神弓 KAMIYUMIの作品情報・感想・評価

「神弓 KAMIYUMI」に投稿された感想・評価

santasan

santasanの感想・評価

3.6
清の侵略。連れ去られた妹救うため単身敵に挑んでいく…。いや〜この構図がシンプルで分かりやすくていい。そして意外な軌道で飛んでいく弓ならではの魅力。清の精鋭部隊をひとりずつ仕留めていく爽快さ。ラストはやっぱりそうなるだろうな…残念だけど。
みゆき

みゆきの感想・評価

3.8
期待してなかったけど面白かった。
パク・ヘイルによる「ランボー怒りの鴨緑江」


「丙子の役」で清の捕虜になった妹を救うため、弓だけを武器に清の部隊に挑むパク・ヘイルがかっこいい〜♡
アイメイクがばっちりのリュ・スンリョンが清の武将を好演していて、まさに「どっちも負けるな~」

この時、王の仁祖は「南漢山城」に逃げて、捕虜になった民は国から助けられることなく殆ど帰国出来なかったという。
このパク・ヘイルが今度は次回作「南漢山城」で仁祖を演じるのが楽しみ😊
くみん

くみんの感想・評価

3.7
アクション苦手なわたしですが、観た!韓国映画は血しぶきとかリアルですごいのね。それにしても男たち、すごい!強い!甘いマスクのいい男も最強つよくてかっこいい。音楽が、甘〜かったり、ものすごい躍動感だったり、すごかったな(-。-;
くぅー

くぅーの感想・評価

3.8
10万人の敵に一人で挑む的な派手な宣伝文句に、間違って“レッドクリフ”級のイメージをしちまったが…さすがは2011年韓国No.1作品、弓矢の達人を“ランボー”的に見せ切ったのは巧み。
見所は百発百中で射止めるカーブする弓矢術…と言っても、その奥義は見せないし、曲がりの見せ方も控え目だが、森や崖を生かしたゲリラ戦で次々と倒して行く緊張感は見応えあり。
窮地でのサプライズな味方には苦笑も…矢の見せ方もCGではなく、満州語をきちっと使わせたり、キャストの頑張りもあって充分に佳作の域。
riekon

riekonの感想・評価

4.0
いやー戦いに燃える男達がカッコ良すぎて痺れました!!
主人公も優しげで素敵でしたが清の精鋭部隊のキャラが濃くて好きです。
大将の眼力と存在感が凄かった!
この俳優さん気になるので他の作品も観てみようかな。
ラストはこうかなと予想してても泣いちゃいますねー。
評価はあまり高く無いようですが、個人的には一匹狼で闘う主人公がまじでかっこよくておすすめです。

このレビューはネタバレを含みます

 中国に攻められた韓国で妹を連れていかれたので、連れ戻すために頑張る弓の達人の話。

 戦闘シーンの迫力はなかなかかっこよかったですが、特によかったのは清国の主人公を追いかける戦闘集団が熱くて私利私欲でなく単純に強い男同士の戦いとなっている構図が面白かったです。敵側も仲間がやられそうになると助けに行ったり、守ろうとしたり。そのため主人公に対して何としても殺してやるという信念ができて、それでいてごつい男たちがスピード感いっぱいの動きをしてプロな戦士という表現もできていて熱かったです。

 対する主人公もパワーの敵に対してスピードで挑み、罠を仕掛けたり虎と戦ったりとトリッキーな戦いを挑むのも面白く見ることができました。序盤の弓矢の訓練で、外したと思っていた弓が隣の的に当たっていたという伏線がクライマックスにあるのも燃えました。

 ただ、話のほうが退屈で。特に序盤のセットアップの段階でぐったりしてしまいました。その理由は、アバンタイトルで主人公の子ども時代の虐殺が描かれますが第1幕の終わりの清国侵攻も同じ展開で同じシーンの繰り返しにみえて退屈でした。襲われる父、殺されて見ていた息子、スクリーム。これがまた起こちゃってました。物語が動き出すまでが長く感じました。

 主人公とその妹と婚約者の話も、特にこれとった目新しさがなく。清国の王様みたいな人物の会話も恐ろしく退屈でした。
 それに映画なのでしょうがないですが、主人公は弓矢で肩を射抜かれたりボロボロになっていきますが。ほとんど関係ないという。ダメージないのか。とも思ってしまいますがそこらへんは目をつむるしかないです。

 アクションシーンの迫力があったし、敵の魅力もあったのに退屈な序盤がもったいなかった映画でした。
チュン

チュンの感想・評価

4.0

追え 速度を上げろ

タイトルの通りの映画でした
レンタル店にてジャケ借りしました
すごくよかった
存在すら知らない映画でしたが
的を得ました
もう文字通り弓対決!
弓対弓、弓弓弓
この兄ちゃんすげぇ
なんかグレて
「マジメに生きてどうなるんですか?」
とか言ってたのに
妹が捕まったとたん
眠れる虎が目覚めました
まさに虎すらも味方につける軍師ぷり
本格的な弓戦で
位置取りや弓の種類まで酷使して
殺し合います
つっても1対軍なんですけどね
こりゃ怒られるでしょう
ひとりにやられてるんですから
すごいおもしろくて
2時間早かったです
弓をやろうとしてる人必見です!
君も神弓になれる!
コブラ

コブラの感想・評価

3.6
チェイスが始まってからアクション映画としての純度が跳ね上がる。

言われてる通り、追撃戦に至るまでの過程といい、地の利を活かしチェイサー達を一人一人殺して行く様はまんま「アポカリプト」。

弓殺の一つ一つに工夫があって新鮮に観ることができる。
特に矢が尽きた時のアレ。
短い矢(てか枝)をあんな風にして飛ばすかね!

ドラマパートがハッキリとつまんないのでなんか勿体ないんだよな。
izumo

izumoの感想・評価

4.1
弓が題材の映画
途中もうどっちが良いやつでどっちが悪いやつかわからんくなる。