1964年製作のおすすめ映画 583作品

1964年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、ロバート・ワイズ監督のサウンド・オブ・ミュージックや、オードリー・ヘプバーンが出演するマイ・フェア・レディ、メリー・ポピンズなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

サウンド・オブ・ミュージック

製作国:

上映時間:

174分
4.0

あらすじ

『ウエスト・サイド物語』のロバート・ワイズ監督のミュージカル映画。第二次世界大戦中のオーストリア。修道女見習いのマリアはトラップ大佐の家の家庭教師に。彼女の明るさと歌で7人の子供たちも心を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

泣きたい時は、楽しいことを考えるの! ロバート・ワイズ監督 1964年 主演ジュリー・アンドリュース 勝手にお…

>>続きを読む

今更ですけどいい映画だったなぁ名作、心が満たされた大好き。今日は何にもしてない1日だけどこの映画を見れたことでいい一日…

>>続きを読む

マイ・フェア・レディ

製作国:

上映時間:

173分
3.7

あらすじ

第37回アカデミー賞8部門受賞。オードリー・ヘプバーン主演作。花売りのイライザは言語学者のヒギンズ教授に訛りを直せばレディになれると言われ、レッスンを受け、社交界デビューするまでを描くシン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

某映画マンガで『ベスト・キッド』と『マイ・フェア・レディ』と『プリティー・ウーマン』のお話があり、ちょうど全部見たこと…

>>続きを読む

オードリー・ヘプバーン主演のミュージカル映画(ただし彼女の歌部分はほとんど吹き替え) 訛りのひどい主人公が上流階級さな…

>>続きを読む

メリー・ポピンズ

製作国:

上映時間:

140分
3.9

あらすじ

第37回アカデミー賞5部門を受賞したパメラ・L・トラヴァース原作のディズニーの実写作品。バンクス家に来た家政婦のメリー・ポピンズ。彼女の不思議な力は姉弟を魅了し、厳格で仕事に夢中な父や母の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ウォルト・ディズニーが最後に直接指揮を取ったミュージカル映画の傑作」 来年には続編が公開されるメリーポピンズ で…

>>続きを読む

ファンタジー×ミュージカル=メリーポピンズ ロバート・スティーブンソン監督 1964年制作 主演ジュリー・アンドリ…

>>続きを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

製作国:

上映時間:

93分

ジャンル:

3.8

あらすじ

スタンリー・キューブリック監督、ピーター・セラーズ主演作。アメリカ空軍基地の司令官が突然発狂し、ソ連への攻撃を指示。しかしソ連から人類滅亡兵器で反撃すると言われ……。冷戦下の核戦争の恐怖を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想の前に、鑑賞媒体についてお話を。 u-nextで鑑賞したんですが、このコンテンツすごいですね。すでに利用してる方…

>>続きを読む

ヴェラ・リンが歌う主題歌「We'll Meet Again」が流れ、うんとこさ水爆が炸裂するラストが印象的。 ちなみ…

>>続きを読む

はなればなれに

上映日:

2017年01月21日

製作国:

上映時間:

96分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ゴダールがアメリカの犯罪小説をもとに製作した、型破りの 3 人組による恋と犯罪の狂想曲。ある日偶然出会った小悪党の男 ふたりと、無垢な女。パリ郊外にある女の叔母の家から大金を 盗む計画を立…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ストーリーに全く関係のない、どうでもいい会話がほとんど。でもそれがあるお陰で主人公3人のそれぞれのキャラが明確になり、…

>>続きを読む

あなたは全てを忘れ無我夢中になった事はあるか? こうと決めたら脇目も触れず、全力疾走で駆け抜ける人生があってもいいじ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

悪びれない色男。 車線変更するみたいな気軽さでなめらかに、オープンに、いったりきたり。 各種SNSでオチを知ってたの…

>>続きを読む

愛の安売り。 幸福の軽はずみ。 浮気中交わされる虫酸がわくようなトークに嫌気が指した上に、その後の訪れる展開にもショッ…

>>続きを読む

月曜日のユカ

製作国:

上映時間:

94分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『狂った果実』の中平康監督、加賀まりこ主演。舞台は横浜。18歳のユカは恋人のほかにもパトロンがいるほど、誰とでも体を許すがキスは絶対許さない。あるときパトロンから頼みごとをされ……。女の子…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

横浜のキャバレーに従事している放蕩娘(加賀まりこ)が、初老のパトロン(加藤武)と同世代の恋人(中尾彬)との逢瀬を繰り返…

>>続きを読む

1964年、加賀まりこ主演のモノクロ映画。中平康監督。 まずこのタイトルとビジュアル、何となくヌーベルバーグなテイスト…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「007はじめました」 今回は1964年制作のシリーズ3作目『ゴールドフィンガー』 今作から監督がテレンス・ヤングか…

>>続きを読む

ゴ〜ルド ファンガ〜 ՞ਊ ՞) 🎶 今回もジョン・バリーが作曲 🎼 … シャーリー・バッシーが唄うこの主題歌…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

せっかく『用心棒』と、『荒野の用心棒』を観たので、この両者のチーム対決を試みようと思います。『用心棒』をチームA/…

>>続きを読む

ひょっとして? と思って仕事仲間の若いのに聞いてみた… 「マカロニ・ウエスタンって分かる?」 「なんすか?映画のタイト…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

うおーーーーー!!!!!マジヤベー!最後まで文句なしの凄さ!ヤバさ!面白さ! 表現主義やシュールレアリズムが大好物なの…

>>続きを読む

男やセックスに対して潔癖な嫌悪感を抱きながらも、男の野蛮性を求める無意識的衝動を悶々と宿している女キャロルが、その相反…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

成瀬巳喜男監督の映画は、人の心を描いてる。本当にそう思える。終わってみると、この題が重く刺さる。 スーパーマーケット…

>>続きを読む

抑えた情念、純愛の深みの中で。 成瀬監督作品、鑑賞6作目。 戦争で若くして未亡人となり、夫の実家を苦労して切り盛りし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

鈴木清順監督。 野川由美子主演。 戦争が終り、東京のスラム街でたくましく生きる売春婦達。 「せん」を頂点とするその…

>>続きを読む

戦争体験により売春行為でしか生きる術がなくなった娼婦たち(加山麗子など)が、進駐軍に抗い続けている復員兵(遠藤征慈)と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

安部公房の代表的小説「砂の女」が原作。 安部公房が脚本も手がけ勅使河原宏監督が1964年 映画化。 カンヌ国際映画祭審…

>>続きを読む

昔の邦画って時々おったまげるようなぶっ飛んだ映画がある。「殺しの烙印」なんかもそう。 これも「?!」という展開、冷静に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2014年、初作品はアランドロン! 少しずつ買い集めてる中で93分という流さとDVDラベルの素敵さでこれだべ!とチョイ…

>>続きを読む

ジゴロの青年がボスの女に手を出して組織から追われ、富豪の未亡人宅に運転手として雇われて身を隠すが、そこでも新たな陰謀が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[さぁ貴方もコラロカ・レモネードを…!] 88点 酒は呑まねぇという健康志向なちょいうざガンマンのレモネード・ジョー…

>>続きを読む

アホですなぁ、ウイスキーの代わりにレモネードを、レモネードと言う名の法と秩序をもたらす天下無敵のガンマンにして敏腕販売…

>>続きを読む

なまいきチョルベンと水夫さん

上映日:

2014年07月19日

製作国:

上映時間:

88分
3.6

あらすじ

ここはスウェーデン、避暑地のウミガラス島。 大きな笑顔と大きなおしり、ときに大人もたじたじとなる少女らしからぬ少女チョルベンは、愛犬“水夫さん”といつ も一緒。ある日チョルベンは…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スウェーデンの小さな島を舞台に、なまいきチョルベンちゃんと愉快な仲間たちが贈るハートフルストーリー! タイトルにもな…

>>続きを読む

絵本や児童文学を読んでいるような気分になるほのぼの映画。 子どものころに読んだことがありそうで、きっとお気に入りになっ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

言葉にするのにこんな難しいことはないと言うくらいに掴み所がない面白さ。 見ていて一体何なのだろうか?と思った後からエコ…

>>続きを読む

ロバの目から見ても人間は醜い。 ロバの鳴き声って、初めて聞いた気がする。変な鳴き声。 言葉にするとヒーホーって言うみ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フェリーニの『甘い生活』(1960)と、シルヴァーノ・アゴスティ『天の高みへ』(1976)のあいだに置いてみると、この…

>>続きを読む

イエスがユダヤ民衆のメシア待望が生み出した架空の人物であるちゅう前提で書かれた吉本隆明の『マチウ書試論』という評論を読…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

卍卍卍卍卍 岸田今日子の独白。 旋律のように耳に心地よい声色と抑揚。 年老いてからは妖怪風味としか見てなかったけれど…

>>続きを読む

愛のない生活を送っている弁護士夫人(岸田今日子)が、美術学校で出会った娘(若尾文子)と同性愛の関係になる。谷崎潤一郎の…

>>続きを読む
>|