シュリの作品情報・感想・評価

「シュリ」に投稿された感想・評価

1999年で今と変わらないゴリゴリの韓国映画だった。

オープニングから、もう血が…。

ビデオ以来の再鑑賞になるけど、覚えているシーンが数カ所あって爪痕残ってるんだなぁと。

日韓Wカップ、切っても切れない北との関係、そしてラブ。

でも、途中ダレてしまい、ストーリー追えなくなってしまった。救いの手が、セリフだった。説明してくれて、ありがとう。

豪華キャストに驚きつつ、ファンさん探しにも必死だった。

ありがとうございます。
Johnsteed

Johnsteedの感想・評価

3.5
この時期ぐらいから韓国映画が流行りだしたが、長年観ることなく
数ヶ月前に円盤を手に入れてようやく鑑賞

キャストが他の作品で見かけた事あるキャストばかりだったことに驚いた

当時だったら刺さっただろうけど、今観るとそこまでかな
桃龍

桃龍の感想・評価

3.0
2018-11-24記。
韓流は一律スコア0.5マイナスとさせてもらう。
映画販売の客である日本にケンカ売ってるから。
民族分断は悲劇だけど、それならまず隣人と仲良くすべき。
yosaka

yosakaの感想・評価

5.0
やっと観た。評判に違わぬ傑作。愛情を犠牲にしてまでも祖国のために突き進む苦しさと切なさが伝わってくるのだ。日本のこの手の映画は何となく現実味に欠ける気がするのだが、稀に見る激しい銃撃戦も含め、こちらはリアリティが違う。そしてラスト。分断の悲劇。あぁ、切ない・・・。胸が熱くなってしまった。
義仲

義仲の感想・評価

3.2
初めて観た韓国映画。
北朝鮮と休戦中だからか、スパイの存在と銃の使われ方がリアルで良かった。
日本だと、正直拳銃は使えんし。
スパイものに恋愛が絡むところが面白かった。
アクション映画が好きなのですが、
これほどまで「アクションシーンが見たいわけではない!」と思わせたのは初めて。
隣国の歴史を垣間見たけど、なぜこんなことになるのか、、、切ないです。
udon09

udon09の感想・評価

3.5
韓国の大作映画、いつか見ようと思っていてやっと鑑賞。

まぁ刑事サスペンスもので可もなく不可もなくといった印象。
アクションはこれでもかといったぐらい長い尺を使っていて気合いは伝わってくる。

正直、日本の踊る大捜査線の方が面白いかなと思った。
サスペンス要素に捻りがなく、またアクションも多めなのが逆に刑事ものの作風を薄くさせてる印象。
テロの戦いを描くなら政府機関の話とかの方がよかったのではと‥

色々と惜しい作品であると言える。、
07

07の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

北と南、本当は統一なんて望んでない
これは茶番だ

ハン・ソッキュ、ソン・ガンホ、チェ・ミンシク
今となってはベテランの名俳優さんたちの共演による作品。

彼女が北のスパイだった、と想像できるストーリーでも辛い物語でした。

これもようやく観れた作品。

2022-51
ミサホ

ミサホの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

韓国の名作を初めて観た。
この作品と『JSA』は韓国映画の歴史を変えたと言われているね。

その当時、すでに映画は色々と観て来ていたし、本作が話題沸騰の中でも、どこかで韓国映画をなめていたところがあった。
冷めた目で見ていたように思う。(こればっかりは平謝りするしかない)

この作品は当時、観なかったけど、その少しあとの『オールドボーイ』からすっかりハマってしまったのだ!

それ以降の躍進は言わずと知れたものだし、その凄まじい成長っぷりと充実ぶりで楽しませてくれている。

さて、本作。
今や韓国映画界の重鎮である、チェミンシクとソンガンホのふたりが初共演(たぶん)した作品でもある。

ふたりとも若くてスラリとしていて、カッコいい!特にソンガンホは色気があっていい感じ。

ハンソッキュは、この作品で一躍トップスターになったようで、いろんな作品に主演してるけど、彼の作品はあまり観たことないです。

これは要するに、南の情報部員が北の工作員のハニートラップに引っかかったというお話ですね。

銃撃戦は迫力はあって、見応えがあったけど、ちと多い。もう少し、ヒリヒリする情報戦を見たかったなぁというのが偽らざる本音です。

韓国映画の歴史を紐解く上で、観ておくべき作品だと思うけれど、個人的には物語の深みと構成の緻密さで『JSA』には及ばなかった。
ばさら

ばさらの感想・評価

4.5
ひたすら切ない…

アクションもロマンスも素敵だけど、分断の歴史は悲しいなぁ…

ソンガンホもチェミンシクも若くてシュッとしてる!
>|

あなたにおすすめの記事