インターミッションの作品情報・感想・評価

「インターミッション」に投稿された感想・評価

発熱

発熱の感想・評価

2.5
意味の無い死ほど美しいの。
お客様、刃物は心にしまってください!

すてきな台詞の言い合いっこって感じ。
reona

reonaの感想・評価

-
銀座シネパトスさらば作品。
電車の音を聞きながらみるのも最後。
となりの席の人と目が合うのも最後。
きのこ

きのこの感想・評価

3.0
本作のタイトルであるインターミッションとは長い映画を上映する際に観客の為に途中でとる休憩のことだ。

本作は、もうじき取り壊しになる映画館でインターミッション中に観客が会話をしている様子を描いた作品。

会話を楽しむ様な作品なのでストーリー性で魅せるという感じではなく、万人ウケはしないと思う。

けれど本作に登場する染谷将太はどの映画に登場する彼よりも魅力的だと感じた。
彼が本作で醸し出す雰囲気とビジュアルの魅力だけでも観る価値はあると思った。

このレビューはネタバレを含みます

 閉館する銀座シネパトスを舞台にして、お客さんとかスタッフの話。

 名画座の銀座シネパトスが舞台というだけでもう映画が好きなんだなと感じられる映画ですが、1つの劇映画としては面白いのか? と見れば首をかしげる内容でした。
 座席に座っている人たちをただ映して、その会話が面白ければ楽しいと思いますが。これがあんまり面白くなかったのがキツいです。串団子式にいろんな人たちが出てきて退場していく。それがどんどんと盛り上がってく雪だるま方式な展開にならなかったです。

 やたらと原発の話をするのも一体これは何を見ているのだろう? という気持ちになってしまいました。少女誘拐事件のオチもこれでいいのかと疑問のオチでした。
 
 みんなで楽しそうに作っている雰囲気は伝わってきますが、インターミッションのインターミッションで女優の香川京子さんが黒澤明監督や溝口健二監督の思い出を語るインタビューが1番面白かったです。
Emma

Emmaの感想・評価

3.0
シネパトス、懐かしいですね。。

作品としてはイマイチでしたが、
シネパトスが舞台、それだけで
ジーンとくる方も多い作品なのでは。
シュウ

シュウの感想・評価

3.6
劇場内の、映画と映画の間の時間。
これを「インターミッション」と呼びます。

本作はそのインターミッションでの会話を集め、最終的にある位置に到着するというお話です。

有名な映画館の閉館記念の作品でした。

感想
本作のような、ミクロな部分に焦点を当てて広げていくような邦画は大好きです。
雰囲気が出るんですよね、、

そして意外にキャストが豪華なんです。
挿入されてるあるテーマが少し謎なんですが、閉館記念ということもあり全体的に切ない色で覆われている作品です。

もう一度観たい!
知識の有無で大きく印象が変わってしまう

(自称)映画好きの人に贈る「どれくらい映画が好きか」を判断する判断材料的作品。五段階評価で私は3△くらいだった。

それでも笑える所は笑えたし、ワンカットで撮ってるだろう箇所が多くて見応えもあった

金髪染谷将太見たさに観たけど、しれっと登場する門脇麦も可愛かった

あと竹中直人は何やっても竹中直人笑
織田

織田の感想・評価

1.1
原発についての部分が唯一、作り手側の熱意というか温度を感じたけど、それにしても滑稽だった。
東京でも原発、放射能、と騒いで、行動を起こす自分に酔っている人たち。
原発反対!とか叫んだり、放射能に対して過敏な反応をしたりって、被災地のためにとは口だけで結局自分が可愛いから。怖いから。

東京で受ける放射能被害なんてたかがしれている。
んで、一番気に入らないのは騒ぐ時だけ騒いで、いまみたいに報道されなくなったら平気な顔して生活してる人。

被災地にとって一番意味があるのは金銭的援助。黙って義援金を送る人が一番偉い。
東京の扇動されやすい過敏人間を皮肉的に描いたものだとすれば逆に褒めたいが、まぁ多分違うだろう。

つまらない、
わからない、
説教くさい、
の三拍子。

最後には何か変わるのかなと思ってラストまで見たが、何も起こらず。
riekon

riekonの感想・評価

2.0
そうなんだ〜なくなっちゃったんだ。
知らなかった。
一度だけS.ゲンズブールの作品を観に行ったわ。
ミニシアターは味があって好きだから無くなるのは寂しいなぁ。
しんみり終わらず爆破で終わるっていいね!(笑)
「ゴダールよりセガールだよね」
プププ
yk

ykの感想・評価

3.0
金髪ロン毛のいつも以上に気だるい染谷将太は死ぬほど麗しいので染谷将太が出てるシーンだけでもいいからみた方がいい
彼にこのビジュアルにさせたの感謝しかない
染谷将太に星5つ 映画は星2つ
>|