少林寺への道の作品情報・感想・評価

少林寺への道1981年製作の映画)

十八銅人

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.1

「少林寺への道」に投稿された感想・評価

くぅー

くぅーの感想・評価

3.6
HDマスター版の登場で、やっとじっくり見れましたが、噂通りに濃ゆくも古き良き1975年作品だった。

そんな原題は“少林寺十八銅人”で、これも少林寺での修行が見所になるが、あの三十六房を凌ぐ奇をてらいまくるシーンの連続には苦笑だが、熱く面白いゆえに、やはりついつい見入ってしまう。

そして、少林寺下山後の仇討ちまでの展開もかなり唐突で粗いのだが、兄弟子の鉄君演じるカーター・ワンの力強い存在感に思わず頷いてしまうのだった。
財前

財前の感想・評価

2.5
「処刑教室」の同時上映

当時は少林寺ブームで映画館は立ち見であった。
marusei

maruseiの感想・評価

3.2
子供の頃に大晦日の昼下がりにTV放送してたのを楽しみに観てた。
ブロンズの戦士?みたいのが道場?に待ち構えていてそれを倒したら認められる。面白かった!
母親はそれをよそにご馳走作り〜。
カーターワンの眼力ちゅうか顔力ちゅうか…嶋田久作ばりの力強さ・迫力をもってますね。

カンフーとしての迫力は皆無ですが。
●'83 1/22~2/25公開
配給: 日本ヘラルド
ワイド(シネスコ) モノラル
観賞日不明 テアトル福井にて観賞
フィルム上映
パンフ購入

同時上映:
「処刑教室」