おみおくりの作法の作品情報・感想・評価

おみおくりの作法2013年製作の映画)

STILL LIFE

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の…

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の人間と関わっていくことでジョン自身も新たな人生を歩み始める......。

「おみおくりの作法」に投稿された感想・評価

理沙

理沙の感想・評価

3.0
すごく丁寧に描かれた静かな作品。
身寄りのない死者を1人で弔うジョンのひたむきな姿勢が印象的でした。

彼に救われたのは、残された人々じゃなく、亡くなった人たちの方だったんでしょうね。

ワントーン暗い映像で描かれる、イギリスの風景が寂しくて、美しくて、情緒的です。


ストーリーは伏線もなく淡々と進むので、退屈になるかもしれないですが
その分、ラストが想像できませんでした。
エンディングに入るまでの余韻がすごいです。
いい作品です。

ただ何故あそこまで死者を弔う事に執着しているのか、主人公の人生について知りたかったです。
何故そこまでするのかという動機が分からないのが残念だった。

ストーリーに起伏が無いのは少し退屈しちゃいましたね、音楽も同じものを使いまわしているのが、んー。

ラストは、悲しい。でも報いもある。
主人公はいわばずっと死者の世界で生きている存在なんですね。おそらく彼も家族を亡くしてるんでしょうか、料理ができない点も昔は奥さんがいたのかなとか勘ぐってました。

このレビューはネタバレを含みます

終始静かに穏やかに進んでいくが、それが少し退屈。

葬儀に誰も来ないというのは寂しい。
やはり、死んで尚慕われるような生き方がしたいと思わされた。

エディ・マーサンの、表情ひとつ変えない淡々とした演技も印象的。

最後にいきなり事故死してしまうラストは、意表を突かれた。
joker

jokerの感想・評価

-
珍しく立ち見で観た映画。
面白い着眼点。
ラストが素晴らしい。

このレビューはネタバレを含みます

ラストだけ。

若い子とお茶できるウキウキで
事故るって。。
moe

moeの感想・評価

3.9
なんて心の温まる悲劇だろう。
悲しい、切ない、でも温かい。

勤続22年、身寄りのない死者の為に、心のこもったお見送りをし続けてきた民生課のジョン・メイ。そんな彼にも家族はおらず、仕事を生き甲斐にたった一人で生きている。
赤の他人の死を弔うことは、決して簡単に出来ることではない。しかし、ジョン・メイは、懸命にその人の人生を考え、見送った後も、その人の写真をアルバムに残す。
このアルバムは、身寄りのない死者たちの記録だけではなく、ジョン・メイ自身の人生の記録でもあると思う。

音楽も全く流れず、セリフも少なく、淡々と静かに進んでいく。だからこそ、ラストシーンの余韻は凄かったです。

ヨーロッパらしい、何とも言えない余韻を残す良い映画でした。

このレビューはネタバレを含みます


例え孤独に亡くなったとしても、それまで生きてきた繋がりや物語がある。主人公の独特なキャラクターがいい。独り身で亡くなったけど、真面目に死者に向き合い敬意を抱いてきた主人公が報われるラスト。
Babi

Babiの感想・評価

3.0
2018/6 DVD

丁寧且つマイペースな映画

葬儀は生者の為に、ってのは違いないが
少し考えてしまう

彼の行動は自己投影だったのか
生真面目だったからなのか
Uknow

Uknowの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

たくさんの人をおみおくりしてきた主人公の墓が寂しげなのが彼の黒子のような人生を表しているようにも思われるけれど少し悲しかった。

机の上のツールから身の回りまできっちりしている人を見るのは気持ちが良い。
舞台となっているイギリスの風土を感じるしみじみとした人間ドラマ。孤独死した人々を弔う職に就いている主人公。

そんな彼が解雇通告を受け、最後の仕事として亡くなったある一人の男性の近親者を探す旅に出た事で大きな転機を迎える物語。

主人公自身も孤独な人間だけに、寂しさを感じさせながらも温かい優しさを伺わせる人間性が素晴らしい。
エディ・マーサンの味のある演技が凄く活きています。

テーマは重いように見えて、あまりそうは思わせない作風。そのおかげか最後まで気負うことなく見れました。

そして終盤は予想外の展開でしたが、その展開を経て迎えるラストシーンの美しさは、深い余韻を味わうことが出来ます。

映画自体もストーリーもキャストも地味めですが、多くの人に見てもらいたい映画ですね。
>|