CASSHERNの作品情報・感想・評価

「CASSHERN」に投稿された感想・評価

中学高校で何度も観た映画。
誰がなんと言おうとカッコイイ!
まだiPS細胞のない時代に、iPS的な話を出してるところもクール!
今思うと今の自分の原点かもしれない!
TAKA

TAKAの感想・評価

3.7
ヒーローアニメの実写化はコケやすいのか評価低いけど、ヒーローアクションではなく「戦争の虚しさ」を主軸とした本作は原作アニメとは別物。感動した。
Rin

Rinの感想・評価

3.5
ストーリーよくわからないけど切なかった。映像綺麗でした。GLAYがらみの映画は必ず観ます
Yま

Yまの感想・評価

2.8
原作アニメを知らない世代だからかもしれないが、初めて見た高校生の時は最高にクールでメッセージ性の強い映画だと思ってました。
Kaz

Kazの感想・評価

4.5
どうやら各方面から相当な酷評をされていたらしいと聞き、上映から随分経った今、改めてその理由を知りたいと思い、このレビューを書いています。

原作の設定、登場人物を大胆すぎるほどに変えてしまったこと。
映像がほぼCGに頼りすぎていたこと。
物語のテーマを露骨に伝えようとしていること。

様々ありましたが、映画館で観た当時高校生の自分は、単純に「カッコいいな」と感じました。
バトルシーンや景色のモーション、配色が、ものすごくしっくりきたのです。
亜細亜共和国連邦の雰囲気なんかはまるでFF7のようで、あの退廃的な空気にハマっていました。ブライキング・ボスも大層カッチョ良かった。
映画、というより、PVのような、アーティストが製作したビジュアル作品と解釈した方がよいのかもしれません。

誰にも作り上げられないような、新説・キャシャーン。
そういった意味で、非常に挑戦的な作品であることに間違いはないでしょう。
うみち

うみちの感想・評価

2.6
TVアニメ「新造人間キャシャーン」を原作にしたアクション作品。

デビルマンと同年に公開したお陰で脚光を浴びていない(悪い意味で)説を提唱したい。
bbj

bbjの感想・評価

2.5
・酷評を聞いたうえで観るとそれほど悪くない。
・少なくともテンポは悪くないので死ぬほど退屈というわけではない。
・CGは頑張ってる。無駄に光らせたりボヤかしたりするところもあるけど。

一番印象に残っているのは宮迫だ。
耐え難い過剰なキャラクターはギャグにしか見えず登場回数も多いためリアリティが著しく損なわれている。
原作は読んでいないが、このキャラクターは宮迫以外が演じても無理があったかもしれない。
ちなみに宮迫が出るシーンをごっそりカットしてもストーリー的にはほぼ問題ない。

ラストに向かうにつれ伝えたいメッセージを全部セリフで言わせているシーンが目立つようになるがこれは非常に映画的ではなく演劇っぽい。
そもそも伝えたいメッセージが、今となってはかなり陳腐。
そのメッセージにそってストーリーが進み、意外な展開が起こらないので後半は見なくてもいいのではとすら思える。

傑作ではないがひとこと言いたくなる映画。
monja

monjaの感想・評価

3.5
原作とは全然違ったとしか覚えてなかったので再鑑賞。
当時どんな感想を抱いのだろうか。
今観たら結構重く受け止められた。
新造細胞がips細胞みたいな感じだな。
人体実験なんて旧日本軍の731部隊を彷彿させる。
最近色んな人から新しい細胞や遺伝子が発見されて、再生医療に応用しようとしているから考えさせられた。
それにして皆若い。
麻生久美子が可愛い過ぎてたまらん。
寝る

寝るの感想・評価

4.5
酷評されてるけど私は好きです
原作を知らない分、フィルターなく見られたからかも
よー

よーの感想・評価

1.5
正直気乗りしなかった、だって140分もあるんだもん。
見始めたそばから、窓の外の雲が一層厚くなった気がした。暗い。どんより。どうしよう。
唐沢寿明が出てることしか知らなかったけど、他のキャストもかなり豪華なんですね。
なのに……!
老けた新垣結衣=若い麻生久美子っぽいね、って横にいる弟と話しながらみてたのは最初の十数分。
あとは一人で見てました。
寺尾聰って一定以上歳をとらないね。
>|