歓待の作品情報・感想・評価

「歓待」に投稿された感想・評価

前半はありふれた日常の家庭生活の中に謎の男が徐々に入り込み 支配していく様がより奇妙な謎を産んで行く。一転後半の 外国人を大勢家に呼び込む所からは 全く理解できず。尻きれとんぼ。 途中の疑問も放ったらかし無責任に尽きる。
私は単細胞なのでいじくり回して理解しようとするのは嫌い。
深田監督で一番面白い映画かも!
違和感ありながらもありえる感あってヘンテコとメッセージもあってじわじわな不快なのかなんともわからない感情に襲われる映画でめちゃくちゃ面白かった。
nana

nanaの感想・評価

3.8

深田ワールド全開のブラックサスペンス✨

にこやかで人あたりが良くあつかましい。

こんな人、身の回りにいるんじゃないかな?
関わるか、関わらないかだけで。

最初は小さな親切から。
断りきれない。
人の良さと気の弱さから踏み込まれた夫婦。
…相手はとても怖い人だった😰😓


下町の印刷工場に現れた、オーナーの亡くなった父親の知り合いだと言う男。
居座り、住み込みで職人として働らく事になるが男の妻も同居する事に。
それから次々に訪れる望まない来訪者。

徐々に家庭を侵略され、親切〜怯えに変わって行く夫婦。

「断る」事が出来ない状況に追い込まれる

いつの間にか揺すられるネタをそれぞれ掴まれ、支配される立場に😰

この住み込み職人を演じる古舘寛治の怪演。
中盤から立っているだけで恐い。
笑ったらもっとコワい😫😨

家を乗っ取られるだけじゃなく、二人の根底を吐き出させられ、穏やかだった夫婦の本当の姿をあぶり出し合う😰

本当は言いたかった?
何も無ければ知らずに生きていけただろう。
それぞれの秘密。

望まぬ歓待
来訪者よりもお互いの本質をさらけ出す事?


自爆装置。
「淵に立つ」を思い起こさせるサスペンス。
人の心理を操作する悪者の使い方がやはり深田晃司監督ならでは。
大人のノワール。


深田晃司映画祭にて鑑賞
Sashiwoh

Sashiwohの感想・評価

3.6
舞台は錦糸町の小さな印刷屋。最初の歓待(おもてなし)が芋づる式に次の歓待を呼んで、ついに、というストーリー。人が入ってきちゃう玄関の構造が鍵だった。96分、集中して見続けることができた。その中で気持ち悪いなあと何度思ったか。その印象のしぶとい灰汁の強さがふつふつとこびりついて離れない。
TearDrops

TearDropsの感想・評価

3.6
ずーっと何かが起こりそうで ヒヤヒヤしながら見た。結局何かは起こるが 深く大きなものではないく何だか笑えた。
当たり前のように闖入してくる人間が気持ち悪くて仕方なかった。闖入者によって家族も狂わされていってかわいそうだった。今日もどこかの誰かの家で当たり前のように生活しているのかな
りっく

りっくの感想・評価

4.3
ひとつの家をめぐり、他人がズカズカと土足で上がり込むことにより、自分の存在意義を意地悪く問うた喜劇。

特に図々しく人の心にまで土足で入り込み、人の弱みや隠し事を嬉々として炙り出し、悪魔のように囁く古舘寛治の佇まいはベストワーク。
mn

mnの感想・評価

-
古舘さんが最初から怪しい臭がすごい
ずっと何やらかす人なのか気になりながら見てた

最初は夫婦に見えなかった二人が最後の方夫婦に見えてなんかうれしい
昔見た映画だけど、変な映画で楽しめはしたものの主要キャストが知り合いになってしまっているせいで正常というかフラットな評価が出来なくなってしまっていた記憶あり。(多分それは今見ても変わらない)

ちなみにこの作品を撮っていた頃、監督は安部公房の友情の存在を知らなかったそうな。
下町の印刷工場を舞台に生活を丹念に描き
何かを予感させる展開になっていきますが
結局何が起こるかというと外国人を大量に呼び込むというオチ
びっくりするくらいくだらないです
(海外で評価されたそうですが何となく分かります)
不法就労というトピックをコメディーで扱っています
やんわりとご近所さんの排外主義を風刺しています
ダンボールハウスに住んでいるホームレスの排除も描かれているのですがほとんど裏にしてしまっているのでよく分かりません

公開から何年か経ちましたが、今見ると面白さが増しているかもしれません
アクチュアルな問題です
ただ深刻さは増しています

ところで倒れた職工さんはどうなったんでしょうね
>|