サニー 永遠の仲間たちのネタバレレビュー・内容・結末

「サニー 永遠の仲間たち」に投稿されたネタバレ・内容・結末

120分で7人をちゃんと描き切ってるんだもん。すげえよね

ラストのダンスシーンはシャブです、何回でも観られるかんね
すてきな作品でしたーほっこり。
最後、金かよー!!!!!!!!!!!!!!!!!!と心の底から突っ込んでしまったけど、まぁそれ以外落とし所ないか(笑)
個人的な思い入れがかなり強く高得点。
すみません。

サニーのメンバーを見たくて会いたくて、劇場によく足を運びました。

学校へ向かう途中のカメラワークで、うわぁと引き込まれ
偶然うまくいく転校生。
みんなで楽しそうに踊ったり

いろいろ現状がわかった上で見る
未来に宛てたビデオレターでグッときて
過去の自分を抱きしめるシーンで、さらにジーンとする(映像だかこその表現か)

ラストの展開
多くの人は納得できない部分もあるかもしれません。ご都合主義。
それでも、それ以上に私が個人的に楽しんでしまったもので。ええ。
なんか、、、すみません。

途中の内容が楽しめて面白ければ
最悪、夢オチでも前向きに許そうとするタイプなもので。

タイムアフタータイムでの
似顔絵のエンドロールもなんか良くて

ある映画好きの友人に言わせたら
「似たような感動は、すでに別の映画で味わったよ」と。なるほど。

この頃、とにかく弱っていたんでしょうかね。
今、新作で見たら、おそらくここまで高い評価はしてないんでしょうけど
何度、見返しても好きな作品なのです。


追記2017.11.15
日本リメイク版?たぶん見に行くけど怖いな。
タイトルの時点で、どうかと。
いい作品であってほしい
2017/10/02 追記
えっ?えーーーっ?篠原涼子&すずちゃんでリメイクするんかい!
篠原涼子→大人チュナ?
すずちゃん→高校生ナミ?
ミサ同様違う作品になりそうなんだけど‥大丈夫?元作品の完成度が高いのにいきなり棒高跳びくらいハードル高くしても‥ねぇ‥
映画もドラマも続々と韓国リメイク始めたけど‥何かあったの?


話題作やーーーっと観ました。

高校生役の子役の皆様が今や引っ張りだこな女優さんに成長してますね。
カン・ソラ
シム・ウンギョン
チョン・ウヒ
パク・チンジュ
ナム・ボラ
キム・ボミ

それなりに笑えるしシリアスな場面もあるし中高生時代に仲良しグループに属してて何でも一緒に‥みたいな経験があるとジーンとくるのかも。

かも‥

部活仲間だとこんなにはならないから。

大人になっても変わらない関係築くってけっこう難しいけどね。
シム・ウンギョンがめっちゃかわいかったけど、画像検索してみるとすごい落差があるな。笑 でもこの映画だとかわい〜。誰かに似てると思ったら、ゆるめるモ!のあのちゃんに似てる!
ユホジュンは深津絵里みたいでかわゆい。知らず日本人で近似してる自分はちっぽけだなあと思うけれども。

みんながワイワイやってる映画はそれだけで楽しい。韓国の学校の雰囲気、いじめとか争いもカラッと明るくてすごく楽しい。

…と思ってたけど後半で失速。この死んだ人がビルとか残すのって友情なんだろうか?高校時代の友情とは少なくとも違うよね。

敵のボスの一見クールビューティでケンカが始まるとすぐ「歌番組の時間だね」って逃げる子、キャラよすぎです。笑
あとキレると怖すぎなおばあちゃんも好きです。笑

ミンヒョリン
仲良し7人組の"サニー"。
リーダーのチュナががんによる余命宣告を受け、「最後にサニーに会いたい。」と言ったことをきっかけにメンバーを1人1人集まる。

・主人公のナミが主婦、母として生きていたけれども、自分が"主人公の人生"を歩めるようになったきっかけになる

・バラエティ要素たっぷりで面白い。

・それぞれの人生を変えるきっかけとなるサニーのメンバーの再開に感動。

・最後に大人になったスジ(役の名前)が出てくるけどもう少し早く出てきてほしかった。

・エンディングスクロールの背景画でさらにサニーのメンバーのその後を描いているところにやられた〜とおもった。
ユーモア満載で声に出して笑って
失恋に泣いて友情に心から温かくなった

皆んな輝いてた
今も昔も
人生の主人公である事を忘れたくないな

劇中で観客が一緒に失恋できたというのが凄いと思う

韓国、レベル高いなぁ……。
俳優陣が皆素晴らしい…。
乱闘シーンがすごかった!
当時のビデオレターには涙。
仲間を探すうち、だんだんと自分の人生に主体性を取り戻していくナミに、ばんざーい!
そんなに良い??
女子校育ちだが、女のグループというものが嫌いな私にとってはあまり響かなかった。
昔から「グループに入れる」とか、その感覚があまり分からないので、恐らくこれ観て感動する人たちって、こういったキラキラな青春を過ごし、過去に思いを馳せることで悦に入るんだろうなぁ、、、と思いました。
ラストのオチが公私混同過ぎて、これで感動する風土じゃ大統領の朴槿恵さんもああいう事件起こすな、と厳しい評価です。
(韓国が嫌いなわけではありません。韓国人の友人もいますし、韓流ドラマも好きですが、自分が自営で会社をやってるので、こういう公私混同があまり良いと思わないだけです)

しかし、主演のシム・ウンギョンちゃんが昔より大分成長し演技も素晴らしいので彼女の出番では必ず見入ってしまいました。
全体的に癖が無くさらっとした雰囲気で、万人受けする作品だと思います。(だから評価も高いのかと)
個人的には上記理由から可もなく不可もなく。
この映画のことを思い出すだけで泣きそうなんだけど、ビデオレターが一番やばい。クムオクのあたりから徐々にこみ上げて来て、ナミの姿が映った瞬間もう涙が止まらなくなる。だって、17才の自分からああしてメッセージが届いたらと思うとさ…!

女の子が人目も何も気にせず思いっきり楽しんでいるっていう、それだけでなぜか泣けて泣けて仕方がないの、『メリダとおそろしの森』の "Touch the Sky" みたいだ、と思っていたらチュナ役のカン・ソラさんはメリダの韓国語吹替を担当しているらしい。

金とは愛だ!!っていう、ポッキの店のシーンとチュナの遺言のシーンも好きです。