Keikoの作品情報・感想・評価

「Keiko」に投稿された感想・評価

なんだろうこの覗き見ているような感覚は。時代の空気は懐かしいのに、今、すぐそこで起こっている事のような気さえする。たまたま入った喫茶店の隣のテーブルから聞こえてきた会話から勝手に妄想したストーリーみたいな。keikoが時折風間杜夫に見えたりしながらも楽しめた。
一人の23歳の女性をドキュメンタリー的に描いた映画であった。

ただ、ある女性がダラダラと映画館で映画観ている場面から始まり、京都を舞台として「23歳でバージンっておかしいですか?」などと恩師に尋ねてロストバージン。
喫茶店で見かけた男とセックス、レズシーンなどと、極めて私的な映像を見せられても共感できず。

公開当時に観たら、印象変わったかもしれないATG映画だった。

<映倫No.19913>
otom

otomの感想・評価

4.1
今村昌平ばりの生々しいドキュメンタリータッチ。ド昭和の女子世界(世代としては自分の母親くらい)を覗き見る様でいささか複雑ではある。日常的なのに超展開に次ぐ超展開な不思議な一本。良作。
かな

かなの感想・評価

-
ドラマティックなストーリーを(これは23歳OLの普通の生活ではないと思う…)ナチュラルに切り取っている。リアルなやりとり!観ているだけでkeikoのことをよく知っているような気分になりどんどん情が移っていく。だからあのラストは不満だ(たんなる個人的な感情です)当時はそういうものだったのかもしれないけどさ。彼女には幸せになれると思うし、そうであって欲しい。だってそうじゃないと…
いつの間にか全く重ならないはずの自分を重ねて観てしまっていた。不思議。
SAYACANDY

SAYACANDYの感想・評価

5.0
めちゃくちゃすきだった
淡々とただケイコの日常が流れて行く
それがよかった
衝撃を受けたし斬新に感じた
最後のケイコはちょっと嫌だったな
でも女の子ってそんなものかもしれない
DVD欲しいけど中古で15000円から30000円とかで未だに手を出せていない…
かす

かすの感想・評価

3.0
インプロ的な芝居で物語を作り
間を活劇的カメラワークで埋めていく
アウトラインが決まっていることにより
進む方向が定まってしまっている
しかしやはりATGだなと思える作品
ドキュメンタリーではなくド素人を一人の演技者として起用し、波乱に満ちた若い女性の性をここまで克明に描いてみせた演出は見事の一言。
完成度もすこぶる高い。
もた

もたの感想・評価

4.3
Keikoぉーーーーー!!!
23歳 ヴァージンなんておかしいですか

最高
お世辞にも美人とは言えないKeiko
焦りと性欲が募って中年の高校時代の先生を呼び出しちゃうKeiko
デート相手に対して、もう遅いし帰るわ、なんて強がったばかりに、ひとりでパチンコ打つはめになるKeiko
少ないセリフや動きでもKeikoの感情がむき出しにされてるところや、盗撮の如く赤裸々にKeikoの全てを収めようとするところからも、製作側のKeikoに対するひたむきな愛情を感じるし、観てる方もどんどんKeikoに対する探究心を抑えられなくなっていく
後半はよりドラマ性を強めて、ラストにはKeikoは全く別のKeikoになってしまう
愛おしすぎるKeiko
衝撃の映画だった
ドキュメンタリータッチとか言われてるけど作った本人達はそんなことを意識せずに感覚的にカメラポジションを決めたのだろう…笑
個人的に、色々影響を受けた作品。
遅刻して冒頭見てないんだけど、初見の感想忘れないように。
これすごい好きかもしれない。
愛し合っていない男女のリアリティ。ケイコの部屋で壁にもたれて話すシーンがすごい気持ち悪い画角だしガチのフィックスなんだけど物凄く好きかもしれない。
何個か「なんでそこ手持ち?っていうシーンがあったんだけどどこだか忘れちゃった。
後半は普通の映画になってしまって面白くなかったけど後半の方がちゃんと映画だった。再見の余地しかない。
>|