幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価・動画配信

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove/A Man Called Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

4.0

あらすじ

『幸せなひとりぼっち』に投稿された感想・評価

BlueBlue

BlueBlueの感想・評価

3.9
悲しいと感動の連続で、ずっと目頭の奥ががじんわりし続けていた。

偏屈オーヴェが、地味にパルヴァネにコントロールされ続けていたのがちょっと笑えた。(本人自覚なし)

人の人生は誰でもそれぞれ大切でかけがえのない時間だなと感じた映画だった。
そして、かけがえのない人たちの事を思い出させてもらった映画だった。
mai

maiの感想・評価

3.5
主人公の過去がわりと壮絶だけどとても愛のある人生ですてきな話だった!
aiko

aikoの感想・評価

4.2
スウェーデンの小さな町に暮らすオーヴェは半年前に最愛の妻ソーニャに先立たれていた。失意のどん底にいるオーヴェはソーニャの元にいくことだけを考えていた。自殺を決行しようとした矢先、パルヴァネ家族が隣に引っ越してきたことで…

主人公のオーヴェは、真面目に秩序を守る根は優しい人なのに、コミュニケーションが下手なせいで、たくさん損をしてると思いました。妻の元へいくため自殺を試みる度に、思い出される過去の出来事から、オーヴェがどんな人生を歩んできたのか、どうして今の性格になってしまったのかが徐々に明らかになります。オーヴェは頑固親父として描かれていますが、町の人達はオーヴェのことを常に気にかけ声をかけ頼りにしているので、人柄の良さに気付いてるのかも知れないと思いました。

私は涙腺が特に弱いと自負してますが、不器用なオーヴェの姿を見て、何度も泣きました。出会えて良かったと思える作品の一つです。

オーヴェが町内を見回る時の音楽が好きでした。
achan

achanの感想・評価

4.0
記録。ほっこり系。
結構良かった。
ソーニャとの回想シーンいいね
sortrev

sortrevの感想・評価

2.5
何事も正直が一番だ。だが、正直になるには後押しがいるんだよ。時にはな。

話がプレーンすぎて、一年後にはほとんど覚えてないかもしれない……
偏屈なおじいさんが、まわりの影響でだんだんと心を開いていくみたな話はそこまで珍しい展開でもないのだけど、この作品はオーヴェの過去を振り返っていくところが良かった。ソーニャとの日々の回顧シーンはとても静かで優しい時間が流れていたように感じた。父親への思いからも彼の優しさがうかがえる。神経質なところはあっても、根底には優しさがあるのだなと。

自分がしっかりしている人は、他人にもそれを要求しがちで、自分と同じようにできない他人を責めてしまう。でもオーヴェの隣人のような、自分と違うタイプの人こそ、何か自分に新たな発見をもたらせてくれたりするのだろうなと見ていて感じた。お互いにとっても良い出会いだったろうし、こういう出会いが人生の楽しいところなのかもしれない。
dxsxkx8

dxsxkx8の感想・評価

2.5
んー、最後にはなんかあるかなと思って見てたけどそのまま終わっていった…
KvvZ

KvvZの感想・評価

-
一見偏屈ジジィだけど、

なにも間違ったことを言ってないしやってない。

ルールを守ってる、

最後はみんなとわかりあえて、

わかりあえて?心開いてしあわせな最後で良かった。
最初はなんや偏屈じじい!って思ってたけど、お隣さんのお陰ですごくいい生活になった。皆に頼られたり笑いあったりするだけで泣けたし、死ぬのが下手なオーヴェらしい最後。泣けたー。これはほんまに見てほしい。
Canadian

Canadianの感想・評価

4.2
オーヴェ、幸せな最期やったやろうな。
心温まる頑固ジジイの物語
>|

あなたにおすすめの記事