キル・リストの作品情報・感想・評価

「キル・リスト」に投稿された感想・評価

爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

3.4
元兵士の殺し屋ジェイはキエフの仕事で負った後遺症の為仕事をせず妻とも口論が絶えない。相棒のガルが見兼ねて新たな仕事に彼を連れ出すが…というストーリー。
「ハイ・ライズ」等の監督ベン・ウィートリーの初期作品です。ジャケットや粗筋からはヒットマン・サスペンス・アクションという感じですが、中身は鬼畜ホラーといった感じですね。
前半は主人公のジェイが8か月間仕事をせず、生活が困窮し苛立ちを露にする妻との口喧嘩が絶えない家庭が描かれます。とにかく冒頭から何か不穏な空気が漂ってるんですよね。何かが起きそうなじりじりとした空気が漂っています。主人公のジェイが仕事のミスで負った後遺症のせいかとにかくキレやすくてしょっちゅう喧嘩します。妻も中々に気が強くて大げんかになるんですよね。相棒であり親友でもあるガㇽと恋人を招いてのディナーでもいきなりキレて気まずい空気をもたらしますし。この前半の時点では主人公達に仕事は明らかになりません。
中盤からは怪しい依頼人から仕事を受けた主人公達が標的を殺していきますが、何故か皆笑顔で「ありがとう」と感謝してきます。二人目の司書を殺すときのハンマーを使った暴力描写は中々凄まじいです。また倉庫で主人公達が見つける恐らく少年が惨殺されるさまを映したビデオは直接描写はないですが、主人公達のリアクションでその凄惨さが伝わってきます。
終盤はカルト集団が登場して一気にホラー色強くなります。藁で出来た仮面をつけて奇声を発して撃たれても構わず向ってくるカルト集団の姿は中々不気味でイイ感じです。地下通路での戦いも絶望感漂っていていいですね。
そして迎えるラストは宗教色強くて難解ですね。序盤から伏線は貼ってありますが。かなり鬼畜で後味の悪いラストですね。猫背の時点で「もしかして…」と思いましたが。
カルト色強くて好き嫌いはっきり分かれる作品だと思いますが、途中から一気に違うジャンルにシフトチェンジするような変わった作品が好きな人なら一見の価値はあるかもしれない怪作ですね。
horaAya

horaAyaの感想・評価

3.8
冒頭から過度な説明を用いずに、観客の頭に浮かんだ予想に対する答え合わせを小出しにしていくようにグイグイと進めて行く剛腕が心地よい。カット・編集も独善的で、カット間の整合性を意識的に崩すかのような、様式からの逸脱っぷりが監督らしい。過度な感情移入なんてものはさせず、ただあるがまま無機質でありながら、現状についての答え合わせが進むに連れて自然に感情が上乗せされていくからこそ生まれるイレギュラーなアプローチによる感情移入にやられた。『セルビアンフィルム』を思い出した。
Catooongz

Catooongzの感想・評価

3.3
スタートから不穏な空気が漂ってて何?何?ってなる。過去の仕事で何があったか??ってのがはっきりしないまま謎の組織の陰謀に巻き込まれていくってのがいいね。いやただ単に仕事が上手くいかなかったってだけか。どうなんだろう??とにかくこの家庭は崩壊寸前だなってのはわかる。ラストはアリアスターの映画みたいね。相棒の俳優さん、殺し屋っぽくないなぁ。。でも観客を怖い映像でグイグイ引き込む魔力はありますね。
プロの殺し屋ジェイ。
8か月前の失敗が原因で働けず、
妻との激しい口論が絶えなかった。
そんな2人を心配した相棒のガルが
新しい殺しの仕事を紹介する。
2人を待ち受ける驚愕の結末とは!?
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
これは…あかんかった〜😫
まず全くジェイにハマらない。
一応、主人公なんやけど基本的にクズ?
相棒のガルはまだいい奴っぽいけど、
所詮殺し屋だからいい奴ではないか🤣w

ジェイと奥さんのケンカシーン多いし
見ててため息ついちゃうくらいの言い合いや
お互いの態度がこっちも見ててむかつく😒
おっきい声でどなるのやめてほしい!
てか、友達来てるのに目の前で
喧嘩するのどうかと思うわ…🙄

怒鳴り合いの喧嘩ってカップルや夫婦は
みんなするもんなんかな🤔?
できれば、喧嘩したくない派やなあ〜

キルリストを順番にこなしていく2人📋︎︎︎︎✔
ジェイは殺しのスイッチ入るとすごい!
あっこの人殺し屋やったんやなって実感🤭

2人目の男の人の時に、
トンカチで手足ドンッ頭ドンッ🔨💥
これはなかなかすごかったかもw
頭の潰れ具合がひんっ🙀

この映画のいいところはここがピーク!
後半はもう謎な展開に😣
てか、うちの苦手とする展開になっちまった…。
うちあの手の儀式嫌いなんよね〜🔥

しょーみ、ラスト予想出来ちゃったし🤤
きっとこうやろな〜って思ったら
まんまそうやったんやけどww
結局ジェイに一切興味なく終わった。
う〜〜ん? 1回観ただけじゃ理解しきれないけど序盤から伏線らしきものが散りばめられてることは分かった。でもこの手の題材は好き。……という浅すぎなレビューしか書けない。
NotjustaHW

NotjustaHWの感想・評価

2.4
前半、結構現実的に鬱々と描かれてて好きだったけど、途中から藁人形さん達が出てきてからがっかり。バイオレンス描写を耐えて観たのに、ストーリー適当なんてほんとがっかり。
Marisa

Marisaの感想・評価

3.8
ネタバレせずにどう説明すればいいのか、、、
ただのヒットマン映画かと思ったら、劇中どんどん謎が増えてってエンディングでああああ

登場人物は息子以外みんな気持ち悪いの、誰も好きになれないの、、、すごい気分悪くなる

チープな映画だけど殺すシーンの特殊メイクはそれに合わずすごくよくできてる、特に頭叩くとこ

勧める人選んじゃうけど、ミッドサマー好きならこれも好きかも
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
冒頭の奥さんが激昂してるとこから始まるのからしてかなり不親切というかわざと分かりづらくしてやがるなーという感じ。
皆にオレンジジュースをって言うのとかウケるけど終盤奥さんが隠れ家?に追い詰められた時にGod Bless…て呟くのが皮肉。
地下水路?の壁の質感も良かった。
てるる

てるるの感想・評価

2.8
トムヒ主演「ハイ・ライズ」監督のインディペンデント映画。
ハイライズも訳わかんなかったけど、これもなかなか。

主人公は元殺し屋?
引退したけどニート状態で、奥さんといつもケンカしてる。
夫婦喧嘩は犬も食わないって言うけど、ほんとそればっか見せられても…。
そもそも主人公の性格が悪いので嫌な気持ちになるし。

殺し屋稼業に復帰するあたりから少し面白くなってくる。
SATSUGAIシーンは韓国映画なみのバイオレンス!
しかもなんだか色々と裏がありそう。

と思ってたら途中から怪しげな方向へ。
結果、そっち方面いっちゃうの?的なヘレディタリー風不条理なラストで胸くそ鬱映画でした。
真夜中

真夜中の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なんとも奇妙な映画です。
まず主人公たちのキャラや設定が独特で興味をそそられます。
手持ちカメラやジャンプカットなど、ラース・フォン・トリアーを思わせる演出と、時折現れる強烈なバイオレンス描写に加え、数々の謎をはらんだ展開に引き込まれっぱなし。
そして迎える後半の超展開!まさかウィッカーマンばりのカルト教団が出てくるとは・・・。ほとんど投げっぱなしに見える衝撃のラストは様々な解釈ができそう。

考えてみるとそれまでのシーンにヒントらしきものが散りばめられていたようで、恐らく正当な解はないのでしょうが、観終わったあとにいろいろ想像を膨らませられる自分好みの映画でした。
最後にデカデカと「KILL LIST」って出てくるってことはやっぱりキル・リスト=キリストってことなんだろうか。
>|