲイリー・オールドマンがものすんごく狂ってて気持ち悪いの!
褒めてますよ!笑
マーティンの心の闇がなかなか深くて、そういうのも見ててゾッとするポイント!
ラストがあっさりしすぎてて、あれ?ってなった(´•ω•`)
「法は正義が落とす影だ。常に暗い。正義とつながってはいるが正義そのものには手が届かん。」この前から続く長台詞のシーンが良かった。

ゲイリー・オールドマン、ケヴィン・ベーコン
若かったー。
てつ

てつの感想・評価

1.5
ゲイリーオールドマン、ケヴィンベーコン主演のサスペンス

何と言っても二人とも若い!
1989年の作品ですからね~
役者デビューして、ある程度有名になって間もないって感じの二人でした。

ゲイリーは犯人と分かっていても、何故か告発せず、犯人の弁護に回る苦悩の弁護士ベンチェイス役。
ケヴィンは、レイプしてその後殺害し、おまけにガスバーナーで焼くというなかなかなサイコ野郎。
でも、若手有望株のケヴィンベーコンに、そういう描写をさせる訳にもいかなかったのか、レイプ云々という描写は皆無です。残念!

そう、二人ともその後の作品で、結構キワ者を演じるのですが、この作品では、おとなしいという印象。
個人的には少し物足りなさを感じましたが、これはそういう作品ではなかったという事ですね。

法廷ドラマは最初だけで、その後は犯人のマーティン(ケヴィンベーコン)とベン(ゲイリーオールドマン)とのやり取りがあっての、結末へという感じ。

この二人だと面白そうに思えますが、二人の魅力があまり映し出されておらず、残念な作品になってます。
お二人のファンの方には、充分堪能出来る作品ですよ~
1度猟奇殺人鬼を無罪にしてしまった弁護士が、自分の過ちを正すために奮闘する話

テーマとしては好みだけど、ぐさっとくるオチや話のひねりがなくてイマイチだった
はじめは悪人も弁護せんといけんっていう弁護士の苦悩とかが面白かったけど、最後にかけてだんだん登場人物の心情がよくわからなくなっていった…

銃を構えてこっちを睨みつけるゲイリーが良かったな〜〜
猟奇殺人の容疑者ケビン・ベーコン(残当)。弁護するはゲイリー・オールドマン。始まった瞬間からオチまで見透かす流れで、それなら冷静なベーコンに弁護士という知的ポジなオールドマンのクールな対峙っぷりを楽しもう!と思ったら二人とも感情(と性欲)剥き出しで突っ走っとったわwラストも唐突に訪れた。今で言うとキャリー・マリガンやミシェル・ウィリアムズタイプの女優カレン・ヤングがヒロイン。どっかで見たと思ったら『デイライト』の人か。確かに居たわ。
Pernettya

Pernettyaの感想・評価

3.2
若き日のゲイリー・オールドマンとケヴィン・ベーコン、ハンサムでした。
馬子

馬子の感想・評価

2.8
サイコパスな若造ケヴィン ベーコン
に釣られて見たけど…面白くねーw

あらすじから分かるストーリーにオチも弱い
サイコパスを無罪にしてしまった敏腕弁護士の戦い。
ラストの持っていき方が違ったら、また全然評価変わる作品なんだろうなぁ~
ジャスティス!Σ(ノд<)

ドレッド「俺が法だっ!」

オールドマン「私が弁護士です‼️💪

こんがり・ベーコン「あれ?…私が…容疑者⁉(^○^)あはは‼(;つД`)なんだよ〰️。ずるいよ〰️。
>|