エリックを探しての作品情報・感想・評価

「エリックを探して」に投稿された感想・評価

ザン

ザンの感想・評価

4.4
これはなかなか良かった。もしかしてこの手の勧善懲悪的イギリス映画は自分のつぼなのかもしれない。カントナ作戦痛快だった。ブルースェードシューズしぶい。
終

終の感想・評価

-
パッケージに惹かれて見た。
カントナという本物のサッカー選手が自分を励まして導いてくれる話。
サッカー全然詳しくないからカントナって誰だろ〜ってなってた。
導いている訳ではなく、己の力で歩んでいる。「自分は人間ではなくカントナだ」とは人という一般名詞ではなくカントナという個人だという意味らしい。誰もが人であってそうじゃないんだ。
ケンローチらしからぬ分かりやすいハッピーエンド。このひと本当に労働者への眼差しを背けない。ちょっぴりうだつのあがらない主人公が自己啓発をして、憧れの大スターの助言を妄想で受けて人生リビルトする物語。言い訳のない人生賛歌。サッカー知らんくても楽しめるがクリロナやベッカムと同じマンUのエースナンバーをつけていた男カントナが本人役で出てきた時には目頭が。。わたしはダニエルブレイク然り、現実をつきつけて突っぱねる作品だけじゃなくて、僅かな希望みせつけて終わらせるケンローチ作品も本当最高だね。
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

3.8
イギリスやスコットランドの労働階級を暖かい目線で描くケン・ローチ監督作品。

労働者の街マンチェスターの誇りであるマンチェスター・ユナイテッドを一時の低迷期から復活させたエリック・カントナ。元フランス代表であり数々の殿堂入りサッカーレジェンドである彼自身が企画を持ち込んだ作品だというから驚き。

カントナのスーパープレー集も差し込まれててサッカー好きにはたまらない。

そしてケン・ローチ監督らしいダメダメな人間の復活劇。カントナ作戦、子供っぽすぎるだろw

「天使の分け前」でも重要キャラを演じ、今作でも友人軍団の中心ミートボールを演じたジョン・ヘンショウがとても良かった。
ワールドカップ・ロシア大会が真っ盛りなので、何かサッカー関連の映画を、と思ってはいたのだが・・・、コメディっぽかったので選んだだけのこの作品に、まさかマンチェスターユナイッテッドの往年のスター選手カントナが本人役で出て来るとは! (Jリーグで言えば、ラモス瑠偉がそのまんま映画に出て来るような)
          *
主人公は、妻と別れて、子供たち(二人のハイティーンの息子)と暮らす、郵便配達のおじさん。交通事故を起こして入院。退院して家に戻ると、そこは息子の悪友たちのたまり場になっていた。父親としての威厳もなく、息子たちには無視され、人生に希望もなく、笑いも忘れてしまった彼の前に突然現れたのは、彼が尊敬するマンUのスター、カントナ。
          *
カントナの人生指南によって、おじさんの家庭は再生していく・・・。最後の悪党退治のエピソードは、ちょっとぶっ飛んでて呆れるというか、笑えました。
          *
「すべては美しいパスから始まる」
冒頭の言葉は含蓄あって良いですね。柴崎選手の原口選手へのスルーパスを思い出しました。日本vsベルギー戦は本当にエキサイティングで素晴らしいゲーム内容だった。
      ***   ***
そこで、ワールドカップサッカーにちなんだクイズ(ちょっと唐突)。決勝トーナメントが始まってしまいましたが、予選リーグに関する問題です。決勝トーナメントに進むためには4チームのうち上位2チームに入らなければなりません。日本は1勝1敗1引分の勝点4で辛くも次に進めました。それでは・・・
          *
Q1:決勝トーナメントに進むことができる最低の勝点はいくつでしょう?

Q2:それは、どのような場合に生まれるのでしょう?

Q3:Q1の逆、決勝トーナメントに進めない最高の勝点はいくつでしょう。そしてそれはどんな場合でしょう?
      ***   ***
      ***   ***
      ***   ***
Q1の答え: 勝点2です
Q2の答え:1強3弱で、弱い3チームは実力伯仲の場合です。1強チームは3勝。3弱間の対戦はどれも引分けとなると、3弱チームはどれも1敗2引分で勝点2。この3弱の中から得失点差(対1位チームとの試合で善戦したチーム)、総得点で最上位のチームが2位になって、決勝トーナメントに進めます。
          *
Q3の答え: 勝点6です 
Q1の場合と反対に3強1弱で、3強の間では3すくみ状態(どのチームも対戦相手に対して1勝1敗)となった場合です。3強の3チームはどれも2勝1敗の勝点6となりますが、その中で得失点差、総得点で3位のチームは決勝トーナメントには進めません。
まつこ

まつこの感想・評価

3.6
おー!カントナ〜!

さえない中年オヤジが憧れの人と出会うことで巻き起こすファンタスティックコメディ。

緊迫したところもあるけどヒリヒリした社会派ではなくコミカルなのがいいな。合間に見える労働者の叫びが面白かった。サッカーみたいけどチケット高いんだよー!って集まってるオジさんたち最高!

フーリガンを舐めてはいけない。なかなかバイオレンスだけど撒き散らしたくなるあの作戦には笑った。
hagy

hagyの感想・評価

3.5
いやぁ、、いい
W杯に便乗して観たけど、イギリスにサッカーに労働者階級に男どもってやっぱ最高だな
マンUファンでなくとも、所詮コメディだとしても楽しめます
だいすきだー
844

844の感想・評価

3.8
カントナとマリワナ。
親父はカントナと交信するトビかた習得済み。
fcユナイテッドとマンユー。
やたらカントナ格言おたく。
不良とフーリガン。
親父はがんばる。
ケンローチのサッカーネタ毎度本気のガッツポーズしてしまう。熱すぎ。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.7
どうにもやり切れない毎日。別れた妻との再会、問題を抱えた息子たち。エリック・カントナ本人!が現れて格言をくれる!ってちょっとw ケン・ローチの映画とは思えない展開で、「いやいやケン・ローチだからコメディとか信用できない!いやー!これパパどうすんのー!」とかついハラハラしながら観ました。

オー、カントナ〜、オー、カントナ〜!
>|