バトル・ライダーの作品情報・感想・評価・動画配信

「バトル・ライダー」に投稿された感想・評価

てつ

てつの感想・評価

2.0
ドルフラングレンが監督、脚本、主演を務めたアクション映画なのだが、残念ながら面白くない。
数々の映画に出演してるドルフ兄さんだから、演出など上手いのかなぁと思っていたのに、よく撮ろうとして失敗してます(^▽^;)

町の影の有力者リノが支配する町だったが、そこへ聖書と銃を持ったライダーが現れ、リノ一味と闘う。

アクションも寂しい感じだし、ストーリー展開ももっちゃりしてる。

ドルフ兄さんは、演者に徹した方がよいね。
マサ

マサの感想・評価

3.0
ドルフ・ラングレン師匠がバイクに乗ってやってくる!!サングラス、ショットガン、ちょっとセピアっぽい画像、敵を平均2~3秒で倒すなど師匠の渋いポイントが盛りだくさんだ!どんなに悪党が悪知恵を働かせようと師匠の前では無意味だ!
風来坊

風来坊の感想・評価

3.3
アウトローのさすらいのバイカーが立ち寄った街を牛耳る悪党に立ち向かうアクション映画。ドルフ・ラングレンが監督、脚本、主演をこなす気合いの入った1作。

立ち寄った街で悪党を倒し去って行く。「シェーン」など昔からよくあるタイプの言わば古典的な展開。お話しは単純ですが男の素性や目的をぼやかしたり、聖書とテキーラとバイクを愛するという主人公ミステリアスなキャラクター設定等で魅せています。

演出なのですが映像に暗みがかかっています。モノクロに少し色を付けたような感じで雰囲気は出てますが陰影がキツく見辛い場面もあります。
バトルライダーの邦題からバイクアクションを連想すると思いますが、バイクは飾りでバイクのチェイスシーンはありません…。

全体的には派手なアクションシーンもなく地味。ドルフ・ラングレンの格闘シーンはもっさりな動きを隠すため、カット割りがキツく映るけどやっぱり重量感のある格闘アクションは良い。

クライマックスも地味で盛り上がりに欠けますが、ショットガン片手にしたラングレンは威圧感半端なくてやっぱりカッコいい。
アクション一直線を期待すると期待外れの映画。地味だけど西部劇のような雰囲気は悪くないです。B級アクション作としては普通に楽しめる映画だと思います。
qtaro

qtaroの感想・評価

2.8
20180520鑑賞
微妙。これはTV映画?
内容は、バイク乗りのドルフラングレンが悪を退治するシンプルなもの。終始、回想シーンによくあるザラついた映像で落ち着かなかった。死の世界から蘇った的な意味なのかな?
ライダー繋がりでドルフ版「ペイルライダー」。原題だって「MISSIONARY MAN」なんだからプリーチャーな「ペイルライダー」は絶対意識している。
そのへんストレートな現代西部劇だったが殺しの描写は微妙に変化球気味っていうのがドルフ的で、階段の縛り首、ラスボス銃殺はインパクト大。
スッキリしないもやもやラストまでイーストウッド風味にしないでもいいのではないかと思うが面白かった。
アウトロー ラングレンです。

最後は悪役のボスの眼にショットガンの銃口を当てぶっ飛ばしたからねぇ〰!わははは‼怖いわー
悪が暴力で市民を抑圧する街があり、そこに1人のライダーが通りかかる‥というストーリー。

ストーリー展開としてはよくある形ですので、3,0の評価をさせて頂きました。
ド派手なアクションシーンも多くはありません。

本作はとにかくラングレンを楽しめれば良いと個人的には思います。
随所で見られるテキーラを飲みつつ聖書を読むラングレン‥印象深く格好いいです!
ぽっぽ

ぽっぽの感想・評価

2.0
ドルフ・ラングレン目当てで鑑賞。

元軍人? で聖書を愛読してる。聖書読むときは眼鏡かけるのが可愛い。
髪が短い。