ランダム・ハーツの作品情報・感想・評価

「ランダム・ハーツ」に投稿された感想・評価

otyobo

otyoboの感想・評価

3.9
大人同士の、じっくりお互いを確かめながらの恋の映画でした。
きっかけは、悲しい出来事ですがこんな展開ならいいかなと思える。
koya

koyaの感想・評価

4.0
渋い大人の映画です。

1999年の映画で、主演のハリソン・フォード、1942年生まれだからこの時、57歳。あらまー、そりゃ渋くなりますよね。

もともと『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役でブレイクしたのが35歳の時だから、大器晩成型というか遅咲きな人だったんだ。

なんかスター街道まっしぐらなイメージありましたけどね。

ワシントンの刑事、ダッチ(ハリソン・フォード)の妻が飛行機事故で亡くなる。

その時、隣の席に座っていた男というのが、ケイ(クリスティン・スコット・トーマス)の夫。

ダッチもケイも配偶者が浮気してた、なんて全く気付いていなかったのに・・・ケイは、政治家一族の娘で、下院議員。

議員の夫が不倫していて、不倫相手と事故死したら・・・なんてスキャンダルはケイの政治家生命を絶つことになる。

この映画は、ずっと大人のもやもやがつきまとっているんですね。

ダッチは、警部補になれず今までずっと来ている。

ケイは周りのスタッフが作り上げる「理想的なアメリカの家族」を演じなければいけない。

背負うものが、特にケイは大きすぎる。

ただ、2人はヒステリックにならず、感情を押し殺したような雰囲気がずっと続いて、私はそれがよかったけどなぁ。

その分、スッキリハキハキとは気持ちが伝わらないから、せっかちな人には合わないかも。

ハリソン・フォードが左耳にピアスしてて、ちょっとびっくりだけど、57歳でこの役はすごいなぁ。

クリスティン・スコット・トーマスがとても政治家っぽく、ピリピリしていてそしてエリート白人そのものなんですが、いつも冷静で横顔のおでこのラインがとてもきれいで、賢そう。

ケイの陣営の一人がシドニー・ポラック監督で、監督は役者としてもうまいのね。

個人的には、飛行場でのキス・シーンはびっくり。
mkomadori

mkomadoriの感想・評価

1.0
なんやねんこの映画!

中盤からの展開で一気に萎えた。そして飛ばし飛ばし見た。なんやー。サスペンスだと思って見始めたのにそういう映画ちゃうんかー。ハリソンお似合いのティアドロップのサングラスかけてるし事件追うんちゃうんかー。

てか、不謹慎極まりないなこいつらw いくらそれぞれの配偶者に裏切られてたからってw 関係持つの早すぎワロタ。ハリソン・フォードにこんな役演じてほしくなかったな。密かにつけてるピアスも気になったし。

ともかく昼ドラでやっとれって感じの内容でした。絶対に観ない方がいい映画ナンバーワンかも。
MaRi

MaRiの感想・評価

2.0
【2019年7作品目】
妻に不倫されてた男と夫に不倫されてた女。
不倫が露呈したきっかけが双方の不倫相手が逢引するために乗った飛行機の墜落事故。
それぞれの妻、夫をいきなり事故で亡くした悲しみに加えて、追い討ちをかけるように不倫関係まで知るはめになる傷が深すぎて、同じ境遇の人間同士で癒し合うオチ。
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.7
あぁ多分ね。若い頃には同じ感想だったと思う。でもね。最近見直した時に少しわかる気もする。
大人ってそんな感じなのね。
でも大多数の賛同は得られないのよねw
何故かとか。分からないもんね。
[R_D]
ザン

ザンの感想・評価

2.8
始まりの設定は非常に興味深いものだったが、残された物同士がくっつくなんてそんな足し算のような展開は考えにくい。
MiYA

MiYAの感想・評価

2.0
恋愛映画としても中途半端、ミステリーとしても中途半端。ハリソン・フォードは粘着質のストーカーにしか見えないし、ヒロインの友人が浮気を告白するあたりはもうカオスw で、これハッピーエンドなんですか? よくわかんななぁ。とほほ。(これでもヒロインの女優さんがちょっと好みだったんで★1つおまけ)
ハリソン・フォードは「サブリナ」そして本作ともに興行的に失敗したことを受け、シドニー・ポラック監督とは2度と仕事をしないと言ったという記事を読んだ覚えがある。確かにいずれの作品も内容まで乏しい感は否めず、そう発言した気持ちは分からなくもない。

まず本作の最大の失敗点は序盤のペースが非常に鈍いことだろう。ハリソン・フォード演じる主人公の妻が墜落した飛行機に乗っていたことは観客にも明かされ明白なのにもかかわらず、実際に身元が判明しそれが間違いないことだと主人公に伝わるまでに時間を掛けすぎている。

もう1つは多くの方が指摘している通りジャンルが分からない。特にデニス・ヘイスバード演じる悪徳警官とのサスペンス的な要素がすごく弱い。

それでも完全に駄作と切り捨てられないのはクリスティン・スコット・トーマス演じるヒロインの上品さ。なぜハリソン・フォード演じる主人公を急に受け入れたのか説得力には欠けるが、彼女の存在感で辛うじて何とか作品として成立したように思う。
itch

itchの感想・評価

1.0
なんだろ...なんでこんなに気持ち悪いんだろ...
台詞もなんか陳腐というか気持ち悪い
スリリングなシーンもあるのだけれど終始退屈で...
だから最後まで観ても全然こっちには染み渡ってこない
ハリソン・フォードのピアスもなんか気持ち悪い
gorgo21

gorgo21の感想・評価

2.1
サスペンスなのか恋愛物なのか最後まで中途半端。子連れ未亡人にひたすら謎猛アタックを仕掛けるハリソンフォードを眺める映画。
>|