家族ゲームの作品情報・感想・評価

「家族ゲーム」に投稿された感想・評価

食事のシーンは本当に革命的。全員の表情が見えるし、誰もカメラに背を向けない。会話も切り貼りせず、そのまま自然な流れで会話できる。いかに自分が小さい世界で生きているか痛感させられた。そして森田芳光監督の表現者の意地というか、この構図で考えつくことをこの映画の中で最後に全部やっちゃうっていう(笑)表現は破壊と衝動とでもいうか、これだけ画期的なのに誰も真似しない。やったところで上回るインパクトの画にならないしね。すごい人です。
白鵬の‘‘後の先’’じゃないけど松田優作が宮川一朗太に撃たせて結果先に撃っているように見える、あのビンタの応酬は。名シーンだ。
「『目玉焼きチューチュー』のエピソードによって夫婦に精神的なつながりがないことを笑いによって風刺している」とな。
なるへそ
松田優作のクールで厳しい演技が印象的だった
宮川一朗太がどつかれて鼻血を出すシーンは強烈だった
shige

shigeの感想・評価

3.4
成績が悪い次男を家庭教師演じる松田優作が上げていく話
ん~~
なんとも言えない映画だな🤔
結果としては面白いが
淡々と話は進んで行くし
不気味さも常にある。
でもトラブルが起る訳でも無い
しかし、観ていて飽きが来ない😐
そがべ

そがべの感想・評価

3.7
ドラマ版とは違う気持ち悪さ。弟をよりピックアップし、少し人間味のある吉本。
あの横並びの食卓はもはや伝説、ラストのめちゃくちゃなシーンがおおお!ってなる。
余談だけど、松田龍平ってお父さんにめちゃくちゃ似ててびっくり。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
戸川純キター!!!!!( ゚д゚) 純ちゃん言ってること変だけど、初めて食卓の並びに異論を唱えた人物だったなぁ。 意味がわからんとかそう言う前に、家族「ゲーム」なんでしょ?これ。カンダタが仲間に入ってダンジョンクリア、その後解散でいいよもう!純ちゃんみたいに鬱陶しいほど本気で「家族」やってる人のとち狂い方とは違うんだよきっと。誰も何にも夢中じゃない、ただのゲームとしてクリアしてきた勉強。次はどんなダンジョンなのか。ヘリの音があらわすものも、森田監督の着眼点もおそろしいわ\(^o^)/
Kobachan

Kobachanの感想・評価

4.0
中流家庭の不況和音。絶妙に卑しい空気とセリフがいいな。演出のためだろうけど、横並びの食卓が不思議。
劇中に特別な音楽を入れないかわりに、目玉焼きを啜る最悪に不快な音が観客に届けられる。
森田芳光の傑作であり、松田優作の傑作でもある。
mmm

mmmの感想・評価

3.7
視聴者からしたら全員の顔がよく見えるし、全員の奇妙さや互いが一方通行の家族関係を表しているようで
ジャケットにもなっている食卓のシーンは印象深かった。

二男の部屋では画面上部に影が落とされているし、家族の部屋はいつも暗い。
日本らしい団地っぽい家に住む日本人らしい背格好の破綻した四人家族の中に、ズカズカと長身で黒いコートの松田優作が入ってくる。
ジョーカーというより死神みたい。
家庭教師しに船で来るんかい!とは思ったけど登場シーンにはいつも緊張感が走っていた。

家族はそもそも壊れていたと思うので
ラストで何が変わったのかと
謎がたくさん残った。
父親が見当たらなかったし
松田優作と女性のシーンに音が全くないのが特に謎。
あのシーンはなんのためにあったんだろう?他の人の解釈を見てみたい。

それでも、すすきの原や工業地帯、中学生達を上から見おろすカット、それらの連続映像は格好良くて、
今まで見てきた後続の日本映画監督に影響を与えてきたんだろうなーと推測出来たし、
探偵物語のワンシーンを見たことくらいしかなかったので松田優作の魅力を知ることができてよかった。
>|