危険な英雄の作品情報・感想・評価

『危険な英雄』に投稿された感想・評価

「タイトルが主演の慎太郎を体現したある種の傍若無人なところやマスコミ批判も含めた社会ドラマ」

鈴木英夫特集にて

主演が何と!石原慎太郎!石原裕次郎の兄貴で作家で数々の暴言でお馴染みですの方です。…

>>続きを読む
半兵衛

半兵衛の感想・評価

2.0

鈴木英夫監督らしくサスペンス描写は冴えているが、『バスジャック』の遠藤章造を超える石原慎太郎の棒演技が社会派サスペンスの体裁を全て台無しにする問題作。当初は石原の役を仲代達矢が演じる予定だったらしい…

>>続きを読む
情も倫理も投げ捨てた石原慎太郎のブン屋魂。子供の行く末は良かったが、サスペンスにしては劇伴がちょっと…
50年代の渋谷駅が一番の見どころか。

芥川による第三の男風音楽、タイトル・クレジットの良さから始まり、序盤まではかなり期待させたが

やはり鈴木氏、肝心なとこのリアリティが弱く、締まらない、志村喬の記者へのさじ加減の適当さこそ害悪だろ、…

>>続きを読む

モンタージュ写真を載せたら部数が〜部伸びて売上は3000万円ほど増えるから、あのつまらない男の顔写真には3000万円の価値があると話すところは嫌らしさが出てる

昨今のclickbaitみたいなのは…

>>続きを読む

道徳や倫理を平気な顔して踏みにじる図々しくて最低の新聞記者はレイシスト石原慎太郎にぴったりの役。フラメンコ調の音楽は誘拐事件のサスペンスな雰囲気に全くあってない。特別出演の三船敏郎が犯人かなと少し期…

>>続きを読む
Kunihiro

Kunihiroの感想・評価

3.5
多くの辛辣な意見を踏まえて池袋新文芸座で観賞。それほど悪くはなかったが、全体に流れるギター音楽が耳障りだった。こうしてマスコミはジャーナリズムの役割を勘違いして権力を持つようになる。

子どもの誘拐事件が起き、石原慎太郎演じる新聞記者は手段を選ばずスクープを取ろうと奔走するが…。

珍しい石原慎太郎の主演作だが、不遜な新聞記者の役が似合っていて、キャラクターに合わせた役なのかと思っ…

>>続きを読む
tko

tkoの感想・評価

3.2
Rec.
❶19.09.27,新文芸坐(35mm)/精緻と克明 鈴木英夫の手腕

このレビューはネタバレを含みます

併映していた『非情都市』と同じく新聞記者もの。バッドエンディングも同じ。こっちのほうはまあまあ。メッセージ色が強い、というか慎太郎の大根ぶりのせいかも。主人公が反省しない(成長しない)という点も似て…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事