BUNGO ささやかな欲望の作品情報・感想・評価

「BUNGO ささやかな欲望」に投稿された感想・評価

文学作品を基礎にした短編集

「鮨」は全然面白くなかったけど、橋本愛のファッションがよくて最高だった。

「握った手」も特段面白くなかったけど、黒木華を初めて可愛いと思った。

「幸福の彼方」はまあまあ面白かったし、波瑠がとてつもなくキュートだった。


主題歌が素人が作って素人が歌ったレベルの曲。
akane

akaneの感想・評価

3.5
「告白する紳士たち」を鑑賞。

どれも繊細なお話。
美味しい和食を食べた感じ。

幸福の彼方が好きだった。
メモ

鮨 すし
透き通ってる

握った手
青春わ楽しもうという悪人
人生を割り切ってる
女優さん二人の色

幸福の彼方
一番好きだった◎
ザン

ザンの感想・評価

3.2
文学作品を多少アダプトしているのはいかがなものかと思う。谷村美月に昭和はフィットするが、人妻って感じではないな。
miyon

miyonの感想・評価

2.5
映画っていうより短編ドラマ集みたいだった。悪くないけど、期待したほどでもなかった。
Fuuu

Fuuuの感想・評価

5.0
「見つめられる淑女たち」編を観た。
宮沢賢治「注文の多い料理店」・・・石原さとみが可愛い過ぎる。
三浦哲郎「乳房」・・・水崎綾女が可愛いい。
永井荷風「人妻」・・・うむ。

小説をアレンジして描かれている。
「昭和」、68年前を綺麗に描いている。ホッとする作品。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

2.5
『注文の多い料理店/宮沢賢治』『乳房/三浦哲郎』『人妻/永井荷風』『鮨/岡本かの子』『握った手/坂口安吾』『幸福の彼方/林芙美子』―胸が膨らんでくる少年、極度に偏食な少年、獣のような手になってしまった男…など。昔の文学作品はどこか戦争の不安やストレスが何か象徴的な形で描かれているようなものが多い気がする。音楽ともに眠たくなる。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

2.5
「注文の多い料理店」は原作とかなり違い、ポップな印象をうけた。それ以外は原作を知らず、機会があれば読んでみようと思う。特に『握った手』の内容を把握できなかったなー
やまと

やまとの感想・評価

3.0
2016年6月9日
【BUNGO~ささやかな欲望~】
昔の風景綺麗で雰囲気もよさげ。
いまだからこそ面白味があるのかも。特に大きな展開もなくさわやかな時の流れ。風上ある映像だった
リリーフランキーはやっぱりすごい
日本の文豪作品をそれぞれ別の監督・脚本で撮ったオムニバス映画。これまで、そのどの監督も素敵な作品を作られた方々だから観てみたくて鑑賞。昭和の文学が昭和の日本の品の良さも含めて映像化されていて穏やかな気持ちになった。
>|