フリック・ストーリーの作品情報・感想・評価

「フリック・ストーリー」に投稿された感想・評価

ジャンルイトランティニャンとアランドロン。2人がかっこ良くて、素晴らし過ぎ。
大学図書館にて。“スーパー・デカ"ドロンのへっぽこジャンプが最高。トラティにゃんもトラティニャンしてて見ものですぞ。
まつ

まつの感想・評価

3.3
アランドロン主演で実話もの。
特出して何かがあるって訳ではないんだけど全体的に渋さとかっこよさがあって観てて惹かれました。
アランドロン←美男子の代名詞のようで。
又、観直したい。

記録
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
「フリックストーリー」
本作はアランドロンとトランティニャン共演で贈るフランス犯罪史上類を見ない暗黒街のドンを追い詰めるサスペンス映画で、兎に角ドロン含む俳優らが渋くカッコイイ…銃撃戦から手榴弾まで投げ込まれる壮絶な3年間の実話の映画化は見応えがあり、今の時代じゃ創れない刑事物だ。
dailyfroth

dailyfrothの感想・評価

3.5
実話ものの原作に惚れこんだアラン・ドロンが自ら製作も務めて主演したという本作はどことなくメルヴィル系ノワールな趣。冷徹な悪役のジャン=ルイ・トランティニャンが安藤昇の上位互換って感じでこれまで観た出演作のなかでも抜きんでて魅力的だった。
アラン・ドロン扮する敏腕刑事が脱獄した凶悪犯を追う物語。

ジャン=ルイ・トランティニャン演じる冷酷な凶悪犯が印象に残ります。

緑のトレンチコートに咥え煙草のアラン・ドロンもまた新鮮。

実話を元にしてるので、派手さは少なめ。この時代ならではの捜査方法は興味深いですが。
はま

はまの感想・評価

3.3
引き続きアラン・ドロン特集。
今作は刑事さん。ほんといろんな職業やってますねぇ(笑)

実話に基づいたお話ということで、フランス史上に残る凶悪犯vs敏腕刑事の長き戦いです。
凶悪犯エミールが脱獄したところから始まり、レストランの客を襲ったり給料日の現金強奪したりと、やりたい放題(笑)

やってることがかなり強引な手口なんだけど、実際にやろうと思うと確かに合理的な手口でもあって…逆にリアルだなぁと思いました←
現代社会では到底存在し得ない犯罪者がいた時代ですね。だって「俺がやってる」って、隠す気がないですもんね。

そんなエミールの捜索をする刑事ボルニッシュ。
これ、思うと今の科学や機器の進化はすごいなぁと感じるばかりなんですが、ほんとに捜査の進歩がちょっっっとづつなんですよね(笑)
エミール本人にはかすりもしなくても、その周囲の人間関係から固めていくジリジリ感、そこもリアルで…じれったくもありました←

でもエミールにもちょっと気持ち傾いちゃう瞬間とかがあるのも今作の面白いところ。
エミール役のジャン=ルイさんがすごいです!
瞳が澄んでて、表情に憂いとか哀愁みたいなのがあって一概に凶悪犯とか言えない感じで… いや、悪人でしかないんやけども。

自分の行動や、ボルニッシュの捜査で段々周りの人が信じられなくなるエミール。
自分から捜査の枠を狭くしていったとも捉えられる感じが、余計「かわいそう」と思わせられる要因かも。

そんな感じで、刑事のアラン・ドロン目当てでありながらエミールの存在感にドキドキした一本でした。


張り込みするアラン・ドロンがかっこよすぎる
pier

pierの感想・評価

3.5
物語が淡々と進んで山がないです。
トランティニャンは悪役でも瞳が澄んでて魅力的でした。
riekon

riekonの感想・評価

2.0
冷たい眼差しのトランティニャン演じる強盗犯がいいね。
あんなに色んな場所で顔出してるのになかなか捕まらないから(笑)
ちょっと途中飽きたね。
レストランのシーンの芝居といきなりの逮捕が楽しいね。
昔は警察手帳ではなくて警察メダルだったの?今もかな?見せ方が面白かった。
A.ドロンの緑のトレンチ素敵だわ。
A.ドロンは若い頃が好き。
>|