足ながおじさんの作品情報・感想・評価

「足ながおじさん」に投稿された感想・評価

Kir

Kirの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

孤児院の女の子を助成する話。

映画界最強の芸達者ハゲ、アステア様🕺出演作。

編集していないだろうし、どの作品も完璧に歌って踊ってくるから凄い人だよ、本当。ナルぶりが嫌いだけど。忍足ステップ教えてください。

二人のダンスがフィギュアスケートみたいで良かった。というかこちらが元祖なんだろうな。色彩も拘ってそうで良い。

話はそのままで、無駄に長い上につまらないかな。アステアが前面に出てこない分は好印象だったし、出演作では一番展開がしっかりしていたと思う。確かに足は長いんだけど、背が低いのが気になるが。

アステア様ファン向けの映画です。
inada

inadaの感想・評価

-
原作とは大分違う気がするけどこれはこれでよかった
倫理観のある大人がちゃんといて安心した
ダンスみんなうまーい
riko

rikoの感想・評価

3.5
話は特に面白いわけではないけど、
カラフルな街のセットでのダンスシーンが素敵。
tomoka

tomokaの感想・評価

3.4
フレッドアステア主演ミュージカル!
相手役は「巴里のアメリカ人」のレスリー・キャロン。
アステアのダンスはもちろん、彼女のバレエダンスが優雅で印象的。
セットもカラフルで可愛い。(パリアメのオマージュ?)
多々ツッコミどころはあるけど、パフォーマンスが良かったので満足!
金柑

金柑の感想・評価

3.2
あしながおじさん、世界名作集みたいな本で読んだことはあるんだけど、ミュージカル映画にする必要あったんかいなという感じはした。
英語だとDaddy Long LegsのLとGが連続でくる感じがなんか面白い音だなって思った というメモ

アステア氏、ドラムも叩けるんですか…

恒例の終盤で夢のダンスワールドが広がるやつ、美術は好きなんだけど今回はなかなかによく分からなかった、wiki見たら評判悪めとは書いてあったけど、振付がローランプティなの………無駄遣いでは………
レスリーキャロンってまだご存命なのね。普通のダンスはともかくバレエになると上半身の表現力どこ行ったの?と思ってしまう。腕とか肩とかヤバくない…、?

裏窓のステラが大好きだったので今回も良い役どころで好きでした。メインカップルの成立と同時に部下同士がいい感じになるやつ、定番だけど好き。
あしながおじさんといえばハウス食品の提供。
踊ってねーで話進めろと思ってしまうね。
hrt2308

hrt2308の感想・評価

-
有名な原作小説をミュージカルに仕立てた作品。やっぱりフレッド・アステアとレスリー・キャロンのための作品と言える。それぞれが単独あるいは二人で踊るシーンはうっとりしたり圧倒されたり。

バレエ出身のL・キャロンを生かした華やかなセットや振付。それに合わせたようにエレガントに時にコミカルに変幻自在に踊るF・アステアを見られるだけでも貴重だ。

作品全体からアメリカ(映画)の前向きな余裕が感じられる。
Brio

Brioの感想・評価

3.2
うーん、アステア作品にしてはちょっと弱いかな。

レスリーキャロンのキャスティングもはまり役とは言い難いし、及第点は取れているものの完成度は決して高くない。
むしろ脇役の方が頑張っている印象で、ビッグタイトルとしては消化不足。
Mana

Manaの感想・評価

3.0
原作をちゃんと読んだことがないけど、なんとなく現代版に変えてるのかな?
あしながおじさん側の視点にしたのは多分正解。ジュリーの視点から見ていたら、歳の差恋愛が余計に受け付け難かったと思う。
まつこ

まつこの感想・評価

3.2
アステア版足ながおじさん。

パイプ咥えてドラムを叩くアステア師匠にニヤニヤが止まらない!ただ「パリの恋人」や「絹の靴下」と作られたのがそんなに変わらない筈なのにキレが弱いと言うか…いつもより感動が薄い。レスリーキャロンとのテンションが明らかに違うのよね。だからか二人のダンスもチグハグして見えた。奥さんの闘病で降板も考えたという話もあるしな…いつものような底抜けの明るさとエレガントさが足りない。話が進むにつれて少しモヤモヤ。彼女のダンスはキレキレなんだけど求めているものとは違ったんだよなー。たぶんアステア師匠が足りなかったんだと思う。
>|