TOKYO CITY GIRLの作品情報・感想・評価

TOKYO CITY GIRL2015年製作の映画)

上映日:2015年09月05日

製作国:

上映時間:100分

3.3

あらすじ

EPISODE1:「なんの意味もない」(女優:青山美郷×監督:原廣利) 小島よしおのギャグ「なんの意味もない!」の本質に迫る!父と娘の物語。 EPISODE2:「キッスで殺して」(女優:遠谷比芽子×監督:山口健人) 女殺し屋の芽衣子とニートのヒモ男との、モノクロームの恋物語。 EPISODE3:「HOPE」(女優:比嘉梨乃×監督:山田智和) エイズ検査を軸に、ある一人の少女の…

EPISODE1:「なんの意味もない」(女優:青山美郷×監督:原廣利) 小島よしおのギャグ「なんの意味もない!」の本質に迫る!父と娘の物語。 EPISODE2:「キッスで殺して」(女優:遠谷比芽子×監督:山口健人) 女殺し屋の芽衣子とニートのヒモ男との、モノクロームの恋物語。 EPISODE3:「HOPE」(女優:比嘉梨乃×監督:山田智和) エイズ検査を軸に、ある一人の少女の1日を追った衝撃の物語。 EPISODE4:「17歳、夏」(女優:田中美晴×監督:藤井道人) 青春まっただ中、17歳の恋愛模様をリアルに描く。 EPISODE5:「EAST END」(女優:三浦萌×監督:志真健太郎) 若いカップルの間に立ちふさがる「家庭環境の違い」。ヒリヒリと痛む青春の一篇。 EPISODE6:「KOENJI夢の寿命」(女優:武田梨奈×監督:山田能龍) 半径300mで完結する毎日通し、夢の死亡率を描いた痛切な物語。

「TOKYO CITY GIRL」に投稿された感想・評価

くぅー

くぅーの感想・評価

3.5
新進気鋭の6人の監督と女優達による東京を舞台にしたオムニバス作品。

「なんの意味もない」>予想外に最もインパクトあった!
「キッスで殺して」>ちょっと中途半端。
「HOPE」>悪くはないけど。
「17歳、夏」>ナイスだったが、オチでゲロは不要。
「EAST END」>なるほど、切ない。
「KOENJI 夢の寿命」>最も東京っぽい余韻。

正直、東京らしさは薄かったが…存在感は武田梨奈が別格だった。
OGW

OGWの感想・評価

3.0
この映画いいな〜
めっちゃ好き〜

病んだ街

(田舎者)
EPISODE 5
スマホでの電話。現代の若者のオマージュと同時にお互いの部屋の様子や服装(女の子はパジャマもないくらい??)の対比がよかった。
彼氏の母親のキャラはよく掴めなかったけど、過保護なのかな?
この短時間で、カップル、弟、人に言いたくないバイト、における彼女の抱えてる悲壮感がヒシヒシ伝わってきた。
高円寺を舞台にした「夢の寿命」が傑作だった。観るものをそわそわさせる。いてもたってもいられなくする。その点で、夢や青春を正しく描いた作品。
享楽

享楽の感想・評価

2.5
6人の東京の若き女達を描いた短編映画集作品。まぁ100分÷6作品分ですから、内容はこんなもんでしょう。東京じゃなくても成立したんじゃないかな?って内容の作品が数点あり。しらっと小島よしおが出てくるのは笑える。ドランクドラゴン塚地の一人勝ち感が否めない笑。
夏

夏の感想・評価

3.8

EPISODE1 何の意味もない
EPISODE2 キッスで殺して
EPISODE3 HOPE
EPISODE4 17歳、夏
EPISODE5 EAST END
EPISODE6 KOENJI 夢の寿命

繋がってないようで
どこかで繋がっている
東京ってそんな街。


1話と6話がオススメです(^O^)
エンドロールのインタビューが素敵
Phill

Phillの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

個人的には夢が破れたからこそ響く部分が多かったです。
最後の夢の寿命の、あの夢に敗れて悶々とした悔しさとか悲しさとか押し殺すために目の前の惰性に手を伸ばして現実逃避する、あの無理やり諦めることが仕方なかったみんなそうだって言い聞かせて希望持つこと怖がって生きてる感が堪らなくリアルに思えて自分も含めてそうやって生きている人決して少なくは無いのだろうなと。
それぞれの作品が絶妙な角度から胸に響きました。
1番好きなのは先ほど書いた夢の寿命となんの意味も無いです。
面白かったわけではないかな…
まあ、こんなもんか…的な…
印象にあるのは、どんなに悲しくても、酔っ払ってる時以外は便器を抱えて泣かねーよ❗️
ちゅうことぐらいかな…(笑)
Ryou

Ryouの感想・評価

3.2
スコアは6つの話の平均点
EAST ENDとKOENJIが高評価

武田梨奈と前田公輝がとても良い
前田公輝の名セリフ
すごい心に刺さった
切身

切身の感想・評価

3.5
これから活躍が期待される可愛らしい女優さんが紡ぐオムニバス映画。

どれがいいとか悪いとかより、全ての集合体が、TOKYOというCITYに住むGIRLなわけで、1人1人の女の子にストーリーがあるから1つの映画、そして東京都、になるんですね。

夢があるようなないような、夢のようなそうでないような、大都会東京。
チャットモンチーの歌とか思い出す。
エンディングの歌も良かった。
>|