白い粉の恐怖の作品情報・感想・評価

「白い粉の恐怖」に投稿された感想・評価

普通。というかこれノワールじゃない。道徳の授業で見せられる麻薬怖いよビデオみたいで今となっては既視感だけが残る。中原ひとみもミスキャスト。普段から不健康そうな顔つきしてるので違和感ないです。三國の仕事と家族の葛藤も中途半端。とはいえ、中原が三國の家で真っ昼間から白目剥き出しにしてオーバードーズしてるシーンは強烈。顔を執拗に撮る村山。最高です。あとは、三國がおとり捜査員として売人仲介者の車に乗り込むシーンもよい。彼らが車に乗り込む様子を道路挟んで遠距離から撮ってるんだが、ここだけやたらドキュメンタリー風になっている。照明も使っておらず周りの車や人物の様子からして明らかにゲリラ撮影。最高に痺れた。
神

神の感想・評価

4.5
中原ひとみ山茶花究の麻薬中毒&禁断症状の動きが素晴らしい(目が大きいのも得してる)。必要経費がすぐに下りるあたりは時代なのか当たり前なのか特殊なことなのか気になって仕方ない。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
中原さんが禁断症状のシーンも鬼気迫るけどなんとなく寂しくなってスリップするとこがさらに凄かった。
新宿ロケもなんとなく土地勘効く感じで良かった。
三國さんの役名がスーさんっていうのもペイの影響で時空歪んでるのかと思った。
でも公正さすために金を惜しみなく遣うのは偉いな。実際そうなのかな。
なやら

なやらの感想・評価

3.6
逮捕した麻薬中毒者たちを拠り所にしながら捜査を行うマトリ・三國連太郎の日常。物語は予想した通りの悲劇をなぞるに留まるが、おどろおどろしいセットや新宿ロケによるアングラ世界描写は迫力アリ。バックは主にモダンジャズ。
三國宅へ匿われる(捜査官の家がシェルター代り!)中毒者・中原ひとみが良い。幸せな家庭の中で青白く光る異物。終盤、目をギラつかせながら居間で仰向いているシーンが最高。健康優良児っぽい三國の義妹が、イッてる中原を見下ろすショットがコワすぎ!
くずみ

くずみの感想・評価

4.0
「麻取」の活動をドキュメンタリー風味で。新宿の闇に潜む麻薬密売人を、元祖?スーさん・三國連太郎たちは摘発できるのか。ホンモノかと思わせる中原ひとみ迫真の演技。一人称は「アタイ」。