おみおくりの作法の作品情報・感想・評価

おみおくりの作法2013年製作の映画)

STILL LIFE

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:91分

3.7

あらすじ

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の…

「死」と向き合うことで「生きる」ことを知っていく......再生の物語 身寄りなく亡くなった人を見送る仕事の民生係ジョン・メイ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなす。しかし、人員整理で解雇の憂き目にあい、ジョン・メイのすぐ近くに住むビリー・ストークが最後の案件となる。彼の人生を紐解くために、ジョン・メイは故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅する。そして、生身の人間と関わっていくことでジョン自身も新たな人生を歩み始める......。

「おみおくりの作法」に投稿された感想・評価

嘘っぽいのに生々しい。
映画としてはよくできているのだろうけど、なんとも言えない気持ちになる。
日曜の夜に見るもんじゃない感じで、色合いやカメラワークがとってもイギリスくさい作品。
寝そべるシーンの伏線はお見事でした。
ymyk

ymykの感想・評価

3.8
悲しいけど温かい。
邦題はもっとシンプルでよかったんじゃないかな。

このレビューはネタバレを含みます

第81回アカデミー賞外国語映画賞「おくりびと」の英国版ともういうべきこの映画、地味だが深く心を打つ。ジョン・メイみたいな人が沢山いるんでしょうかイギリスには。もしそうなら、とても親近感を持ちます。それにジョンメイが最後探し当てた死者の娘さんもとってもシャイで真面目な日本人に近い女性でした。あれは、まるで日本人でしょう。。。イギリスってそんな所だったんだ。今まで知りませんでした。

死者に対する誠実で丁寧で全てにきめ細かい姿勢は感動的。でも、ジョン・メイはそうするなと言われても出来ない位丁寧に仕事を行っています。アルバムを作っては時々それを見て、孤独死した人達の人生について思いを馳せる。あんな人居てくれたら皆感謝してもし切れませんよね。

ちゃんとホームレスの方々とも同じ目線で死者を弔い、話を共有していた。買って来てくれと言われたウイスキーを(しかも上物で大ビンを選んでいた!ジョン・メイは真から誠実な人だ!)階段で思い出話を丁寧に聞き、勧められた薬?も普通の風邪薬系の薬だと思っている、しかしお腹がすいてるからと真っ当な理由で断り、ウイスキーは遠慮がちに飲んだものの咳き込んだり(笑)あんなにピュアなジョン・メイを好きにならない人はいないでしょう。電車の中でこぼれた食べカスもちゃんとまとめて紙コップに入れていた。最後、彼女の飼っていた犬と同じ犬(ドーベルマンだったか?)の絵柄のマグと自分に似た?ブルドックのマグを二つ並べて買っていた。あんなにいい人が最後。。。ああああああ、これ以上は言うまい。

心に染みるよい映画でした。
下手なサスペンスより驚かされた。
賛否分かれるだろうけど、私は好き。

上司のセリフが頭に残った。
お葬式って死者のためなのか、残された人のためなのか。
慎ましい慈愛と清く正しい悲哀の物語が彩度の低い落ち着いた雰囲気の映像でゆっくり静かに語られていく。
全ての貴方ごときの上に、全ての私ごときの上に、乾いた地面の上に、等しく雨の降るごとく、死は満遍なく降りしきる。
言葉遊びの音階分解にしか過ぎないけれどソラ(空)の上にはシ(死)があって、ド(土)の下にもシ(死)は埋まっている四音で語れてしまうような人生の縁にだって死を詩に変えるような出来事があったりもするんじゃないのかな。
そして、ドレを身あるいは実にまで押し上げるのかっていう選択肢の増える人生の話でもある。

奇妙なフェティッシュというかユーモアが垣間見れるシーンが印象的で、バスの中で包みから出される死んだ魚のアップとか、走行する車の開いた荷台から落ちたアイスクリームとそれを食べてるシーンとか、ソファの折れた脚の代わりに本を積み重ねて脚にしてるのめちゃくちゃ可愛くて良いって思った。
ぐぅぅうぅぅぅって感じの映画。
本当に見る人によって、ハッピーエンドかそうじゃないか別れる映画だと思う。わたしは、びみょ~~~~~。とりあえず泣いといた。
主人公はただただ好き!良い仕事をする人。こんな人がこの世に増えればいいし、私もそうなりたいと思った。

このレビューはネタバレを含みます

終始切ない雰囲気の話。ビリー・ストークの葬儀にみんなが集まるのは、ジョン・メイのお陰であり、ジーンとくるシーンであったが、孤独死を弔い続けてきた主人公が最後に死に、その葬儀にくるのは死者のみというのはあまりに悲しい話である。

このレビューはネタバレを含みます

良かった

時間を掛けすぎてリストラされてしまうのは仕方ないかもしれないけど
あの仕事振りをもっとちゃんと見て欲しかった
そしたらせめて部署替えとか注意とかで済んだのではないかと

最後にちゃんと見ててくれた人がいるって分かって安心した
rrrrr

rrrrrの感想・評価

3.4
最期が切なかった
物語は単調な感じだが、主人公の役者さんがピッタリであり、言動ではなく行動から何を考えているのか、どういった気持ちなのかなど映画をみてるときに自然と考えさせられる

このレビューはネタバレを含みます

孤独死。今後確実に増えていく問題。そして自分にも関係してくる問題。。。いろいろ考えながら観ました。
ラストは驚いた。つらい。孤独死の悲しさっていうか周りにたくさん人がいることがどんなに幸せなのかが分かる。

こんな仕事が世の中にあるのかー。死んでる人だし周りにも悲しむ人がいないから適当にやってもバレない仕事をあんなに真剣にその人のために行うメイさんはプロだ。
神経質で真面目で優しすぎる善の塊のような性格だからできるんだろうな。道渡るとき毎回右左右を確認するとこいいね。笑
彼自信の詳細は話されてないけど、過去に何かあったのかな。寂しそうに見えてしまう。
だからたまに笑うときこっちまで微笑んじゃう。
あーーー最後のお葬式見てほしかった。絶対嬉しかっただろうに。悲しすぎる。

エディマーサンの顔のクセすごい!ウォンバットみたいで愛くるしい!好きになりました!!
>|