時代劇は死なず ちゃんばら美学考の作品情報・感想・評価

時代劇は死なず ちゃんばら美学考2016年製作の映画)

上映日:2016年12月03日

製作国:

上映時間:85分

3.5

あらすじ

京都を中心に発展してきた時代劇映画。その時代劇の華である『ちゃんばら』の人気は、若者はもちろん今や女性の間にも広がり、そして世界からも注目されている。時代劇の歴史的変遷をふまえ乍ら、評論家、俳優、殺陣師へのインタビューをまじえ、その『ちゃんばら』の面白さを徹底的に追及。ラストには本格的なちゃんばらシーンを披露する。

「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」に投稿された感想・評価

駄猫

駄猫の感想・評価

3.0
勿体無い出来、というのが率直な印象。

インタビューに登場する関係者や使用可能な素材の豊富さを考えると、もう少し深い考察と充実した内容のものが出来たのではないかと思ってしまう。

個人的には冒頭の映画の歴史や最後の新撮のシーンはもう少しタイトにして、殺陣の違い、かつての撮影所の個性差、名監督たちの作品群への考察などをじっくり観たかった。

とはいえ、時代劇が形骸化し、衰退している昨今。
こうした作品が作られたことは喜ばしいし、時間も短く気軽に観ることができるので、入門編としては良いのかも。

時代劇が持つ可能性への言及も印象的だった。
今だからこそ、の面白い時代劇が観たい。
映画学校で上映しそうなドキュメンタリー。映画研究者たちの意見が意外に多くて、どうせなら中島監督目線の意見をもっと聞きたかった。黒澤とか大映の時代劇の言及がもっと欲しかったですね。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
内容覚える気なくダラ見したけど人によって殺陣のスタイルが違うみたいな話は今まで考えたこともなかったから面白かった。
春日太一さんのまとめるような喋りかた分かりやすい。
監督が黒澤時代劇について言葉を返すとこ秘められたエモさを感じた。
しかし序盤に女優さんと話している監督見てると可愛いオジさんて感じでこれで初めてお姿を見る人は錚々たるフィルモグラフィーと一致しない感じではないか。
まこー

まこーの感想・評価

5.0
父を語らせる松方弘樹を撮っただけで価値ある。『太秦ライムライト』とセット。
かくも豊穣なる我が国ならではの(文化的?)財産が潰えようとしているのが悲しいが。
mince

minceの感想・評価

4.0
「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」テアトル梅田1。京都から始まる日本映画の創世から時代劇の歴史成り立ち役割を紐解く。時代劇ファンはもちろん全ての人が観て楽しめるドキュメンタリ。1942年の「長恨」の殺陣に挑むラストは圧巻。呉の映画の行列を横目に見ながらアニメばかりが日本映画やないでと独りごち😎これは「太秦ライムライト」の実録後日談だ。2017年1月14日
kamakurah

kamakurahの感想・評価

3.5
真面目な論考で様々なことを考えさせられましたが、もっと徹底的に楽しめる娯楽ドキュメントにして欲しかった。時代劇の再興は、日本映画界の重要な課題だと思います。
やはり百戦錬磨のカツドウ屋たちは至極真っ当なコト言うな。
スジがあってのチャンバラ。
「残り3分で」って言われて、怒って帰っちゃったって痛快ですね。

それにしてもスバル座のアナウンスとチャイムは落ち着く。
数少ない自由席のロードショー館、ガンバレ!!
時代劇が滅茶苦茶好きなので鑑賞。
日本映画の歴史と時代劇の興亡をインタビュー主体のドキュメンタリー形式で描く。
映画ではないのであくまでも興味のある人向け。

大スクリーンで少しだけとはいえ「座頭市物語」や「雄呂血」、「決闘高田馬場」を観れて満足。
もっと観せて欲しかった。

個人的に一番好きな剣戟スター萬屋錦之助が殺陣師達のインタビューで評価されていて嬉しい。
やはり一番は近衛十四郎だったけど。

東映劔会の方々のインタビューの「我らが上手く斬られなかったらスターさんは踊っているだけ。」と冗談めかして言っておられたのが印象に残る。

散々ダメなTV時代劇のチャンバラにダメ出しした後に自分で撮ってみせる監督の中島貞夫はすごい。流石です。

近衛十四郎がどれだけ凄いかメッチャ笑顔で語る息子 松方弘樹が超キュート。
KtkT

KtkTの感想・評価

3.0
大学の特別試写会にて。
日本映画の歴史。時代劇の歴史。そしてそこにおける殺陣の役割。それを中島監督自身が長年に渡り時代劇を作ってきた人々と辿っていく。素直に勉強しに行くつもりで行くといいです。
>|