映画 妖怪人間ベムの作品情報・感想・評価

映画 妖怪人間ベム2012年製作の映画)

上映日:2012年12月15日

製作国:

上映時間:124分

2.8

「映画 妖怪人間ベム」に投稿された感想・評価

hotkeiko

hotkeikoの感想・評価

3.0
テレビドラマが映画化されると、話を大きくしすぎてドラマの時の良さが出ないってことがありがち。でも、この映画はドラマの良さがそのまま出てて良かった。ドラマを見ていない人には説明不足で分かりづらかっただろうけど、それは仕方ない。
悪を取り込まないと人間になれないっていうのが辛い。妖怪人間だけど、せっかく悪の心がないなら、そのままでいてほしい。
杏が美しく、福くんがかわいい。
すー

すーの感想・評価

-
録画してあったから見た

ドラマ見てなかったから知らない人いっぱい出てきて誰や〜って思ったけどまぁ理解出来た。福くんめっちゃちっちゃい…月日の流れを感じる

子供向け感が強かったけどファミリー向けドラマの延長として妥当な感じ。2回に分けてドラマとしてやればよかったような気がする。うんやっぱりちょっと作り込みが甘い節があったのでわざわざ映画館で見たいかと言うと…。

杏が綺麗だった
普通。なんだか普通に終わっていってしまった。それにしても #杏 さんのベラぶりが凄いなと、いつみても思う。そこは感動。キャスティング最高。
D

Dの感想・評価

1.5
アニメの実写映画化。
亀梨くんはどんな気持ちで演じていたのだろうか…。

小さい頃にアニメを何気なく見て、不気味なビジュアルに驚いた記憶があります。

映画は正直、退屈でした。
はやく人間になりたい〜!
☝︎このキャッチフレーズ印象深い。
子供の頃に観ていたアニメが実写化❗️
このアニメを初めて観たのが
小学3年?4年?の時かな?
初めて観た時は衝撃だったけど
不思議と引き込まれたな〜
個人的には実写化も観ていて面白い👍

このレビューはネタバレを含みます

噂には聞いていたけど、杏のベラはハマり役だと思った。

主題歌の「早く人間になりたい」というフレーズ、あまりにも有名。なぜ彼等はそう思うのか、また最終的に彼等はどういう決断を下すのか、その理由は何なのか、ということを考えることがこの作品のメッセージに伝わると思う。それは多分、「人間賛歌」。人間であることの素晴らしさみたいなものを作品を通じて伝えたい、そんな気がする。

原作自体が面白いから、安心して観られる映画だと思う。
Mel

Melの感想・評価

2.5
見たのが数年前でほとんど内容は覚えてないが、つまらなかったことは記憶している
motutya

motutyaの感想・評価

4.5
中学のときに見てたので、今見ると懐かしさを感じた
人間は妖怪を醜いだの化け物だの言って酷く嫌ってるが、彼らを外見だけで判断し、自分の過ちを反省しない人間の方がよほど妖怪に見えてくる・・・
MiYA

MiYAの感想・評価

2.4
「金曜ロードショー」にて。アニメもドラマもよく知らんのですが、なんで彼らは人間になりたいんだろう。そこの部分での共感ができないので、何してもダメ。

この映画の唯一の美点は観月ありさでしょう。彼女にラスボスを演じさせるというキャスティングがすごいし、この仕事を引き受けた彼女も偉い。
シー

シーの感想・評価

3.5
なぜかドラマ見てたけど、キャストいい!
映画にする必要はないと思うけど、
悲しくて人間てどうしようもないなって気付かされる!
>|