エリックを探しての作品情報・感想・評価

「エリックを探して」に投稿された感想・評価

ワールドカップ・ロシア大会が真っ盛りなので、何かサッカー関連の映画を、と思ってはいたのだが・・・、コメディっぽかったので選んだだけのこの作品に、まさかマンチェスターユナイッテッドの往年のスター選手カントナが本人役で出て来るとは! (Jリーグで言えば、ラモス瑠偉がそのまんま映画に出て来るような)
          *
主人公は、妻と別れて、子供たち(二人のハイティーンの息子)と暮らす、郵便配達のおじさん。交通事故を起こして入院。退院して家に戻ると、そこは息子の悪友たちのたまり場になっていた。父親としての威厳もなく、息子たちには無視され、人生に希望もなく、笑いも忘れてしまった彼の前に突然現れたのは、彼が尊敬するマンUのスター、カントナ。
          *
カントナの人生指南によって、おじさんの家庭は再生していく・・・。最後の悪党退治のエピソードは、ちょっとぶっ飛んでて呆れるというか、笑えました。
          *
「すべては美しいパスから始まる」
冒頭の言葉は含蓄あって良いですね。柴崎選手の原口選手へのスルーパスを思い出しました。日本vsベルギー戦は本当にエキサイティングで素晴らしいゲーム内容だった。
      ***   ***
そこで、ワールドカップサッカーにちなんだクイズ(ちょっと唐突)。決勝トーナメントが始まってしまいましたが、予選リーグに関する問題です。決勝トーナメントに進むためには4チームのうち上位2チームに入らなければなりません。日本は1勝1敗1引分の勝点4で辛くも次に進めました。それでは・・・
          *
Q1:決勝トーナメントに進むことができる最低の勝点はいくつでしょう?

Q2:それは、どのような場合に生まれるのでしょう?

Q3:Q1の逆、決勝トーナメントに進めない最高の勝点はいくつでしょう。そしてそれはどんな場合でしょう?
      ***   ***
      ***   ***
      ***   ***
Q1の答え: 勝点2です
Q2の答え:1強3弱で、弱い3チームは実力伯仲の場合です。1強チームは3勝。3弱間の対戦はどれも引分けとなると、3弱チームはどれも1敗2引分で勝点2。この3弱の中から得失点差(対1位チームとの試合で善戦したチーム)、総得点で最上位のチームが2位になって、決勝トーナメントに進めます。
          *
Q3の答え: 勝点6です 
Q1の場合と反対に3強1弱で、3強の間では3すくみ状態(どのチームも対戦相手に対して1勝1敗)となった場合です。3強の3チームはどれも2勝1敗の勝点6となりますが、その中で得失点差、総得点で3位のチームは決勝トーナメントには進めません。
おやじ最高にかっこいい!
さえないだめおやじが、ハッパでトリップすると何故か憧れのサッカー選手が現れて人生相談にのってくれる、なんだよそれ
一生懸命に人生を立て直そうと頑張る姿には心が打たれたし、後半の問題を抱えた子供たちと向き合う姿は父親の愛情を感じて胸が熱くなった
おやじの人柄の良さに素敵な友人が沢山集まっている様子もすっごくよかった
とても素敵な話だったけれど、きっかけがハッパでトリップしたところからというのがなんかもうダメだよね笑
まつこ

まつこの感想・評価

3.6
おー!カントナ〜!

さえない中年オヤジが憧れの人と出会うことで巻き起こすファンタスティックコメディ。

緊迫したところもあるけどヒリヒリした社会派ではなくコミカルなのがいいな。合間に見える労働者の叫びが面白かった。サッカーみたいけどチケット高いんだよー!って集まってるオジさんたち最高!

フーリガンを舐めてはいけない。なかなかバイオレンスだけど撒き散らしたくなるあの作戦には笑った。
hagy

hagyの感想・評価

3.5
いやぁ、、いい
W杯に便乗して観たけど、イギリスにサッカーに労働者階級に男どもってやっぱ最高だな
マンUファンでなくとも、所詮コメディだとしても楽しめます
だいすきだー
844

844の感想・評価

3.8
カントナとマリワナ。
親父はカントナと交信するトビかた習得済み。
fcユナイテッドとマンユー。
やたらカントナ格言おたく。
不良とフーリガン。
親父はがんばる。
ケンローチのサッカーネタ毎度本気のガッツポーズしてしまう。熱すぎ。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.8
どうにもやり切れない毎日。別れた妻との再会、問題を抱えた息子たち。エリック・カントナ本人!が現れて格言をくれる!ってちょっとw ケン・ローチの映画とは思えない展開で、「いやいやケン・ローチだからコメディとか信用できない!いやー!これパパどうすんのー!」とかついハラハラしながら観ました。

オー、カントナ〜、オー、カントナ〜!
TSUTAYAでこの映画がコメディの棚に置いてあり、「ケン・ローチがコメディ?」と思いながら観ました。

労働者が主人公
理不尽なモノへ対し、Fuck you"とわめき散らしながら椅子などを蹴る
……ケン・ローチらしさが随所に。

でも、上手く行き過ぎかな。
chika

chikaの感想・評価

-
ケン・ローチはコメディ??でもいつもと変わらず男達が汚い言葉で叫び合っていて、重たいお話で、これコメディの棚に置いたらダメでしょ。ってずっと思ってた。天使の分け前の方がコミカルだけど、ヒューマンの棚にあるしTSUTAYA謎。

エリック・カントナというサッカー選手が出ててサッカー好きな人には楽しいのかと。
ケン・ローチ、サッカー好きだもんなぁ。


仲間でじゃれ合っている時に卑怯な仲間に対しての一言「イラクの米軍以下だな」って台詞が1番笑えた。
Ichiro

Ichiroの感想・評価

3.4
少しうまくいきすぎな気もするが、前向きな気持ちにしてくれる良い映画。
イングランド北部労働者階級の喋る口の悪い英語は良いものだ。
>|