サニー 永遠の仲間たちのネタバレレビュー・内容・結末

「サニー 永遠の仲間たち」に投稿されたネタバレ・内容・結末

久しぶりに高校の同級生に再会した主人公。その友人はガンを患っていて…彼女の頼みで、昔の仲良しグループ「サニー」の仲間をさがすことになる…

シンディローパーほか、懐かしいナンバーにのせて、高校生当時の記憶が甦る…
デモとか…当時を語る時代背景で。


私も女子高だったので、当時のこと思い出しました。
泣いたり笑ったり、忙しかったなぁ~笑

ラスト、
ガンで逝ってしまったチュナの遺影の前に、グループが全員集まって踊るシーン…良かったなぁ~
チュナのイキな遺言も良かった!


パーソナルなことで、韓国作品はタブーです、私…
でもこれだけはとても良いから、と、映画友だちに勧められて観ました。
ありがとう、とても良かった!
一緒に悪さしてた友達と大人なっていく気持ち共感と
お葬式でボス姉さん笑って送り出すとこ、あんなんしたい。
泣けるし、可愛いし、面白いし、いとしくて、いじらしくて、せつなくて、甘酸っぱい気持ちで胸がいっぱいになる最高の映画!

主人公たちの高校時代が本当に楽しそうで。
若いエネルギーに満ち溢れて、毎日毎日を懸命に楽しんでいて、
恋に破れて泣いたり、将来の夢に胸をふくらませたり、お化粧したり流行りのブランド物を欲しがったり流行りの歌をみんなで踊ったり、タイムカプセル的なビデオテープを撮ったり、友達とべったりで、笑って笑って過ごしてて。
女子校出身だから共感できる部分も多くて(こんなに素敵じゃなかったけど)。
エネルギーがいっぱいいっぱいに満ちた主人公たちの、あまりの楽しそうさ、可愛らしさ、いとおしさ、いじらしさが泣けてくるほどでした。

大人になってからの姿には切なさを通り越して残酷な要素もありました。
でも、一人ひとりのなかにちゃんとあの時の可愛らしい皆が残っていて、集まるとすぐあの頃に戻れて、
今を楽しく生きようと頑張っていて、
本当に背中を押されます。

こんな友情に出会えたら、これ以上の幸せって無いと思う!

ストーリーが素晴らしいってだけではなく、
当時の時代を反映したシーン(学生運動的なやつとか、ファッションとか、音楽喫茶とかグループ抗争とか)が興味深かったり
音楽が懐かしの名曲揃いだったり、
こだわり要素がたくさん詰まった映画だと思います。
生まれ変わったら私もサニーのメンバーになりたい。
三本の指に入る
最高韓国映画です。

魅力的なキャラクターたちが
過去と現在を交錯していくんですけど
失恋したナミを
25年後のナミがヨシヨシするところとか
もう最高ですT^T

サニーダンスも素敵で可笑しいシーンなのに
号泣ですT^T

あとの0.2は
シンナー少女のサンミも
救えていたら満点だったかな。。

わたしにも
最高にバカばかりしてた仲間がいるので
なんだか会いたくなっちゃいました。
120分で7人をちゃんと描き切ってるんだもん。すげえよね

ラストのダンスシーンはシャブです、何回でも観られるかんね
すてきな作品でしたーほっこり。
最後、金かよー!!!!!!!!!!!!!!!!!!と心の底から突っ込んでしまったけど、まぁそれ以外落とし所ないか(笑)
個人的な思い入れがかなり強く高得点。すみません。

この映画、サニーのメンバーに会いたくて、劇場によく足を運びました。

こんな関係性が今も?の願望高め。

嫁姑ものかな、と思わせておきながらドラマへのツッコミ
「やっぱり、そうだと思った」も面白く

学校へ向かう途中のカメラワークで、うわぁと引き込まれ
偶然うまくいく転校生。
みんなで楽しそうに踊ったり

キラキラな青春時代と、それに照らされたかのように、やや日陰になる現在

いろいろ現状がわかった上で見る
未来に宛てたビデオレターでグッときて
過去の自分を抱きしめるシーンで、さらにジーンとする(映像だかこその表現か)

ラストの展開
多くの人は納得できない部分もあるかもしれません。ご都合主義?そうかもしれない。
わかってはいるけど、それ以上に私、個人が作品を楽しんでしまったもので。ええ。
なんか、、、すみません。

途中の内容が楽しめて面白ければ
最悪、夢オチでも前向きに許そうとするタイプなもので。

タイムアフタータイムでの
似顔絵のエンドロールもなんか好き。


とある映画好きの知り合いに言わせたら
「似たような感動は、すでに別の映画で味わったよ」と。ふむふむ。
なるほどですね。気になる言い方

公開当時の私、とにかく弱っていたんでしょうかね。
今、新作で見たら、おそらくここまで高い評価はしてないんでしょうけど
何度、見返しても好きな作品なのです。



以下、更新履歴。



2018.02.02加筆修正
少し前に、日本版リメイク、高校生チームのキャストが発表されたようです。
『チア星ダン』の雰囲気ありますね。
それぞれの方は好きですが、やはり韓国版とは完全に違ったものとして
この似た話、知ってるなあ、くらいの感覚で見ることにします。
リメイクや話題になることで韓国版をチェックしてみる方が増えるのはファンとしては、ちょっと嬉しくもあるけど
結果、複雑な気分にもなっています。

ほんと頼みますよ。

元の脚本が素晴らしいわけでもなく、雰囲気ものだし。
ただただ個人的に好きなだけの作品。

リメイク版も、それなりに面白い、つまらなくはない。
という感想が出るレベルであれ(願い)

もともとキャストが知らない人だったから良かったんだけどなあ
という考えの持ち主としては、この時点で、すでにアウトなんだけど。
責任?を持って見届けるつもりは、あります。
ハラハラなのか

ギャルで無理してる感が出てたら嫌だなあ
50年くらい後に見たら、歴史的な参考になるかもしれない。程度で。

もうクランクアップしているようなので
あとは編集で、よろしくお願い、、、

いや、もはや別作品なのだ。気にするのやめよう。
120分越えたら、どうしよう、、、ま、越えるでしょう。

出演者の有名度からいって、ほぼ不可能だけど
90分以内に収まってたら、もしかして傑作になるかも?
色んな力が働いて、登場時間というのは色々調整されるとか?されないとか。

そんなもの無視してサクサク楽しいものを期待している私もいます。

2018.01.24追加修正

追記2017.11.15
日本リメイク版?たぶん見に行くけど怖いな。
タイトルの時点で、どうかと。
いい作品であってほしい
2017/10/02 追記
えっ?えーーーっ?篠原涼子&すずちゃんでリメイクするんかい!
篠原涼子→大人チュナ?
すずちゃん→高校生ナミ?
ミサ同様違う作品になりそうなんだけど‥大丈夫?元作品の完成度が高いのにいきなり棒高跳びくらいハードル高くしても‥ねぇ‥
映画もドラマも続々と韓国リメイク始めたけど‥何かあったの?


話題作やーーーっと観ました。

高校生役の子役の皆様が今や引っ張りだこな女優さんに成長してますね。
カン・ソラ
シム・ウンギョン
チョン・ウヒ
パク・チンジュ
ナム・ボラ
キム・ボミ

それなりに笑えるしシリアスな場面もあるし中高生時代に仲良しグループに属してて何でも一緒に‥みたいな経験があるとジーンとくるのかも。

かも‥

部活仲間だとこんなにはならないから。

大人になっても変わらない関係築くってけっこう難しいけどね。
シム・ウンギョンがめっちゃかわいかったけど、画像検索してみるとすごい落差があるな。笑 でもこの映画だとかわい〜。誰かに似てると思ったら、ゆるめるモ!のあのちゃんに似てる!
ユホジュンは深津絵里みたいでかわゆい。知らず日本人で近似してる自分はちっぽけだなあと思うけれども。

みんながワイワイやってる映画はそれだけで楽しい。韓国の学校の雰囲気、いじめとか争いもカラッと明るくてすごく楽しい。

…と思ってたけど後半で失速。この死んだ人がビルとか残すのって友情なんだろうか?高校時代の友情とは少なくとも違うよね。

敵のボスの一見クールビューティでケンカが始まるとすぐ「歌番組の時間だね」って逃げる子、キャラよすぎです。笑
あとキレると怖すぎなおばあちゃんも好きです。笑

ミンヒョリン
仲良し7人組の"サニー"。
リーダーのチュナががんによる余命宣告を受け、「最後にサニーに会いたい。」と言ったことをきっかけにメンバーを1人1人集まる。

・主人公のナミが主婦、母として生きていたけれども、自分が"主人公の人生"を歩めるようになったきっかけになる

・バラエティ要素たっぷりで面白い。

・それぞれの人生を変えるきっかけとなるサニーのメンバーの再開に感動。

・最後に大人になったスジ(役の名前)が出てくるけどもう少し早く出てきてほしかった。

・エンディングスクロールの背景画でさらにサニーのメンバーのその後を描いているところにやられた〜とおもった。
>|