クイック&デッドの作品情報・感想・評価

『クイック&デッド』に投稿された感想・評価

AONI

AONIの感想・評価

3.0
当時、ブレイク直前のディカプリオとラッセル・クロウをキャスティングしたシャロン・ストーン(製作兼任)には、先見の明を感じました。
こく

こくの感想・評価

4.2

久しぶりに観たらやはり傑作でした。サム・ライミ流石だな。

様々なハリウッド映画の西部劇で使われてる『例の町』のセット内のみの物語。悪徳保安官が開催した命懸けの早撃ちトーナメントが開催されるだけ! …

>>続きを読む

1995年公開の西部劇。撮影は1994年頃か。西部劇にはあまり興味がないが、そのキャスティングで観たくなった。
シャロン・ストーン(36才)
ジーン・ハックマン(64才)
ラッセル・クロウ(30才)…

>>続きを読む
rtsoym476

rtsoym476の感想・評価

2.5
fatal attraction後のシャロン・ストーンてすから
良いものに出るんだろうと期待しました。

サムライミ×ストーン×西部劇ですから
相当ユニークですよね。

でも中身は中くらい。
hepcat

hepcatの感想・評価

-
その時の豪華キャストをかき集めて映画を作った感じだ!!

西部劇の転がり草が流れるような静かな演出はなく、ひたすら過剰演出でドンパチやる映画だった

この頃のディカプリオハンサムすぎる


正義のために戦うヒロインを描いた痛快ウェスタン。

寂れた田舎町リデンプションは、年に一度の早撃ちトーナメントの開催を明日に控え俄に活気づいていた。町にやって来た女ガンマンエレンも勢いからその戦い…

>>続きを読む

ウエスタン劇画やね(笑)
劇場での観賞以来久しぶりに円盤での観賞でしたが、こんなに面白かったかなwww

まず拳銃のバリエーションの多さが良いよね👍
先込めのリロードシーンも見れるし、そんな銃が登場…

>>続きを読む
G

Gの感想・評価

4.4

サム・ライミお馴染みのズーム&クローズアップが作品テーマと合致している。見事。いやーこうなると『スパイダーマン』シリーズに至るまでの道のりの凄さについて考えてしまう。青山真治が語ったように「映画の本…

>>続きを読む
Alice

Aliceの感想・評価

3.8
ほの暗い、怖さと隣合わせの西部劇だった。

この独特の雰囲気が大好きだ。

しかし、豪華キャストだなぁ。
レオさま鑑賞♡
と思ったらラッセル・クロウ若い〜知ってる顔の輪郭とちゃいますね。

誰もが大変そうでこういう時代?土地柄?に生まれなくてよかった。
>|

あなたにおすすめの記事