幸せの向う側の作品情報・感想・評価

「幸せの向う側」に投稿された感想・評価

mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
2012/11/16鑑賞(鑑賞メーターより転載)
結婚して娘も生まれ完璧に幸せな家庭を持ち...という人情ものかと思いきや、中盤以降は夫が事故死しそれに関する疑惑が噴出して、というサスペンスへ一転。すべて理解していたように見えて何を考えているのかわからない、愛しているのに得体が知れない夫の不気味さなどには怖さを感じたものの、ミスリードを誘うような伏線も少なく展開がおおよそ読めてしまうしそこに至る背景の説明も不足していて、かなり惜しい感じはする。コメディの軽妙な姿の記憶が強いゴールディ・ホーンが可愛さを残したまま新たな境地を切り開いたのは見所だが。
序盤は面白くなりそうな気配だったけど、終わりが近づくにつれて冷めてった。
junya

junyaの感想・評価

1.0
覚えていないが、当時はつまらなかったという評価をしている。
iceman

icemanの感想・評価

2.0
あなたの御主人がもしも架空の人物なら?

いえいえ、これは映画の中でのお話。
少々荒削りなストーリーは、この年代
なら面白かったのかもしれない?

やはり、冒険レンタルだったのか…?

疑うべきは身内から?…
女性の[勘] 第六感は、鋭利な刃物の
ごとく鋭く男を見極めている…?

いささか悪い表現かもしれないが、
男にはない" 勘 "だと思う。

この映画、なぜかしっくりとこない?…

マイルドなネタバレをすれば、
美術品の修復をしている主人公が夫と
愛娘にも恵まれ幸せに暮らしていたが、
ある日、夫が働いている美術館の館長が
自殺する事件が起きる。
夫に不審な行動が…
第六感で夫婦間に溝が生じてしまう…
というストーリーなんだが…
女性の第六感がはたらいた筋書きなら、
先が読めてしまえばいささか面白味に
欠けてしまう。

序盤から落ちが読めてしまうサスペンス。

ラストもなんともマイルドで微妙な終わり感だ。
みそ

みその感想・評価

3.6
ゴールディホーンの他の作品が見たくて借りたので、何の情報もなくどんな映画かわからないまま鑑賞。
でもメインのビジュアルがなんだか怖いのでサスペンスかしらと思っていた。

最初は誰が犯人なんだ?!っていうドキドキがあって、
物語が明らかになっていくにつれ、え?結局あのダンナ誰なん?(゚д゚)という混乱もあり
ダンナの狙いはなんだったのだ?首飾りならもっとシンプルに盗めやーーとつっこむ

ダンナが誰?ってなってるシーンが一番面白かったな。

楽しそうな夢みたいな家族で、幸せすぎるくらいのはじまりだったので、果たしてどんなサスペンスになるんだろ…と思ったが…徐々にきたー…

なんか、ゾワッとするシーンが結構あって、ホラー寄り。


しかしゴールディホーンや、まわりの女性たちの衣装が本当にかわいい!おしゃれ〜〜
ぜんぶかわいいわい
美術品の修復がお仕事って、すてきだな、浪漫があるな
【鑑賞履歴】
あまり憶えて無いのでレヴュー無し。

※スコアは気にしないでください。