シュリの作品情報・感想・評価

「シュリ」に投稿された感想・評価

とても面白かったのですが、お魚さんを解剖する場面がありました。苦手な方はそこだけ半目で観てください。
犬

犬の感想・評価

3.4
金魚

1998年
韓国情報機関“OP”の情報部室長ユ・ジュンウォンは、相棒のイ・ジャンギルと共に、武器密売人イム・ボンジュからある情報を入手するため会う約束をするが、ボンジュは何者かに狙撃され即死する
現場の状況からジュンウォンは、北朝鮮の凄腕女性工作員イ・バンヒが事件に関係していると直感
捜査を進めるうちに、バンヒが液体爆弾CTXを手に入れようとしていたことを突き止めるが……

朝鮮戦争

ハラハラ
捜査のミステリーも楽しめます

アクション
銃撃戦が激しい

展開はまあまあかな
最後は皮肉です
nonbo

nonboの感想・評価

3.0
ハリウッドのアクションよりすごい気がする。

生々しい場面も少しあります。
最後はちょっと意外な展開でした。
2020Ⓜ︎187★字幕K37

markしたくて再鑑賞。

韓国の情報部員ジュンウォン(ハン・ソッキュ)は多発する暗殺事件が、以前から
追っている北朝鮮の女スナイパー、イ・ミョンヒョン(キム・ユンジン)が関わっているとにらむ。そして調査をしている自分の命が狙われだした時、結婚の約束をしている恋人の身を案じた彼は、彼女をホテルにかくまうのだが、止めていた酒を飲み始めたり泣き出したりする彼女の行動が何であるのか、わからず心を痛める。また驚異的な破壊力を誇る液体爆弾CTXが北朝鮮のスナイパーたちに強奪される。北朝鮮のスナイパーたちの目的は、韓国との再戦争をした上での韓国との再統一。
そして北朝鮮の政治家と韓国の政治家を招いたサッカー天覧試合の会場にCTX爆弾が
設置されるのだった。


ミョンヒョンのジュウォンを想う純粋な気持ちが終始ずっと切なかった。
ラストのミョンヒョンが優しい目でジュウォンを見つめながら崩れて倒れるシーンはめちゃ胸が熱くなってしまった。

コロナが収束されたらシュリベンチ観に行きたいな☺️


韓国映画はやっぱり面白い😆
ゆき

ゆきの感想・評価

5.0
悲しすぎるラストシーン。任務遂行のためとはいえ運命の悪戯に胸が苦しかった。水槽越しのキスシーンが素敵。
lag

lagの感想・評価

3.3
第二次世界大戦終結後朝鮮半島は二国に分断された。サッカーW杯の親善試合。所属部隊は朝鮮民主主義人民共和国。韓国諜報員と北朝鮮工作員。既存の装備では探知できない光と熱を浴びせ続けたら200mlで半径1km吹っ飛ぶ液体爆弾。寂しい熱帯魚。

喋らずにひたすら銃声と音楽。長く自分を偽ると侵食される。殺しの訓練。兄弟が飢えで死んでる。次々に崩れ落ちる。盗聴器を仕込む場所。解剖学的な急所。砕け散る肉片と弾けて混ざる返り血。ぐるぐる回るカメラ。街中でも変電室でも撃ちまくる。
ララン

ラランの感想・評価

3.0
ベタだなぁ~w、が最初の感想。

南北のロミオとジュリエット的な。
わかりやすく、見どころがあり、しっかり盛り上がる。
韓国ハリウッド〜!

ベタな物ってポイントを外さない素晴らしさがあるよね。
様式美だよね。
Okusan

Okusanの感想・評価

3.4
ザ 壮大!

今だからおもしろい、20年前に見ても何も面白くなかったんだろう、私事!
しゅり

しゅりの感想・評価

3.6
私の名前がしゅりなので観ました。
ちょうど最近パッチギ!観て南北分断の歴史とかチラッと調べたりしたばかりだったから、そこがベースになってる作品でタイミング的に嬉しかったし興味深かった。

展開予想しやすいしこういう関係の恋愛ものはあまり好きじゃないけど、男女関係のくだりがシンプルに描かれてて他の見せ場が沢山あったからバランス的に観やすくて良かったかも。
3232mikan

3232mikanの感想・評価

3.8
当時じわじわ話題になって映画館で鑑賞。
初めての韓国映画。
想像していない恋愛映画と聞いていたけど、確かに度肝を抜かれた。
ちょいちょい繋がり方に荒削りさはあれど、南北問題と恋愛をミックスしており、さらっと描いているところに驚きがあった。
荒削りさを感じてしまうのは、日本にわびさび文化があるからなのかな。

そして当時と今、国民的スターの概念も韓国で変わってきたのかなと、この映画を思い出した今、ふと思った。
>|