天使の分け前の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「天使の分け前」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

3.2
時間の流れかたが好きな映画。

主人公は更生しようとしてはいるし、ハリーに恩を返そうとする優しさもあるが、問題の解決方法ややっていることは結局犯罪者のままで、かなり皮肉めいていると思う。
「天使の分け前」という程の良い言葉を使っているのがますますそう感じさせる。
すっきりはしないがおもしろい。
natsu

natsuの感想・評価

3.5
ほほう、そんな展開になるとは意外でした。主人公に半殺しにされた被害者がいるので素直に祝福もできないんやけど、人生の再スタートが出来たのは喜んであげたい。
aquacube

aquacubeの感想・評価

4.3
スコットランドに旅行に行く直前に鑑賞。
どうあがいても自分の人生をコントロールできずにいた主人公が、ハリーとハリーの大好きなウイスキーとの出会いによって変化していく姿は応援したくなるし、法的に悪いことはしているけれど、そんなの劇中に登場する金持ちからしたら大した量じゃないしみんなハッピーだし! みたいな心地よさに溢れていて、じんわりくる。
今回は時間なくて行けなかったけど、次にスコットランドに行くときは醸造所に行ってみたい。
ジーハ

ジーハの感想・評価

3.3
観始め…
職なし、運なし、、前科あり。
おまけに子持ちで、妻の父親から嫌われ、
娘と別れて街から消えろと言われている。
おまけに、札付きな悪い奴らにずっと追われる身…

あ、これめちゃめちゃ辛い展開の予感…
と、少し気合いを入れて集中…。

観賞あと…
あれ?思っていた感じの辛さはなく、
そしてちょっと、良いお話?(笑)

成功の鍵が犯罪。というのに…正直若干引っかかりが残りましたが、弱者に寄り添うケン・ローチ監督が、エンターテンメントにアプローチした作品なんだと思って観終えました。でもやっぱり個人的には「わたしは、ダニエル・ブレイク」のようなずっしりストレートにくる感じが好きかな★
ケンローチは労働者階級というか弱者に寄り添う人な訳ですが、
結末を"貧しい者"が成功によって"富める者"側に行く幸せではなくて、貧しいは貧しいなりの幸福ある未来の可能性に主人公を送り出すの安心する
zak

zakの感想・評価

3.6
スコットランドが舞台のウイスキーの話。
これだけ聞くと個人的にはめっちゃそそられましたね。
でも実際はそんなハートフルな感じの映画ではなかった、、、

主人公は過去に罪を犯して服役し、その後社会奉仕のかたわらウイスキーと出会う。そこでテイスティングの才能を開花させて、、、という展開なんですが、そもそも元クズ野郎なんですよ。
果たして更生できるのか、許されるのか、アリか無しか?
はっきり言って賛否両論分かれると思いますね。
観た人の判断に委ねられると言うか、、、
個人的には面白かったですけど。

ウイスキーの樽の中身は、1年に2%蒸発して目減りする。それを天使の分け前と言うらしい。
この映画のタイトルにもなっていますが、非常に素敵な言葉ですね。
あ〜ウイスキー飲みたい!(笑)
面白かった!!!

スコットランドが舞台。
この監督の作品に出てくる役者は皆んな本当に地元に住んでそうな人たちで、知ってる人が出る事はほぼない。

それが凄く良い!!

やんちゃな少年が父となり、真面目になろうと奮闘する話。
保護観察官との距離感が良い感じでホクホク。

更生の一環として参加したウィスキーの工場見学でその世界に惚れ込む。
でもとにかくお金なくて、更生仲間と一発逆転の大博打に出るんだけど、中々ハラハラした。

私もお酒好きなのでウィスキーもシングル1万越えとか叔母に飲ませてもらったけど、確かに味わいが全然違うのは分かる。私の馬鹿舌でも。
それ極めたら確かに凄い深いんだろうなぁ。
現地行って飲んでみたいなぁ。

終わり方も綺麗だし、すごく良かった!!
グッドウィルハンティングのスコットランド版て感じです!
父親がいないやんちゃな少年たちに観せたい。
844

844の感想・評価

4.0
社会福祉活動を強いられた保護観察処分のごみどもがグループで働いてる。
主人公はガキが出来て嫁のオトンとも揉めてて産まれた日に焼き食らう。
地元のライバルとももめてる。
足長おじさんがウイスキーを教えてくれて興味もつ。
更正して頑張るなか幻のモルトミルが発見されて大変。
あのバカな金玉君はいつも的確。
ボブ

ボブの感想・評価

3.0
2014/1/5鑑賞。幼い頃から悪事を重ねて来たスコットランドの若者ロビーは、息子が出来たのを期に「もう悪い事はしない、まともな職に就く」という事を誓う。ふとしたきっかけで、彼にウイスキーのテイスティングの才能が有る事が分かり、仲間3人と人生の大逆転を狙った旅に出る、という話。 これだけの面白い設定が揃っていて、解決法は結局違法行為というので萎えました。テイスティングの才能も無意味。 監督自身リアリストで、「綺麗事だけではない」と主張したいのかも知れないけれど、これじゃドキュメントを見ていた方がマシです。 60点。
Ichiro

Ichiroの感想・評価

3.7
ケンローチには珍しく快いエンタメ作といったところ。ゴロツキがディーラーを出し抜くクライム要素があるあたりはトレインスポッティングやロックストック~あたりの同系列ともいえる。誰でもやり直せる、という監督のメッセージを感じた。
被害者と会うシーンを入れてしっかり過去を見せるあたりが監督らしい。
>|