リオの男の作品情報・感想・評価

「リオの男」に投稿された感想・評価

観終わった後、作られた年を見て驚きました。
そんな年数が経っているとは思わなかった。

最高に面白かった。
もなみ

もなみの感想・評価

3.7
ベルモンドの軽妙な身のこなしにひたすら見入った。
舞台はパリからリオにブラジリアからアマゾンへとテンポ良く移り、当時の建築中の様子など見飽きない。
ドルレアックが可愛いかった。1964年の映画。この3年後に事故で亡くなった。
食パン

食パンの感想・評価

3.8
古いフランス映画だからと言って敬遠するなかれ。
ほとんどおバカなコメディ。色っぽいし洒落ている。なんと観やすい。吹替はルパンでお馴染み山田康雄。

昔のルパンのハチャメチャな回見てるよう。
特にジャン=ポール・ベルモンドの色気ったらない。
そこに天才山田康雄のセクシーで軽妙な台詞回しと来た。
その上、リオの異国情緒溢れるロードムービーの要素も。

バカなアクションと大人なベルモンドの、冒険活劇。
なすび

なすびの感想・評価

5.0
ジャンポールベルモンドかわいいな〜〜と癒される映画、なんかこの顔癒し系。可愛いけど運動神経抜群、もはやアクションていうか子供の大冒険みたい、かっこよく見せるという発想がないのか服の破れ方がえげつないまま走り回り転げ落ちぼろぼろ、うける笑

大好きなフランソワーズドルレアック姉さんが出てた!着てる服が可愛い!
ゆり

ゆりの感想・評価

3.4
パリにブラジルって、、、私が得してる映画だと思った。笑
ブラジリアがまだ開発途中の時で、何もないただ広いだけの土地に巨大な近代建築のミスマッチ感は現実なのだから凄い。ダリの絵かと思った。
GETATORI

GETATORIの感想・評価

3.5
インディとジャッキーとルパンの元ネタだけあって、テンポがめちゃくちゃ良い。
KY

KYの感想・評価

3.6
wowow録画で鑑賞。ルパン三世とインディ・ジョーンズをフレンチ風味で。そりゃ、旨いわ。公開当時、モンキー・パンチもスピルバーグも興奮しながら観たんだろうなあ、と妄想。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2017.9.17 BS

ベルモンドの軽やかな身体性と、異国情緒溢れるラフな編集テンポが気持ち良い。敵のボートが小島にぶつかって爆発するシーンも、酒場の大乱闘シーンでのジャンプカットも頭おかしくて最高。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

4.5
2016/2/28鑑賞(鑑賞メーターより転載)
これは面白い!ジャッキー・チェンがこの辺の映画に影響を受けたというのも至極納得の、誘拐された恋人を追いかけてフランスからブラジルへと舞台を移してのアクションあり笑いありの壮大かつおしゃれな珍道中。今までニヒルな感じしか見ていなかったジャン=ポール・ベルモンドの体を張ったアクション(飛行機まで操縦w)ももちろんだが、ヒロイン役のフランソワーズ・ドルレアックにもぜひ注目されたし。夭逝した彼女の数少ない作品だが、猫の目のように変わり主人公を翻弄する天真爛漫さが、映画の雰囲気と本当によくマッチしていて秀逸。
メル

メルの感想・評価

3.7
1週間の休暇でパリに居る恋人に会いに来た兵士が、事件に巻き込まれた恋人を追ってブラジルのリオデジャネイロに…。
事件の裏には古代文明の像の秘密が隠されていた。

監督は、あの「まぼろしの市街戦」のフィリップ・ド・ブロカ。
若い兵士はジャン=ポール・ベルモンド、その恋人にカトリーヌ・ドヌーヴのお姉さんフランソワーズ・ドルレアック。

見所は何と言ってもスタントを使わないジャン=ポール・ベルモンドのアクションの数々。
小型飛行機に乗って空中でも、森の中ではターザンのように木から木へ、海では泳ぎ、陸ではピンクの車でも、自転車でも、自分の脚でも走る走る〜。そしてバイクの走りも見事です。

終盤には「レイダース/失われたアーク」は絶対ここからヒントを得たでしょう〜という場面もあり、沢山のアクション映画に影響を与えたのが分かる。

フランソワーズ・ドルレアックのふわふわ気分の気まぐれ彼女が可愛いらしく、50年以上前のブラジルの色々な建築物も興味深い。

オープニングからの明るい音楽と全体に流れるブラジル音楽が心地良かった。
>|