真実の行方の作品情報・感想・評価・動画配信

真実の行方1996年製作の映画)

Primal Fear

上映日:1996年11月02日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

配給:

3.9

あらすじ

みんなの反応
  • エドワード・ノートンの存在感がすごい
  • 緻密な伏線や徹底された脚本は必要ない
  • エドワード・ノートンの演技力に脱帽
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『真実の行方』に投稿された感想・評価

3.9
31,559件のレビュー
you1

you1の感想・評価

4.0

エドワード•ノートンたまらんな。

なんだあの芝居は。
弱々しいアーロンから、あんなに変貌したいかにもやばそうなロイに変わる瞬間。
目つきがやべえ、、、

ストーリー自体も面白いし、オチは何個か予想…

>>続きを読む
ティモ

ティモの感想・評価

3.7
首。

エドワード・ノートンを見に来てください
それに限る。

どんでん返し!?って感じかな
a

aの感想・評価

3.7
仕事で良心を汚さないように検事を辞めたにも関わらず、この結果は皮肉だ。
ピ

ピの感想・評価

4.0
エドワードノートン、凄まじいな。一瞬でも同情して可哀想って思っちゃったのが悔しいよー!でも面白すぎたから大満足ですよー!
ジョン

ジョンの感想・評価

3.7
まあまあ面白かった。まあまあ予想はできたので、最後は別に驚かなかった。エドワードノートンがよかった。

大司教殺人事件の容疑者となったアーロンという青年。
その事件の弁護士となった主人公。
無罪を主張する青年だが主人公が事件の真相を追う中で真実が明らかになる法廷サスペンス映画。

本当に傑作でした!

>>続きを読む
みんなキャラが立ってた
ストーリーとしても面白い
やっぱエドワードノートンいいなあ
kemnpas

kemnpasの感想・評価

3.5
どんでん返しって聞いてたけど、オチが予想出来ちゃったなぁ😅

でも面白かったし、エドワード・ノートンが可愛かったからおっけーw
レビューを見てから見てしまったけど初めて映画でドキドキしました。
少しの間余韻に浸ってました。。
ム

ムの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

どんでん返しすぎる…えええそんなことある??二重人格に騙されてたってことか
おすすめしてくれた人ありがとうございます!
>|

あなたにおすすめの記事