1964年製作のおすすめ映画 576作品

1964年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、ロバート・ワイズ監督のサウンド・オブ・ミュージックや、ジュリー・アンドリュースが出演するメリー・ポピンズ、マイ・フェア・レディなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

暑い夏の時期に観たことがなかったので気が付きませんでしたが、改めて観てみるとかなり清涼感が高い作品です。 オーストリ…

>>続きを読む

やっぱり…こうなる予感はしてた! 7人の子供を持つシングルファザー トラップ大佐の家に家庭教師にやって来た お転婆で…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

幼い頃の一番のお気に入りの遊びが「家出ごっこ」 母が作ってくれた小さなポシェットにお気に入りのハンカチを入れる。そして…

>>続きを読む

今度『メリー・ポピンズ・リターンズ』をやるらしいです。 既にclip済 だってエミリー・ブラントがメリー役だし メリル…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

〝きらめく色彩と魅惑の名曲でつづる世界映画史上不滅のミュージカル超大作!〟 長かった…。ミュージカルシーンが思っていた…

>>続きを読む

「マイ・フェア・レディ」 原題「My Fair Lady」 1964/12/1公開 アメリカ作品 2018-016 ア…

>>続きを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

製作国:

上映時間:

93分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

あえて現代風に副題をつけるのなら「原水爆、下から見るか?横から見るか?」といったところか。 キューバ危機によって極限の…

>>続きを読む

ソ連の軍事基地に対する攻撃命令を受けた爆撃機が、合衆国大統領の関知しないうちに単独行動を起こしてしまう。軍部のアッパラ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

3回目の鑑賞です。すばらしい映画です。映画を見る喜びをいっぱい浴びせてくれる。黒髪の女が黄色いハンドバッグを持って駅の…

>>続きを読む

嘘や盗みを重ねて生計を建てている美女マーニー。 次のターゲットとなった男は彼女の嘘を見抜いた上で好きになってしまい… …

>>続きを読む

はなればなれに

上映日:

2017年01月21日

製作国:

上映時間:

96分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ゴダールがアメリカの犯罪小説をもとに製作した、型破りの 3 人組による恋と犯罪の狂想曲。ある日偶然出会った小悪党の男 ふたりと、無垢な女。パリ郊外にある女の叔母の家から大金を 盗む計画を立…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

僕が唯一好きなゴダールの作品! 10年ぶりくらいに見ました! ゴダールと言うと退屈とか、とにかく面倒くさい! という先…

>>続きを読む

ゴダールに魅せられた。 映画の中って自由な世界だと思わせられる。ナレーションからなにまで面白い。ゴダールは映画で遊んで…

>>続きを読む

月曜日のユカ

製作国:

上映時間:

94分

ジャンル:

3.8

おすすめの感想・評価

1964年、加賀まりこ主演のモノクロ映画。中平康監督。 まずこのタイトルとビジュアル、何となくヌーベルバーグなテイスト…

>>続きを読む

ユカは外国人の客が多い横浜のクラブで働く人気ホステス。 パトロンの"パパ"と大学生の恋人もいるが、誰にもキスはさせない…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

昔の邦画って時々おったまげるようなぶっ飛んだ映画がある。「殺しの烙印」なんかもそう。 これも「?!」という展開、冷静に…

>>続きを読む

何故、女は砂穴に住み続けるのか…。 東京から休暇を利用し砂丘に昆虫採集をしに来た男が、ある老人に薦められ砂穴に住む女…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

No.457[あてどなく(オ・アザール)歩いたバルタザールが行き着いた先には?ブレッソンと薄幸少女①] 89点 ロバ…

>>続きを読む

悲しい映画だったなぁ ロバのバルタザールを通して描かれる、人間という生き物。汚くてちっぽけで儚い。バルタザールは喋ら…

>>続きを読む

乾いた花

製作国:

上映時間:

96分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

12月11日は女優・加賀まりこ様の74歳のお誕生日です! おめでとうございます! "和製ブリジット・バルドー"と称さ…

>>続きを読む

やくざ仲間の争いで人を殺し、3年ぶりに刑務所を出所した村木は賭博場で冴子という少女に出会う。もっと大きな勝負があるとこ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1964年のスペクタクル映画 スペクタクル映画≒チャールトン・ヘストンという程の強いイメージがある 今までは端正な…

>>続きを読む

チャールストン・ヘストンのミケランジェロ伝記映画。システィーナ礼拝堂の「最後の審判」天井画の制作過程を描く。超巨大セッ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ゴ〜ルド ファンガ〜 ՞ਊ ՞) 🎶 今回もジョン・バリーが作曲 🎼 … シャーリー・バッシーが唄うこの主題歌…

>>続きを読む

一言で言うと「黄金に満ちた欲望」 [あらすじ] 金だけを愛する男ゴールドフィンガー。彼はアメリカ中の金塊が貯蔵されるフ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

成瀬巳喜男監督の映画は、人の心を描いてる。本当にそう思える。終わってみると、この題が重く刺さる。 スーパーマーケット…

>>続きを読む

抑えた情念、純愛の深みの中で。 成瀬監督作品、鑑賞6作目。 戦争で若くして未亡人となり、夫の実家を苦労して切り盛りし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

せっかく『用心棒』と、『荒野の用心棒』を観たので、この両者のチーム対決を試みようと思います。『用心棒』をチームA/…

>>続きを読む

ひょっとして? と思って仕事仲間の若いのに聞いてみた… 「マカロニ・ウエスタンって分かる?」 「なんすか?映画のタイト…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

卍卍卍卍卍 岸田今日子の独白。 旋律のように耳に心地よい声色と抑揚。 年老いてからは妖怪風味としか見てなかったけれど…

>>続きを読む

愛のない生活を送っている弁護士夫人(岸田今日子)が、美術学校で出会った娘(若尾文子)と同性愛の関係になる。谷崎潤一郎の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アントニオーニはアンゲロプロス に影響を与えた監督の一人だけど、後のアンゲロプロス的なカラーの灰色に冒頭から痺れる。 …

>>続きを読む

炎を噴き出す工場のロングショットからキャメラはパンをして工場の前に立ちつくす人々を映し、次のカットで緑色のコートを着た…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ある質屋に妊婦が結婚指輪を売りに来た。目には生気が篭っておらず、触れたら割れそうなほど疲れ切っている。 そんな曰く付き…

>>続きを読む

巨匠シドニー・ルメットによる社会派ドラマ。 町山氏の「トラウマ映画館」で知り、今回DVD化ということで。 とりあえず…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1964年公開。ドン・シーゲル監督作。幕開けして直ぐスリリングな曲に乗せて主演俳優の極太クレジット3連発。 LEE …

>>続きを読む

記録 E・ヘミングウェイの短編小説を映画化し、R・シオドマクやA・タルコフスキーが短編で映画化されている。今作はシオド…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

チンピラに騙され情婦にされてしまった女工が、まるで映画のように堕ちていく。その純情さと比例して、堕ちていく闇の深さはど…

>>続きを読む

【クズな男とイイ女】 女の名前はヨシエ。苗字は昔捨てた。 ネオンの光を頬に受け、夜な夜な男に股開く。汚れた銭で繕えど、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

日常とは、なんて脆いものなのだろう。あなたでなくては完成しない幸福なんてそんなものは幻想だと思うよ、と肩をとんっと叩か…

>>続きを読む

「幸福」とは儚いものだけれど、そのなかに何か尊く美しいものをもたらしたい。 というのは、「幸福」に寄せたアニエス・ヴ…

>>続きを読む
>|