恋のドッグファイトの作品情報・感想・評価・動画配信

「恋のドッグファイト」に投稿された感想・評価


リバー・フェニックスが「マイ・プライベート・アイダホ」に続いて出演した青春ラブストーリー。

1963年、サンフランシスコ。ベトナムへの出征を目前にした若き海兵隊員たちは、誰が最も可愛くない女の子を連れてくるかを競うゲーム「ドッグファイト」に興じていた。その中の1人である青年バードレースは、喫茶店で働く冴えない少女ローズに目をつける。しかし、バードレースは次第にローズにひかれていき……。

甘ったるい恋愛映画になっていない所がいい。
柚彦

柚彦の感想・評価

3.0
一番好きな俳優は?と聞かれたらこうだ。
俺はゲイじゃないが、リヴァー・フェニックスとなら結婚できる。
リヴァーが死んだ年に見ると決めてた恋のドッグファイトをやっと鑑賞した。

ベトナム出征前夜の海兵隊は、誰が一番ブスな女をパーティーに連れてこれるか賞金をかけて競う〝ドッグファイト〟というゲームで盛り上がっていた。リヴァー演じるバードレースはウェイトレスのローズをパーティーに誘うが、彼女の美しい内面を見た彼は…。
恋愛映画だがヒロインがブスというご法度を犯しているのに、ローズのころころ変わる表情や芯のある性格を見てるうちにだんだんこっちも惹かれてってしまうのだから中身の大事さを痛感した。男女の会話のシーンとラストシーンの何とも言えない切なさが特に良い。
〝嘘〟をシニカルに書いた脚本が秀逸なラブロマンス映画だった。
ruhi

ruhiの感想・評価

3.8
ホント最初こいつヒロインでいいのかよって位ブサイクに観えたリリテイラーも中盤からちゃんと綺麗ですげー。
恋に落ちると人は綺麗になれるんだな。
リヴァーフェニックスやっぱりかっこいいなぁ。リヴァーフェニックスが青春する映画を求めていてとても良いものに出会えた!!ローズが店の隅でギターを弾いている優しい後ろ姿に見惚れたのかな。この映画は需要でしかないです。
町田

町田の感想・評価

3.0
8月30日鑑賞。対極な2人が恋に落ちてく過程が素敵。しっかりとした芯がある女性だから惹かれたのかな。最後また会えて良かった。
kaho

kahoの感想・評価

3.5
リヴァー・フェニックスを求めて。
戦争の絡んだ青春映画って、クソガキたちが良い会話をする。
リヴァーフェニックスかっこいい…最後に見せた腕の4Bがまたかっこいい。
おすし

おすしの感想・評価

3.2
「ウソを信じ込む。これがアメリカだ」って会話が、ベトナム戦争への皮肉に思える。
2022.8.22
ベトナム戦争時のUS NAVYのファッション,ヘアスタイルがカッコいい。
ストーリーは海軍が戦地に行く前にどれだけブスな女性をダンスパーティーに連れてくるかという最低なゲームでリヴァーフェニックスが連れてきた娘を本当に好きになってしまう。

リヴァーフェニックスのミリタリーファッションとヘアスタイルがカッコいい。
リヴァーフェニックスがいつも通り格好良くて、道徳的にアウトな遊びが好きなくそ野郎かと思いきや途中から純愛になってた

映像の古さがまた良い

ほんと生きる時代も国の文化も自分とは全く違うな
>|

あなたにおすすめの記事