フレンチ・コネクション2の作品情報・感想・評価

「フレンチ・コネクション2」に投稿された感想・評価

aoi

aoiの感想・評価

3.5
フレンチコネクションは1-2合わせて観てセットだったらしい。
前作同様、警察組織の人間とは思えない暴挙っぷりはご愛嬌。正義のためなら許されるのです笑
犯人を、文字通り「あぶり出す」ために建物にガソリン撒いて火をつけるところなんか、もうトンデモ捜査すぎて笑ってしまう。

麻薬捜査でとうとうフランスまで来てしまったポパイことドイル刑事。
英語は通じないし、1でやらかしてしまった前科(笑)のせいで、フランス警察にも問題刑事として邪険に扱われる中、一人奮闘する彼の執念と根性は、もはやスポ根もの。

「お前、銃は持ってるか?」
「俺の経歴書見てないのか?」
「見たから聞いてるんだ」

いじられててわろた。

迫力ある逃走シーンや銃撃戦も見所だけど、1と同様「?!」となる終わり方にすべてもっていかれる。

# 182/2018
pongo007

pongo007の感想・評価

4.1
 一作目がよすぎたので。ただ、やはりハックマン、かっこよすぎです!
ネット

ネットの感想・評価

3.7
途中ちょっとダレる気もしなくもないが、終盤は超面白い。
注射描写は痛そうなので苦手。
最後のアジト押し入りからがめちゃ楽しい。走る走る!まさかのPOVまである。
ラストがいろいろとすごい。
BSにて初鑑賞。前作はだいぶ前から見ていましたが、この続編は今に至るまで未鑑賞でした。

そんなに期待していませんでしたが、かなりアクション多め。ドイル刑事の奮闘が全編に渡っていて驚きました。

前作で取り逃がした麻薬王シャルニエを追って、マルセイユの街を疾走するドイル。

返り討ちに遭い、麻薬漬けにされて殺されかけても一命をとりとめ、禁断症状に苦しむも復活。死にかけた人間とは思えないほど銃撃戦に参加するわ、シャルニエを追いかけて、街中を全力疾走。まさに超人。
ラストシーンも余計な演出は無く本当にカッコいい。

前作見た後そのまま見とけば良かったなぁ。それなりに楽しめました。
ただ劇中のフランスの警察ってあんなに使えないのか…笑
舞台はニューヨークからフランス・マルセイユ。風光明媚な観光都市…というイメージをいきなりふっとばすためだけにあつらえたとしか思えない港での魚の腹捌き(笑)

前作で取り逃がしたシャルニエを追うドイルは変わらないものの、異国の地では勝手が違う。銃は持てない、車もない。でも相変わらず黒人には差別気味なのはいいんかい(汗)

何でもありの『ダーティーハリー』に比べると制約が多く、完全無欠のヒーローとは程遠いドイル刑事だけど、手負いから報復を果たす姿を応援したくなる!
NY

NYの感想・評価

2.8
ヤク中描写などは、当時はセンセーショナルだったんだろうな。
今見ると踏み込み甘い気もしますが。
ラストも鮮烈。
ハックマン、疾る疾る‼︎
マルセイユ怖くて行きたくなくなりそう…
ワンを見たらツーも見てね、。
1作目の余韻で面白くみれます。
古い町並み観れますよ
戯連堂

戯連堂の感想・評価

5.0
刑事モノを見てたつもりが、スポ根映画状態にっ!走る、走るハックマン!アジトの焼き討ちはやり過ぎ(面白いから赦す)マルセイユの魚臭さがよく匂う。
swansong

swansongの感想・評価

4.1
「シャルニエぇぇ!」
この一瞬のカタルシスのための120分♪

「おい、ポキプシーに行ったことがあるかコイツに訊いてくれ。」
言葉も通じない異国の地マルセイユで、地元警察の協力さえ得られぬまま仇敵シャルニエを追い続けるポパイに、刑事ドラマ史上最大の危機が!

こんなとき、物憂い顔で助けに来てくれるはずの頼れる相棒クラウディー (ロイ・シャイダー) も、いまや海辺の田舎町アミティの警察署長 …

ここからのハックマンの迫真の演技と肉体を酷使した「チェイスシーン」は、何度観てもスゴいですね!

そしてマルセイユ市警察のバルテルミー警部 (ベルナール・フレッソン)やら、シャルニエの手下 = マシンガン・ジャック (フィリップ・レオタール ←マルセイユの成田三樹夫?)ら、フランス勢もがんばってくれてます。

アラン・シャルニエ役のフェルナンド・レイは、 「続・荒野の七人」、 「ガンマン大連合」、 「汚れなき悪戯」など、 「フレンチ・コネクション」シリーズ以外の作品では、 「冷酷非情な麻薬王」というキャラクターとはほど遠い "欲のない善人"を演じているのが面白いですね。


以下、余談です。

「ブリット」
「フレンチ・コネクション」1&2
「ダーティハリー」1&3
「ザ・セブンアップス」
「シャーキーズ・マシーン」
「48時間」
「ダイ・ハード」
「ホット・ファズ」

これが、いま思い浮かんだマイ「ポリスアクション 10選」であります♪

あ、「刑事マルティン・ベック」やら「ビッグ・マグナム77」やら「マックQ」、それにウォルター・マッソーの「マシンガン・パニック 笑う警官」が漏れてますやん。
ファン・ジョンミン兄貴の「ベテラン」も!

("⌒∇⌒") キリガオマヘン♪ 2018ー11
otom

otomの感想・評価

4.4
1作目で取り逃がしたフェルナンド•レイを捕まえるべく、マルセイユへやってきた2作目。前作より話はシンプルですんなり観られる。1作目が云々と、比較と云うよりは2作で1本。ヤク中にされた恨みを晴らさんばかりにアロハを着た銭形ばりのジーン•ハックマンがフェルナンド•レイを追い詰めるシーンは圧巻。ラストはしびれる。名作。
>|